「交換業」とは?

関連ニュース

金融庁、無登録の仮想通貨交換業者としてCROSS exchange運営会社に警告【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 01月23日(木)17:38 

金融庁は21日、無登録で暗号資産(仮想通貨)交換業を営んでいたとして、仮想通貨取引所CROSS Exchange(クロスエクスチェンジ)を運営するCBASE FINTECH LAB LLC(アゼルバイジャン共和国)に警告を行ったと発表した。同社はインターネットを通じて、日本居住者向けに仮想通貨交換業を行っていたという。金融庁は無登録で仮想通貨交換業を営んでいたとして、昨年6月にはCielo EX 
カテゴリー:

仮想通貨取引所bitFlyerの特徴は?メリット・デメリット・注意点を徹底解説! - 01月18日(土)00:42 

bitFlyerは日本国内では最大手の仮想通貨取引所であり、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けています。仮想通貨交換業のライセンスを取得した上で米国や欧州でもサービス展開しています。 bitFlyerはこれまで一度もハッキング被害に遭っておらず、万が一ユーザーがハッキング被害に遭った場合は最大500万円の補償を受けることができることも特徴です。また、bitFlyerが提携するショッピングサイトを利用することでビットコインをもらうことができたり、Tポイントをビットコインと交換できるなど、仮想通貨投資に初心者の方でも手軽に仮想通貨に触れることができるサービスを提供しています。 ここでは、こうしたサービスを提供するbitFlyerの特徴やメリット、デメリットについて詳しく解説します。 目次 株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所「bitFlyer」とは? bitFlyerのサービスの特徴 bitFlyerのメリット 3-1. 仮想通貨の取り扱い種類が多い 3-2. 主要メガバンクが出資する取引所だから安心 3-3. 不正な日本円出金に係る最大500万円の補償がある 3-4. bitFlyer経由のネットショッピングなどでビットコインがもらえる 3-5. 取引手数料無料キャンペーンが不定期で開催される 3-6. アプリで「販売所」「取引所」「bitFlye...more
カテゴリー:

【中国人に頼まれた】‪ログインIDとパスワード、6500万件流出か - 01月17日(金)19:50  news

sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif ‪IDとパスワード、6500万件流出か 茨城県警、押収サーバー確認 https://www.sankei.com/affairs/news/200117/afr2001170004-n1.html 茨城県警は16日、電気通信事業法違反で昨年5月に逮捕し、略式起訴された女性(28)=同県行方市=の自宅から押収したサーバーコンピューターから、 ウェブサイトのログインIDとパスワードの組み合わせ約6500万件が見つかったと発表した。 IDやパスワードを使って利用者になりすましてログインを試みる「リスト型攻撃」のプログラ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本仮想通貨交換業協会、利用者財産の分別管理のチェック項目を新たに公表【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 01月16日(木)11:23 

暗号資産(仮想通貨)業界の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)は16日、「利用者財産の分別管理のチェック項目及びチェックのポイント」の改正点を公表した。この改正案については、2019年9月3日に金融庁「事務ガイドライン」が改正され、即日適用されたことを受けて、同協会が見直しを実施したものとしている。新たなチェック項目では、「代表取締役が利用者財産の分別管理の重要性を認識」した上で
カテゴリー:

bitFlyer、「仮想通貨サービス利用率」「仮想通貨アプリ利用率」で国内 No.1に - 01月15日(水)14:56 

ビットコイン取引量国内No.1(Bitcoin日本語情報サイト調べ。2018年国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む))の仮想通貨取引所を運営する株式会社bitFlyerは12月27日、株式会社マクロミルによる「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート(調査期間:2019年8月15日~8月16日)」において、新たなNo.1指標を獲得したことを発表した。 同社は、ビットコイン取引量国内No.1を維持しているが、新たに、仮想通貨サービスとして初めて利用した会社、現在利用している会社でNo.1に選ばれた。さらに、同社が開発やデザインに力を注ぐスマホアプリ「bitFlyer ウォレット」において、初めて利用した仮想通貨アプリ、現在利用しているアプリでも No.1に選ばれた。 同社は、「ブロックチェーンで世界を簡単に。」をミッションに2014年に設立された。現在、ビットコイン等の仮想通貨取引プラットフォームにおいて、世界最高水準のセキュリティ(Sqreen社調べ。140の仮想通貨取引所の中でセキュリティNo.1の評価を獲得)を提供し、ビットコイン取引量国内 No.1を維持している。また、日米欧の3地域において仮想通貨交換業者としての認可を受けた世界で唯一の仮想通貨取引所であることも特徴だ。 【関連記事】bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設 【...more
カテゴリー:

金融庁、CROSS exchange運営会社に警告 〜同海外仮想通貨交換所「諸般の事情」で日本語サポートを終了 - 01月22日(水)16:04 

金融庁は1月21日、アゼルバイジャン共和国のCBASE FINTECH LAB LLCが運営する仮想通貨交換所CROSS exchange(クロス・エクスチェンジ)に対して、無登録で仮想通貨交換業を行う者として警告した。警告を受けたクロス・エクスチェンジは同日深夜、「諸般の事情」により日本語サポートの終了を発表。22日0時付けで実施した。
カテゴリー:

ログインIDとパスワード流出か 逮捕の女性「中国人に頼まれた」 ネット「クビになった東大准教授は正しかった」「完全に破壊工作員 - 01月17日(金)21:22  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/18132 IDとパスワード、6500万件流出か 茨城県警、押収サーバー確認 茨城県警は16日、電気通信事業法違反で昨年5月に逮捕し、略式起訴された女性(28)=同県行方市=の自宅から押収したサーバーコンピューターから、ウェブサイトのログインIDとパスワードの組み合わせ約6500万件が見つかったと発表した。 IDやパスワードを使って利用者になりすましてログインを試みる「リスト型攻撃」のプログラムもコンピューターから確認され、県警は流出の経緯などを調べている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

Zaifとフィスコ仮想通貨取引所、2月12日に統合へ 〜口座と仮想通貨・日本円の残高はZaifに移管 - 01月17日(金)18:37 

 株式会社フィスコ仮想通貨取引所は1月17日、同社が運営する「Zaif」と「フィスコ仮想通貨取引所」を2月12日に統合予定であると発表した。口座および仮想通貨と日本円の残高はZaifに移管される。2つの仮想通貨交換所を1社、1つの仮想通貨交換業登録で運営する特殊状況の解消策として、これまでも統合する意向を表明していた。
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨に係る改正案を公表 レバレッジ上限は2倍に【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 01月15日(水)17:01 

金融庁は14日、資金決済法の改正に係る政令や内閣府令案などの改正案を公表した。この改正案は、2019年5月31日に成立した「情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」の施行に伴い、関係政令・内閣府令等の規定の整備を行うものであるとしており、主に「暗号資産(仮想通貨)交換業に係る制度整備」、「仮想通貨を用いたデリバティブ取引や資金調達取引に関
カテゴリー:

【速報】仮想通貨 コインチェック、ビットコインの全ての売買停止 システム障害で - 01月14日(火)16:13  newsplus

2020年1月14日 14:52 マネックスグループ傘下の暗号資産(仮想通貨)交換業者であるコインチェック(東京・渋谷)が14日、システム障害でビットコインなど全ての取り扱い通貨の売買注文を止めた。通貨の価格などを表示するチャート画面に不具合があったため。「外部からの攻撃や通貨の流出、情報漏洩などはない」(同社)という。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54358040U0A110C2EE9000/ ※抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「交換業」の画像

もっと見る

「交換業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる