「二者択一」とは?

関連ニュース

【端末代】スマートフォン本体の平均購入金額、大手3キャリアは7万268円、格安スマホは4万262円 - 03月18日(月)08:28  newsplus

スマートフォン本体の平均購入金額、大手3キャリアは7万268円、格安スマホは4万262円 3/18(月) 7:20配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00010002-dime-ent スマートフォンを機種変更する時に突きつけられる、他社へ乗り換えるべきか否かの二者択一。 最近は、格安SIMなどの新たな選択肢も増えてきているため、今まで以上に悩みは尽きないだろう。 今回、そんな大手キャリアと格安SIMについて比較調査を含めた、「2019 年スマートフォンの料金に関するアンケート」の結果が発表されたので、紹介していきたい...
»続きを読む
カテゴリー:

中国の「一国二制度」による統一攻勢、蔡総統が指針を表明 - 03月12日(火)00:00 

蔡英文総統は11日、国家安全会議を開いた。蔡総統は、中国が進める「一国二制度」による統一攻勢が台湾の国家安全に与える脅威に対抗し、中華民国(台湾)の主権と自由・民主を守るため、台湾海峡両岸関係、外交情勢、経済、民主・法制などに関して各省庁の報告を聴取した。蔡総統は最後に、「一国二制度」による統一攻勢に対応するための指針を表明し、これを国防や行政部門の行動規範とすることを明らかにした。蔡総統の談話の概要は以下の通り。   ★★★★   中国の国家主席である習近平氏は今年1月2日、いわゆる「台湾同胞に告げる書」発表40周年式典で、「一国二制度」による台湾統一の具体案を模索する考えを示した。最近開催された第13期全国人民代表大会第2回会議でも、習近平氏の談話内容が今後の対台湾工作の核心となることが再確認された。   こうした動きはいずれも、北京当局がすでに台湾統一に向けた工作を政治的なスケジュールに加えていることを意味している。つまり、台湾海峡両岸関係は極めて厳しく、複雑な段階に突入しているのである。   中華民国政府の現在の台湾海峡両岸政策に関する主張は現状維持である。つまり、主権独立という中華民国の現状を守り抜くことだ。「一国二制度」はこの現状を一方的に破壊するだけでなく、中華民国の主権の消滅を意図し、台湾に対して中国による統一を強要するもので...more
カテゴリー:

【宮城県議会】原発再稼働を問う投票条例案を否決 自民党、公明党「宮城県民の意思は知りたくない」 - 03月15日(金)19:22  poverty

宮城県議会は15日の本会議で、東北電力女川原発2号機(同県)の再稼働の是非を問う県民投票条例案を賛成少数で否決した。 議会で過半数を占める自民党や公明党会派の県議が「再稼働に賛成か反対かの二者択一の投票方式では、幅広い意思を的確に 把握できない」などと反対した。  討論では「投票結果次第で住民の分断を招く」(自民党)、「県民は再稼働の是非を村井嘉浩知事や議会に全権委任していない」 (旧民進党系)などの意見が出た。  条例制定を直接請求した住民団体の多々良哲代表は「県民の意思表示の機会を奪っ...
»続きを読む
カテゴリー:

「二者択一」の画像

もっと見る

「二者択一」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる