「交換業」とは?

関連ニュース

CoinBest、暗号資産交換業者に登録 9月下旬に口座開設受付を開始【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 09月24日(木)16:27 

CoinBestは23日、資金決済に関する法律に基づく暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録が完了したと発表した。同社は金融庁が23日に公開した暗号資産交換業者登録一覧に正式に追加されている。同社はサービス提供開始に先立ち、2020年9月下旬より、暗号資産取引所「CoinBest」の口座開設の申し込み受付を開始する予定だという。取り扱い暗号資産はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2通
カテゴリー:

暗号資産投資の4つのリスクを理解して、上手に付き合う方法をご紹介 - 09月18日(金)16:19 

暗号資産(仮想通貨)は総じてボラティリティが激しく、ニュースによって価格が急変するケースがあります。最近では、イーサリアムクラシック(ETC)が51%攻撃に晒されており、過去1か月で資産価値が30%減少しました。これに続いてコインチェックやbitFlyerなどの大手取引所がETCの取扱いに制限をかけるなど、ETCにとってネガティブな要因が続きました。(51%攻撃はブロックチェーンを制御して、データを改ざんしようとする行動です)。 ユーザーの中には、取引所による突然のアナウンスに動揺した方も多いでしょう。しかし、ネガティブな話題に直面する度に「やっぱり暗号資産は危険なんだ」と落胆してしまったり、投資を辞めてしまうのはもったいないことです。暗号資産投資のリスクを理解して、予め対策しておくことで冷静に対処することが可能になります。ここでは、暗号資産投資初心者向けに気を付けるべきリスクについて説明します。 目次 暗号資産投資で押さえておきたいリスク 1-1. 価格変動(ボラティリティ)リスク 1-2. 暗号資産取引所及びID・パスワードのハッキングリスク 1-3. 暗号資産自体がトラブルを抱えるリスク 1-4. システム障害やメンテナンスで取引機会を逃すリスク 分散投資によるリスク低減 暗号資産投資におすすめの取引所 3-1. 国内最多!14種類の暗号資産を取り扱っている「Coinche...more
カテゴリー:

【重要ニュースまとめ(9/1~9/15)】暗号資産取引所に歴史的転換点が到来。ガートナーのハイプサイクル2020が公開。注目のブロックチェーンは? - 09月17日(木)16:12 

今回は、9月前半(9月1日〜9月15日)の暗号資産・ブロックチェーン業界の重要ニュースについて、田上智裕氏(@tomohiro_tagami)から寄稿していただいたコラムをご紹介します。 目次 イーサリアムのガス代問題は未だ解決せず 暗号資産取引所に歴史的転換点が到来 老舗暗号資産取引所Krakenが日本での事業を開始 米国がDeFiの規制へ動く ガートナーが日本版ハイプサイクル2020を公開 「Tether問題」が再燃 まとめ・著者の考察 9月前半(9月1日〜9月15日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、Uniswapを中心としたDeFiの台頭によるガス代の高騰やガートナーの日本版ハイプサイクル2020が話題となりました。本記事では、9月前半の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。 イーサリアムのガス代問題は未だ解決せず イーサリアムブロックチェーンの取引手数料であるガス代が、過去最高を更新しました。DeFi市場の急激な成長が要因としてあげられます。 イーサリアムは、ブロックチェーンを使ったアプリケーション開発のために構築され、既に他の追随を許さない規模にまでそのエコシステムを拡大しています。これまでに、ゲームや金融(DeFi)といった市場で人気を博してきました。 イーサリアムを利用するには、ガス代と呼ばれる手数料を支払わなければなりません。DeFi市場の盛り上がり...more
カテゴリー:

【社長インタビュー】「国内で選択肢を増やしていく」GMOコインが目指す暗号資産のこれから - 09月14日(月)19:40 

新型コロナ禍の影響で世界経済が不安定化する中でも、資産の安全な逃避先として金やビットコインの需要が高まっています。 そんな中、GMOインターネットグループで暗号資産交換業等を営むGMOコイン株式会社は、2020年5月でサービス開始3周年を迎え、新銘柄の取り扱い開始や貸暗号資産といった新サービスの提供など、積極的にサービス展開を行っています。 今回HEDGE GUIDE編集部は、そんなGMOコイン代表取締役社長である石村富隆氏に事業戦略や今後の展望をお伺いしてきました。 話し手:GMOコイン株式会社 代表取締役社長 石村 富隆(いしむら とみたか)氏 1997年東洋信託銀行株式会社(現:三菱UFJ信託銀行株式会社)入行後、株式会社ライブドアにて外国為替証拠金取引ビジネスの立上げに従事。その後、OANDA Japan株式会社の設立および代表取締役に就任、GMO CLICK UK LIMITED(現:GMO-Z.com Trade UK Limited)の取締役CEOを経て、2017年12月よりGMOコイン株式会社の社長に就任。 インタビュー概要 GMOコインの成長要因 初心者でも安心のセキュリティ体制 初心者は「少しずつ」始めることが大切 国内で暗号資産の選択肢を増やしていく 生きていく上で投資は避けて通れない時代 編集後記 1. GMOコインの成長要因 Q: サービスの開始か...more
カテゴリー:

ベーシック・アテンション・トークン(BAT)とは?BATの特徴・概要と入手方法を紹介 - 09月14日(月)15:13 

暗号資産投資といえば、時価総額が最も大きいビットコインが王道ですが、XRPやイーサリアムなどのアルトコインも人気があります。アルトコインの時価総額はビットコインよりも各段に低いですが、ボラティリティの高さやプロジェクトが提唱する価値命題、トークンのユーティリティが暗号資産投資家を惹きつけるケースもあります。 ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token:BAT)もまた、注目度の高いアルトコインの一つです。最近は国内のいくつかの暗号資産取引所がBATを取り扱っていますが、まだ詳しい部分まで把握していない投資家も多いかと思います。ここでは暗号資産BATの特徴や、BATを取り扱っている暗号資産取引所についてご紹介します。 目次 ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の概要 BATのプラットフォームとなるBraveブラウザの特徴 2-1. より安心で高速なブラウジングを提供 2-2. ブラウザ上で指定の広告を観るだけで収入が得られる BATを取り扱っている暗号資産取引所 1. BATの「貸仮想通貨」や「つみたて」も可能なCoincheck 2. BATの「貸仮想通貨」や「暗号資産FX」を利用できるGMOコイン 3. Brave ブラウザの暗号資産ウォレットを共同開発しているbitFlyer まとめ ①ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の概要...more
カテゴリー:

CoinBestが暗号資産交換業者の登録完了、ビットコインとイーサリアムの2通貨に対応 | 9月下旬にも口座開設受付開始 - 09月23日(水)18:29 

東京に拠点を置くCoinBestは9月23日、暗号資産交換業者としての登録が完了した。取り扱う暗号資産(仮想通貨)はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2つとなっている。
カテゴリー:

bitFlyer、8月の暗号資産取引実績を公開。ビットコイン価格上昇でTポイントプログラム月間交換利用者数が過去最高に - 09月18日(金)12:00 

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2019年1月~12月の月間出来高、差金決済/先物取引を含む)の暗号資産取引所を運営する株式会社bitFlyerは9月18日、保有しているTポイントを最低100ポイントからビットコインに交換可能できる「Tポイントプログラム」「取引所」、各サービスにおける2020年8月の取引実績を公表した。 同社のTポイントプラグラムの利用状況は、Tポイントからビットコインへの交換数量が前月比1.8倍に、月間交換利用者数は前月比1.9倍に、月間交換利用者数は、昨年8月のサービスリリース以来、過去最高を記録した。 Tポイントプログラム連携者数(同社当社アカウントログイン後の「パートナーサービス画面」から「Tポイント」を選択し利用手続きを完了した利用者数)の推移は前月比3.8倍となり、昨年8月のサービスリリース以来、過去2番目に多い数値となった。 取引所の取引量(2020年7月、2020年8月、それぞれの期間中に販売所/取引所で取引が行われた暗号資産数量)は、全体で前月比1.7倍に伸長している。 また、同期間中に取引を行った取引社数は、現物全体で前月比1.3倍に、ETH/JPYでは前月比1.7倍に伸長している。 ビットコインの価格は7月末に90万円台から110万円台まで復帰、さらに8月17日には1年...more
カテゴリー:

【最短即日】コインチェックのスマホアプリで口座開設する方法:暗号資産投資の始め方 - 09月16日(水)16:31 

ビットコインやXRP、ネムやイーサリアムなど、暗号資産(仮想通貨)投資に挑戦したい方にとって、最初のステップが暗号資産取引所でアカウントを開くことです。 国内大手の暗号資産取引所コインチェックの口座開設作業は、スマホで完結できるので便利です。同社のアプリは取引ツールの使い勝手やデザイン性で高評価を得ており、「アプリダウンロード数」、「デイリーアクティブユーザー数(DAU)」で国内No.1となっています(2020年1月~6月 データ協力:App Annie)。 ここでは、コインチェックのスマホアプリで口座開設する方法についてご説明します。なお、コインチェックを利用できるのは「日本国内に居住する20歳以上74歳以下の方」のみとなっています。 目次 コインチェックの3つのポイント 1. マネックスグループをバックグラウンドに持つ運営体制 2. 国内最多、14種類の暗号資産の取り扱い 3. アプリダウンロード数No. 1 3つの口座開設プロセス、2つの本人確認方法 STEP 1:アカウント登録 STEP 2:かんたん本人確認 本人確認書類の種類と注意点 まとめ ①コインチェックの3つのポイント 1. マネックスグループをバックグラウンドに持つ運営体制 コインチェックは、マネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する暗号資産取引所です。2019年1月11日に資...more
カテゴリー:

Coincheck・GMOコイン・bitFlyerを比較!初心者におすすめの仮想通貨販売所サービスを解説 - 09月14日(月)17:20 

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の投資を始めたいと考える人でも、取引に関する用語が難解だったり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨取引所では、そうした投資初心者でも簡単に売買できるように「販売所」というサービスを用意しています。 Coincheck、GMOコイン、bitFlyerは3社とも販売所を提供していますが、それぞれ機能や取り扱い銘柄などが異なるため、口座開設前に特長を押さえておきましょう。また、販売所以外に各社独自のサービスもありますので、詳しく解説していきます。 目次 初心者でも簡単に取り組める「販売所形式」とは? 販売所方式を提供する仮想通貨交換業者3選 2-1. 国内最多!13種類の仮想通貨を取り扱うCoincheck 2-2. レバレッジ取引ができるGMOコインの販売所 2-3. 1円(0.00000001 BTC)からビットコインを購入できるbitFlyer まとめ ①初心者でも簡単に取り組める「販売所形式」とは? 販売所での注文画面は仮想通貨の「数量」と、「買値」、「売値」だけが表示された「2Wayプライス」となっており、操作が簡単でわかりやすいことが特長です。価格の入力が必要ないので初心者でも注文ミスをする可能性が低くなっています。 販売所方式では、運営会社が保有する仮想通貨を利用者と取引しています。そのため、数量に関係...more
カテゴリー:

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説! - 09月14日(月)10:42 

bitFlyerは日本国内では最大手の仮想通貨取引所であり、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けています。仮想通貨交換業のライセンスを取得した上で米国や欧州でもサービス展開しています。 bitFlyerはこれまで一度もハッキング被害に遭っておらず、万が一ユーザーがハッキング被害に遭った場合は最大500万円の補償を受けることができることも特徴です。また、bitFlyerが提携するショッピングサイトを利用することでビットコインをもらうことができたり、Tポイントをビットコインと交換できるなど、仮想通貨投資に初心者の方でも手軽に仮想通貨に触れることができるサービスを提供しています。 ここでは、こうしたサービスを提供するbitFlyerの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。 目次 株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所「bitFlyer」とは? bitFlyerのサービスの特徴 bitFlyerのメリット 3-1. 仮想通貨の取り扱い種類が多い 3-2. 主要メガバンクが出資する取引所だから安心 3-3. 不正な日本円出金に係る最大500万円の補償がある 3-4. bitFlyer経由のネットショッピングなどでビットコインがもらえる 3-5. 取引手数料無料キャンペーンが不定期で開催される 3-6. アプリで「販売所」「取引所」「bitFlye...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「交換業」の画像

もっと見る

「交換業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる