「京王電鉄」とは?

関連ニュース

京王電鉄、線路上の電気設備をデジタル台帳化 - 「てつてん」採用 - 04月09日(火)21:08 

京王電鉄は9日、京王線・井の頭線全線で線路上の電気設備を3月にデジタル台帳化したと発表した。古河電工が開発した、鉄道沿線設備の維持管理にまつわる課題を解決するデジタル・ソリューション「てつてん」を採用したとのこと。
カテゴリー:

京王バスの"ビジネスネーム導入"に反響「すべてのサービス業に取り入れて」 乗務員のプライバシー保護の観点(弁護士ドットコムニュース) - 04月03日(水)11:54 

新宿、渋谷、多摩地域を拠点に路線バスなどを運行する京王電鉄バスグループは、車内で掲示する乗務員の氏名について、本名とは異なる「ビジネスネーム」を4月1日から選択可能とした。 乗務員のプライバシーに配
カテゴリー:

外国人向け賃貸住宅 リニューアル - 03月29日(金)14:24 

2024/3/29 住友林業  住友林業レジデンシャル株式会社(社長:吉田 浩 本社:東京都新宿区)は自社保有の外国人向け賃貸住宅「芦花公園(ろかこうえん)留学生会館」※1(東京都杉並区)を3月29日にリニューアルオープンしました。「木質感あふれる住空間」「安心安全で便利な設備」「外国人に最適な管理サービス」をコンセプトに大規模リノベーションを実施。建物の外構やファサード(建物の正面)、共用スペースなどは住友林業グループの総合力を結集し木質感を全面に押し出しています。   住友林業レジデンシャルは住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)の100%子会社で賃貸物件のサブリース・管理事業等をしています。今後増加が見込まれる外国人の中長期居住者の需要を取り込むため、本物件を皮切りに首都圏の管理物件を順次リノベーションします。高品質な住まいを求める外国人のニーズを捉えた賃貸住宅を提供していきます。   ※1.物件名は今後、変更となる可能性があります。   ■特徴 1.木質感あふれる住空間  外構は樹木を植え替えて木調フェンス及びファサードに木調ルーバー(細長い板状部材を並行に並べたもの)を設置。食事や入居者と交流するラウンジの柱や壁は全面的に木調クロスを貼り、床には木調フロアタイルを貼りました。玄関エントランスホールはウッドタイルを...more
カテゴリー:

トクバイ、京王電鉄が運営する「京王アプリ」と連携を開始! - 04月09日(火)10:00 

トクバイ、京王電鉄が運営する「京王アプリ」と連携を開始!
カテゴリー:

コストコの商品が駅で受け取れる! 「BOPISTA」や「トレくる by KEIO」で(BCN) - 03月29日(金)18:30 

 西武ホールディングスとSPACERが協業して提供している、スマートロッカーで注文した商品を即日受け取りできるサービス「BOPISTA(ボピスタ)」は、京王電鉄が運営するECモール「トレくる by K
カテゴリー:

こんなの見てる