「交流拡大」とは?

関連ニュース

青森・函館財務事務所が「縄文」テーマに会議 - 06月11日(金)21:12 

青森財務事務所と函館財務事務所は11日、青函地域の持続的発展を考える「青函みらい会議」をオンラインで開いた。パネルディスカッションでは、7月に世界文化遺産に登録する見通しとなっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」を起爆剤とした観光振興策や持続可能な地域づくりの在り方を探った。世界遺産登録を機に、交流拡大や商機につなげていく方策として、青森商工会議所の若井敬一郎会頭は、縄文遺跡群を構成する17遺跡がさらに連携し、そのネットワークをうまく活用することで「より良い交流の場とサービスをつくり出す必要が…
カテゴリー:

【2021年下半期占い】獅子座は新たなステージに? 蟹座、乙女座がすべきこと | ananweb - マガジンハウス - 06月10日(木)19:10 

2021年後半、12星座別の“全体運”を占いました。ここでは、蟹座、獅子座、乙女座の結果を発表します。解説してくれたのは、G・ダビデ研究所主宰のオフェリア・麗さんです。蟹座(6月22日~7月22日)先々の展望に突如暗雲。年末に向け心身を整え、立て直しを図って。「向上」のエリアで様々な才能や可能性を覚醒してくれた木星は、夏も盛りの7月末、トラウマゾーンへ撤退。ようやく見えてきた今後のパノラマや輝きの源泉が、急に色褪せて感じられそう。極端な場合は、過去の失敗、忘れたい出来事、辛い思い出などがフラッシュバックしてきて、プチPTSDに苦しむ人も…。それもこれも、星の荒療治。年末からのブレイクスルーの波に乗れるようにと、最後の特訓を仕掛けてくるのです。とりわけ、低下気味の自己肯定感とセルフイメージの修復は、重要ミッション。ダメな自分、ヘビーな現状と改めて向き合い、心の奥に溜まったウミや見えない毒をしっかり出し切って。そこから小さな成功体験を積み重ね、ささやかな幸せを掘り起こしつつ、ジワジワと回復を目指すのが再起のシナリオ。自己流で行き詰まったときは、プロや専門機関が頼みの綱に。絡まった糸がどこからともなくスルスルとほどけたり、目からウロコが落ちまくったり…、一気に完治へ向かうミラクル展開あり。知らないうちにネガティブ感情を抱えやすい今期は、環境や空間の浄化も忘れてはならない課題。特に、眠りを...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる