「事業運営」とは?

関連ニュース

グーグルの事業分割要求か 米州当局、広告分野 - 06月06日(土)12:58 

 米CNBCテレビは5日、米グーグルの独占禁止法(反トラスト法)に関する調査を巡り、米州の司法長官らがグーグルの広告技術事業の分割を求める方向で検討していると報じた。事業運営の制限も検討しており、さまざまな手法でグーグルの独占阻止を狙う。
カテゴリー:

【Googleさん終了のお知らせ】米司法省、夏にもグーグルの広告事業に対し訴訟へ - 06月06日(土)08:16  news

グーグルの事業分割要求か 2020/6/6 07:52 共同通信社 米CNBCテレビは5日、米グーグルの独占禁止法(反トラスト法)に関する調査を巡り、米州の司法長官らが グーグルの広告技術事業の分割を求める方向で検討していると報じた。事業運営の制限も検討しており、 さまざまな手法でグーグルの独占阻止を狙う。 米国の50の州・地域の司法長官は昨年9月、グーグルの広告事業が独禁法に違反している疑いがあるとして、 調査を開始。米司法省もグーグルに対する調査を進めており、米メディアは今夏にも訴訟を起こす公算が 大きいと伝...
»続きを読む
カテゴリー:

「化粧品、上半期厳しい」【鶴見知久社長に聞く スクロールの成長戦略②】 ソリューションは営業強化 - 06月04日(木)07:57 

 前号に続き、今後の事業戦略などについて、鶴見知久社長(=写真)に聞いた。  ――化粧品、健康食品の「健粧品事業」は厳しい数字だった。  「これまで、化粧品に関しては広告費を投入してマスプロモーションを行ってきたわけだが、去年1年はそれを抑えて既存顧客に注力してきた。これに関しては計画通りに進んでいるが、一方で大々的に広告を展開していた際に大量に仕込んだ商品が在庫として滞留しており、そこが悩みのタネだった。これを期末に一掃したので、態勢は整ったのではないか」  ――豆腐の盛田屋は中国人向けのインバウンド需要で売り上げを伸ばしてきたが、需要が落ち着いてきた中で新型コロナウイルス問題が発生した。また、店舗向け卸に関しても厳しい状況だ。  「インバウンドが新型コロナ以前から伸び悩んでいた中で、こういう事態となった。インバウンド需要は、この先1年か1年半は元に戻ることは無いだろうから、当面は注力することはない。しばらくはネット販売を通じ、既存顧客向け販促を強化していきたい。店舗向けに関しては、一部で再開した店舗はあるが、緊急事態宣言が出る前から、店頭でのタッチアップができなくなっていたほか、商品のテスターも撤去されており、お試しをしてから買える状態ではなかった。緊急事態宣言が出てからは売り場自体が無くなってしまったが、店舗が再開されてもすぐには需要は戻らないだろう。やはりネットでの...more
カテゴリー:

電通「(経産省の)マニュアルに基づき業務」中小企業支援の給付金巡る受託 - 06月02日(火)21:57  newsplus

 中小企業を支援する「持続化給付金」を巡り、事業を受託した団体から再委託を受けた電通は2日、共同通信の取材に「経済産業省が定めたマニュアルに基づき業務を推進している」と述べ、業務執行に問題はないとの考えを示した。  電通は、給付金申請の審査や電子申請システムの構築と運用、広報といった業務を受託したと説明。「事業運営においては多くの企業、団体の協力を得て、9千人以上の体制で業務を推進している」とした。 共同通信 2020/6/2 19:52 (JST)6/2 20:05 (JST)updated https://this.kiji.is/640503703894656097...
»続きを読む
カテゴリー:

上智大、四谷キャンパスの使用電力に100%再生可能エネルギーを導入 - 06月02日(火)14:01 

上智大学などを運営する学校法人上智学院は6月1日、同大学四谷キャンパスで消費する電力について、出光グリーンパワー株式会社が提供する「プレミアムゼロプラン」の使用を開始した。同キャンパス全体で使用する電力量の約95%にあたる年間約2000万kwhが再生可能エネルギー100%の電力に切り替わり、CO2の大幅な削減を図ることができる。 プレミアムゼロプランでは、FIT電気(固定価格買い取り制度によって電気事業者に買い取られた電気)を含む再生可能エネルギー100%の電源構成で、実質的にCO2排出量ゼロの再生可能エネルギー由来の電力を供給する。また、同プランは、事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す企業などによるイニシアチブ「RE100」への参画要件を満たしている。出光グリーンパワーは2010年の事業開始から再生エネルギー電力を中心とした電気小売事業を行っており、東京都が温室効果ガス排出量削減を目指して取り組む「東京都キャップ&トレード制度」の低炭素電力の供給事業者に毎年認定されている。 環境負荷の低減、脱炭素社会の実現のために、再生エネルギーの活用促進は世界的に重要な課題となっている。上智学院はこれまでも省エネルギー活動に積極的に取り組んでおり、Hf(高周波点灯専用形)蛍光灯やLED蛍光灯の採用、高効率空調機器への更新などによって消費電力を削減してきた。 15年11月に...more
カテゴリー:

グーグルの事業分割要求か 米州当局、広告分野 - 06月06日(土)12:55 

 米CNBCテレビは5日、米グーグルの独占禁止法(反トラスト法)に関する調査を巡り、米州の司法長官らがグーグルの広告技術事業の分割を求める方向で検討していると報じた。事業運営の制限も検討しており、さまざまな手法でグーグルの独占阻止を狙う。
カテゴリー:

EY、NelsonHall社の調査レポートでサイバーレジリエンシー・サービスのリーダーに選出 - 06月05日(金)13:39 

2020/06/05 EY Japan EY、NelsonHall社の調査レポートでサイバーレジリエンシー・サービスのリーダーに選出 ・クライアントへのサイバーレジリエンス強化支援と関連サポートツールにおいて先進的プロバイダーの地位を獲得 ・エンドツーエンドのサービス能力の高さが評価され「リーダー」の格付けを獲得 EYは、市場調査会社であるNelsonHall社の調査レポート「NEAT Evaluation for EY: Cyber Resiliency Services」において、「コンサルティングと戦略形成」市場セグメントにおけるサイバーレジリエンシー・サービスのリーダーに選出されたことをお知らせします。 「NEAT(NelsonHall Vendor Evaluation & Assessment Tool)」は、サイバーレジリエンシー・サービスを提供するベンダーのパフォーマンスを分析・評価するNelsonHall社のツールです。企業において戦略的な調達に関わるマネージャーは、このNelsonHall社のNEATを通して、ベンダーのサービス提供能力を様々な基準やビジネス状況で横断的に評価し、全体で、あるいは特定の市場セグメントにおいて、最も優れたパフォーマンスをもつベンダーを見つけ出すことができます。  今回、EYが「コンサルティングと戦略形成」市...more
カテゴリー:

株式会社タッグはVRコマースWebサイトを制作いたします。 - 06月03日(水)10:30 

株式会社タッグは博物館、水族館などの展示施設や店舗、イベント会場の 体験型Webサイトを制作いたします。 2020.6.2 株式会社タッグ   店舗創り企画・設計・制作の株式会社タッグ(東京・千代田区)は、新型コロナウィルスにより、さまざまなイベントの中止が決定される中、博物館・水族館などの展示施設や店舗、イベント会場の体験型Webサイトを、独自の特許技術を用いた「Mirai_Lab」にてVRコマースとして制作いたします。     新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は解除されたものの、秋から冬にかけて第2波、第3波が来るとの予測もあり、今後も企業は「withコロナ」「afterコロナ」を見据えた事業運営が求められます。 消費のあり方の多様化に加え、店舗の一時閉鎖や営業時間の短縮などで、様々な施設、店舗でリアルな接客機会が大幅に減っている中、そうした機会損失をVRコマースの活用で補填できる可能性を高め、実現する支援をいたします。   ◼️「いつでも」「どこでも」「誰でも」 閲覧する場所、時間にとらわれず、パソコン・スマホ・タブレットから、インターネット環境があれば博物館・水族館などの展示施設や小売業やサービス業での店舗、イベント会場の体感の場にバーチャルで訪れる事が出来ます。   空間内の回遊や、探索にとどまらず、VR...more
カテゴリー:

【電通問題】そもそも"中小企業から申請を受けてお金を振り込む"事業に何で770億もかかるの? - 06月02日(火)21:14  poverty

スカイツリー 建設費用 650億 レアルマドリードの年間予算 400億円 中小企業を支援する「持続化給付金」を巡り、事業を受託した団体から再委託を受けた電通は2日、 共同通信の取材に「経済産業省が定めたマニュアルに基づき業務を推進している」と述べ、業務執行に問題はないとの考えを示した。 電通は、給付金申請の審査や電子申請システムの構築と運用、広報といった業務を受託したと説明。 「事業運営においては多くの企業、団体の協力を得て、9千人以上の体制で業務を推進している」とした。 https://www.daily...
»続きを読む
カテゴリー:

Nutanix、ワンクリックで利用できるクラウド災害復旧サービス 「Xi Leap」の国内提供を開始 - 06月02日(火)13:00 

RPOとRTO両方のSLAを提供し、国内企業の事業継続性の強化をサポートニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社:東京都千代田区、社長:町田栄作、以下Nutanix) は本日、クラウドベースのDisaster Recovery as a Service (DRaaS) であるXi Leapの国内提供開始を発表しました。日本はアジアで最初のXi Leapサービス提供国となります。https://www.nutanix.com/jp/products/leap Xi Leapは、完全クラウドベースのディザスタリカバリ (DR) サービスで、Nutanix環境下のアプリケーションとデータを迅速かつインテリジェントに保護します。Xi Leapは、オンプレミスとリカバリサイトにおいて同じプラットフォームを利用することで、複数の環境にまたがる複雑な構成、ポリシー、データモデルの変換の必要性を排除します。日本では、DR対応が不可欠です。環太平洋火山帯に属する日本は、その位置、地形、地質、気象などの自然的条件から、台風、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などによる災害が発生しやすい国土となっています(1)。日本政府も懸念を募らせており、経済産業省が発表した報告書「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』克服とDXの本格的な展開~」(2)では、日本が経済と技術のリーダーシップを...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業運営」の画像

もっと見る

「事業運営」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる