「事業開発」とは?

関連ニュース

“食意識”をデータ化し「食のOS」をつくれ--ニチレイ初のフードテックが本格始動 - 08月12日(水)11:00 

食品メーカー大手のニチレイは、個人の食の好みを分析し、それぞれの好みにあったレシピや情報提供を可能にする食嗜好分析システム「conomeal(このみる)」を開発したと発表した。ニチレイが手がける初のフードテックが本格始動した。開発の陣頭指揮を執ったニチレイ 経営企画部 事業開発グループの関屋英理子氏に話を聞いた。
カテゴリー:

独自の可視化メソッドで、未来の事業開発を推進するチーム「Future Vision Studio」をパートナー3社と発足 - 08月11日(火)11:15 

2020年8月11日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、世界の知財・技術データを保有するアスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:永井 歩)、世界中のイラストレーターとつながるピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:國枝 信吾)、次世代クリエイティブカンパニーのKonel(本社:東京都中央区、社長:出村 光世)と共に、独自の可視化メソッドで未来事業を共創する専門チーム「Future Vision Studio(フューチャー・ヴィジョン・スタジオ)」※1を立ち上げました。    Future Vision Studioでは、「飛躍的なアイデア」「未来の兆しデータ」「緻密なビジュアライズ」「迅速なプロトタイピング」を掛け合わせ、未来のヴィジョンを高解像度に可視化するメソッドを開発しました。このメソッドを活用して、企業や組織の既存事業拡張や未来ヴィジョンづくり、新規事業や新製品の開発などをサポートし、より良い未来社会の実現に貢献していきます。    VUCA※2時代といわれる現代においては、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ビジネスの未来はますます可変性が高く複雑なものになっています。この正解が見つけにくい世界で、漠然とした未来予想に基づく事業開発には、これまで以上に大きな失敗のリスクが伴うと考えら...more
カテゴリー:

「住友生命DXプロジェクト」のDX人財選抜・育成ノウハウ、遠隔ワークショップ事例を多数公開。ネクストエデュケーションシンク社、企業経営・人財戦略視点からのDXビジネス創造人財育成オンラインセミナー開催 - 08月07日(金)15:30 

科学的なHRテック手法でのスキル・コンピテンシーアセスメント、教育研修、組織人財分析コンサル専門の教育サービスベンチャー、株式会社ネクストエデュケーションシンク(略称:NET)(本社:東京都文京区、代表取締役:斉藤実)は、企業経営・事業開発・人財戦略視点からの、DXビジネス創造人財育成セミナーを、2020年9月1日15時より開催します。<内容>DX(デジタル・トランスフォーメーション)は、「IT×ビジネスイノベーション」によるデジタル変革のことであり、今後の企業成長を考えたとき、DXによる企業変革、イノベーションによる価値創造は避けて通れない最重要課題です。経営者・事業開発・人事部の皆様からは、企業のDX人財育成のご相談が増えています。しかし、DX人財の育成で具体的に成果を上げている企業様の事例は未だ多くありません。この度、実際に「住友生命DXプロジェクト」にてDXビジネスを推進する岸氏から、どのようにDXに向く人財を選抜し、そして育成したのか、その実践ノウハウを具体的にお話いただきます。また、オンラインでDXビジネスの創造思考プロセスを体感する、「遠隔ワークショップ」の実際の映像を、初公開のものも含め、多数ご紹介いただきます。【セミナー概要】●セミナータイトル:DXビジネス創造人財の選抜・育成ノウハウとは「Vitality DX塾」 遠隔ワークショップ事例を多数公開●対象:企業の...more
カテゴリー:

ユナイテッドアローズの4〜6月期は35億円の最終赤.. - 08月05日(水)17:42 

ユナイテッドアローズの4〜6月期は35億円の最終赤字。今期は第5の大型事業開発へ向け準備を進めていることを公表した。
カテゴリー:

【ウェビナー|ダッシュボードによる現場改善 第1弾】『インサイドセールスの架電準備時間を大幅削減』を、8月20日開催 - 08月03日(月)15:00 

株式会社パワー・インタラクティブは、マーケティング・営業活動データを集約してダッシュボード化したい方を対象に、『【ダッシュボードによる現場改善 第1弾】インサイドセールスの架電準備時間を大幅削減』(参加無料)を、8月20日に開催します。■無料ウェビナー【ダッシュボードによる現場改善 第1弾】『インサイドセールスの架電準備時間を大幅削減』https://www.powerweb.co.jp/seminar/seminar20200820.html?utm_source=&utm_medium=pr&utm_campaign=fdマーケティング・ダッシュボードによる現場改善シリーズ、第1弾は「インサイドセールス」にスポットを当てます。インサイドセールス活動は、限られた時間の中でいかに有効なコミュニケーションがとれるかが求められます。架電前の情報武装が必要である一方、1日の架電数を確保するには、事前準備に多くの時間を費やすわけにいきません。当セミナーでは、マーケティング・ダッシュボード構築の手順、架電準備時間を大幅削減できるダッシュボード活用法をご紹介します。=こんな方におすすめ=・マーケティング・営業活動データを集約してダッシュボード化したい方・インサイドセールス活動の可視化をお考えの方・BIを導入しているが、うまく活用しきれていないと感じている方┌──────────────────...more
カテゴリー:

ネクストエデュケーションシンク社、DX新事業を成功させる価値創造型のDX人財、イノベーティブ人財の発見・発掘と科学的なアセスメントを活用した組織サーベイの手法、事例の紹介セミナー、オンラインにて開催 - 08月12日(水)10:00 

科学的なHRテック手法でのスキル・コンピテンシーアセスメント、教育研修、組織人財分析コンサル専門の教育サービスベンチャー、株式会社ネクストエデュケーションシンク(略称:NET)(本社:東京都文京区、代表取締役:斉藤実)は、企業経営・事業戦略・人事戦略視点からの、DX人財とイノベーティブ人財の選抜・育成、組織サーベイのセミナーを、2020年8月26日(水)16時よりオンライン開催します。迫りくるデジタル変革時代に、企業が生き残りをかけ発展し続けるためには、企業組織とビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められています。DXとは「IT×ビジネスのイノベーション」による新しい価値創造が必要であり、それを推進・実現できる人財力、組織力が必要です。そこで、必須となるのが、DX事業変革を起こし、リーダーとして牽引できるDXプロデューサー人財(CDO等)、DX推進人財、イノベーティブ人財などの人財です。また、それらの価値創造型人財を、社内、社外から発見・発掘し、DX新事業組織を開発、組織メンバーを選抜・チーミングをして、戦略的に事業の方向性を企画・策定し、スピード感をもってアジャイルで試行錯誤して、軌道修正を繰り返して、次代のビジネス成果を目指して進めていくことが重要となります。DX事業の成功のカギは、まさに、「イノベーティブ性、価値創造型の資質をもち、IT力、ビジネス力を融合し...more
カテゴリー:

【ウェビナー|ダッシュボードによる現場改善 第2弾】『マーケティングKPIから施策の検証まで、高速PDCAを推進』を、9月3日開催 - 08月07日(金)16:00 

株式会社パワー・インタラクティブは、ダッシュボード構築の進め方が知りたい方を対象に、『【ダッシュボードによる現場改善 第2弾】マーケティングKPIから施策の検証まで、高速PDCAを推進』(参加無料)を、9月3日に開催します。■無料ウェビナー【ダッシュボードによる現場改善 第2弾】『マーケティングKPIから施策の検証まで、高速PDCAを推進』https://www.powerweb.co.jp/seminar/seminar20200903.html?utm_source=pr200903&utm_medium=pr&utm_campaign=dnマーケティング・ダッシュボードによる現場改善シリーズ、第2弾は「マーケティング部門での活用」にスポットを当てます。新規リードの獲得から、育成、有望リードの創出、それらに付随した複数の施策が動く中で効率的にPDCAをまわすには、ダッシュボードが欠かせないツールになっています。当セミナーでは、弊社のマーケティング部門が利用しているダッシュボードをとりあげ、構築やデータ分析のポイント、PDCAの実践例をご紹介します。=こんな方におすすめ=・ダッシュボード構築の進め方が知りたい方・マーケティング活動の検証を効率的に行いたい方・BIを導入しているが、うまく活用しきれていないと感じている方┌───────────────────────────────...more
カテゴリー:

EY Japan、Data & Technology分野のサービスを強化 - 08月07日(金)14:56 

・イノベーション・センター・オブ・エクセレンスによりリージョン全体で750名を組織化し、リーダーに松永達也を招聘  ・ EY新日本有限責任監査法人にアシュアランスイノベーション本部を新設し、Asuuarance4.0の推進を強化  ・ EYアドバイザリー&コンサルティング株式会社にテクノロジーコンサルティング本部を新設  ・ クライアント向けアセット開発を行う「クライアントテクノロジーハブ」を新設  ・ テクノロジー人材育成プログラムを全社共通で導入   EY Japanは、7月1日に監査・税務・コンサルティング・トランザクション&ストラテジーの4つのサービスラインを横断し、Data & Technologyケイパビリティの向上を目指したイノベーション・センター・オブ・エクセレンスを設立、リーダーに元大手IT企業常務を務めた松永達也(まつなが・たつや)をリーダーに据え、クライアントからますます求められる分野のサービスをリージョン全体で強化します。   イノベーション・センター・オブ・エクセレンスの新設: EY Japan全体として、4つのサービスラインを横断するバーチャルな組織として「イノベーション・センター・オブ・エクセレンス(Innovation CoE)を新設します。ここでは、人工知能等の先進...more
カテゴリー:

飛沫感染対策グッズ「マスク収納ケース」を新しいファッションアイテムへ サンコンプロジェクト・アフリカ支援に協力し サックスバーグループ店舗が全国で販売スタート - 08月05日(水)16:00 

報道関係者各位ニュースリリース2020年8月5日株式会社スペース株式会社サックスバー ホールディングス飛沫感染対策グッズ「マスク収納ケース」を新しいファッションアイテムへサンコンプロジェクト・アフリカ支援に協力しサックスバーグループ店舗が全国で販売スタートクロスボーダー人財育成と事業開発を行う株式会社スペース(東京都渋谷区、代表取締役社長 春山祥一)は、同社取締役であるオスマン・サンコン (Ousmane Sankhon 駐日ギニア共和国大使館顧問 ギニア共和国元大使・タレント)監修による、日本の斬新なアイデア・デザイン商品を紹介することでアフリカを支援する「サンコンプロジェクト」では、第一弾として学校や塾での子どもの感染予防のために京都の縫製工房が新たに開発した飛沫感染対策グッズ「マスク収納ケース」を紹介しています。このたび、鞄や財布・アクセサリーなどを販売するセレクトショップ・ブランドショップ店舗を、主として駅ビルやショッピングセンターに全国600店以上展開している、株式会社サックスバーホールディングス(東京都葛飾区、代表取締役社長 木山 剛史)が、サンコンプロジェクトに協力するとともに、カラフルなマスク収納ケースを新しいファッションアイテムへと進化させることをめざして、7月27日より全国50店舗にてテスト販売を行いました。この手応えが好評であることを受け、今後段階的に取扱店舗...more
カテゴリー:

早稲田大学教授陣と共同開発した 21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports」 「JFC FUTURO」とパートナーシップ契約を締結 ~2020年9月に「神奈川県2校」開校~ - 08月03日(月)13:00 

21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports(ビーマスポーツ)」(社名:株式会社 biima、本社:東京都渋谷区、代表取締役:田村恵彦)は、2020年9月に、新たに「JFC FUTURO」(社名:JFC FUTURO 、本社:神奈川県横浜市、代表:都倉勇樹)とパートナーシップ契約を締結し、神奈川県に2校新規開校いたします。神奈川県は13校となり、全国90カ所以上の展開となります。biima sportsは、早稲田大学教授陣と共同で「総合スポーツ」と「非認知能力開発」を融合したプログラムを開発した21世紀型の総合型キッズスポーツスクールです。基礎運動能力と非認知能力が開発される幼少時期の3歳~10歳までの子どもを対象にレッスンを行い、「21世紀に活躍できる人材」を育てます。■biima sportsの特徴「総合スポーツプログラム」特定のスポーツには特化せず、サッカーや野球、バスケットボール、体操など様々なスポーツを科学的なトレーニングメソッドに基づいて総合的に実施することで、お子様の基礎運動能力を高めます。また、レッスンではひとりひとりのレベルに合わせた個別の課題を設定し、先生からの応援や適切なフィードバック、承認を通して子どもたちの自己肯定力を育みます。「非認知能力開発プログラム」非認知能力とは、コミュニケーション能力、課題解決能力、社会適応能力、グリット力などを...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業開発」の画像

もっと見る

「事業開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる