「事業資金」とは?

関連ニュース

中小企業経営者が知っておきたい事業資金と税のマニュアル本『賢い事業資金の集め方・使い方・貯め方―経営を安定させ、成長させるために!-』みらいパブリッシングより2019年12月17日刊行。 - 12月10日(火)09:00 

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『賢い事業資金の集め方・使い方・貯め方―経営を安定させ、成長させるために!-』 を2019年12月17日に刊行します。 著者:佐藤充宏 四六判 並製 1色 208ページ 本体 1500円+税 ISBN:978-4-434-26879-3 書籍詳細: https://www.amazon.co.jp/dp/4434268791中小企業経営者が知っておきたい事業資金と税のマニュアル働き方の見直し・改革が行われている現代では、多くの方が起業し、自分自身が働き易い環境を築き上げています。低金利の時代に事業資金をどのように集め、どのように使ったらよいのかを、金融機関との付き合い方とも合わせて解説。さらに税金の種類・内容を知って頂きながら、お金を残す有効な方法も伝授。経営者自身だけでなく、従業員やその家族にも豊かで幸せな人生へと導く。経営者が知っておくべきお金と税の話第1章:事業資金はどれくらい手元にあればよいのか第2章:事業資金を集めるには、どのようにしたらいいのか第3章:事業資金はどのように使ったらよいのか第4章:金融機関とうまく付き合うには第5章:税金を知ることで、効率的な事業資金の使い方が分かる第6章:豊かさの実感は事業資金のストレス解放から■著者について 佐藤充宏(さとう・みつひろ)大手グローバルメーカー等の事...more
カテゴリー:

Global Brain Alliance Forrum 2019のピッチバトル審査員賞はクラウドポートに決定 - 12月06日(金)18:05 

ベンチャーキャピタルのグローバルブレインは12月6日、東京・六本木にてGlobal Brain Alliance Forrum 2019を開催した。同社が出資するスタートアップ企業のブースや関連するセッションなどで構成されているイベントで、今回で通算13回目となる。 Global Brain Alliance Forrum 2019の最後を飾るセッションが、スタートアップ企業が熾烈な戦いを繰り広げるピッチコンテスト「Startup Pitch Batte 2019」だ。今年登壇したのは同社の出資先から選ばれた以下の7社。審査員賞はクラウドポート、GBAF賞はSynamon、オーディエンス賞はライバーが獲得した。 Autify AIを用いてソフトウェアテストを自動化するプラットフォーム「Autify」(オーティファイ)を開発・提供。近年、市場の急速な変化に対応すべく「アジャイル開発」という開発サイクルを素早く回す手法が一般的だが、Autifyによると、すでに92%がアジャイル開発を採用。そのうち71%が週1回以上のリリースを希望している。だが、そのようなサイクルでは、ソフトウェアの検証作業(QA)を人手に頼ると時間が掛かりすぎ、早期リリースのボトルネックとなってしまう。Autifyは、非エンジニアでも簡単にウェブアプリの検証作業を自動化でき、また、AIがアプリケーションコードの変更を...more
カテゴリー:

【2019年12月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど - 12月02日(月)20:04 

国内には複数のソーシャルレンディング、また、それに類するクラウドファンディング投資ができる会社があります。投資ができる会社が多いため、投資初心者の方はどの会社を使って投資すれば良いのか、迷ってしまうこともあるでしょう。 そこで、ここではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめてみました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。 ※記載の情報はすべて2019年8月調査時点のものです。 目次 ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 1-1.ネクストシフトファンド 1-2.クラウドバンク 1-3.OwnersBook(オーナーズブック) 1-4.SBIソーシャルレンディング 1-5.Funds 1-6.クラウドクレジット 1-7.LENDEX(レンデックス) 不動産投資型クラドファンディング会社の特徴 2-1.CREAL(クリアル) 株式投資型クラウドファンディング会社の特徴・比較 3-1.FUNDINNO(ファンディーノ) 3-2.Unicorn(ユニコーン) まとめ 1.ソーシャルレンディング会社の特徴・比較 以下では、ソーシャルレンディング投資を提供しているサイトの中でも、運営企業や運用実績などの面から比較的安全に投資することができるサービスをご紹介します。それ...more
カテゴリー:

マンション投資で発生しがちな主なリスク5つと、リスクヘッジ方法を解説 - 11月23日(土)21:17 

マンション投資は定期的に一定の家賃収入が得られる投資として人気がありますが、もちろんリスクもあります。ただマンション投資のリスクは、過去の事例から予測が可能なため、リスクヘッジがしやすい投資だと言えます。では具体的に、どのようにリスクヘッジすれば良いのでしょうか。 この記事ではマンション投資の流れを確認した上で、主なリスクのヘッジの仕方について解説します。 目次 マンション投資の仕組み 1-1.マンション投資はローンを組んで行う 1-2.購入したマンションを賃貸経営する 1-3.毎月ローンを返済する 1-4.設備が壊れたら修繕をする 1-5.マンションを売却して収益を得る マンション投資のリスクとリスクヘッジの仕方 2-1.空室リスクで考えられる損害 2-2.空室リスクに対するリスクヘッジ 金利上昇リスク 3-1.金利上昇リスクで考えられる損害 3-2.金利上昇に対するリスクヘッジ 災害リスク 4-1.災害リスクで考えられる損害 4-2.災害リスクに対するリスクヘッジ 家賃下落リスク 5-1.家賃下落リスクで考えられる損害 5-2.家賃下落リスクに対するリスクヘッジ 売却をする際のリスク 6-1.売却の際のリスクで考えられる損害 6-2.売却のリスクに対するリスクヘッジ まとめ 1.マンション投資の仕組み まずマンション投資の仕組みを確認して、どのような点がリスクになっているの...more
カテゴリー:

日本原燃の財政基盤脆弱性を原告側指摘 - 12月07日(土)11:24 

日本原燃六ケ所再処理工場の安全性を巡り、市民団体「核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団」(代表・浅石紘爾弁護士)が国に同工場の事業許可取り消しを求めた訴訟の弁論が6日、青森地裁(飯畑勝之裁判長)であった。原告側は、再処理事業の収入となる使用済み核燃料の発生量は今後減少するとして、「日本原燃に経理的基礎がないことは明白」などと財政基盤の脆弱(ぜいじゃく)性を指摘した。原告側は、国が原発新設を前提としていない現状では「使用済み燃料の発生量の上限は確定している」と主張。再処理事業資金の安定的確保のため、…
カテゴリー:

県国保連また算定ミス、不手際続く 精算対象額は10億円 - 12月06日(金)06:40 

 秋田県国民健康保険団体連合会は5日、国保財源の安定化を目的とした市町村との共同事業「保険財政共同安定化事業」で、事業資金の算定を2008~14年度の7年間誤っていたと明らかにした。市町村との間で過大…
カテゴリー:

日本政策投資銀、英のソーシャルインパクトボンドへ出資。国内金融機関で初 - 11月28日(木)14:34 

株式会社日本政策投資銀行は11月20日、英Bridges Fund Management Limitedが組成するソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を対象としたファンドに対する出資契約を締結したと発表した。投資額は非公表だが、海外のSIBファンドへの資金提供は、日本の金融機関で初の試み。また、出資に伴い、同銀はBridgesと戦略的パートナーシップ関係を構築する業務協力合意書を締結。今後は相互に連携しながら、欧州・日本における社会課題解決に向けた取り組みを金融面でサポートしていく。 SIBとは、国や自治体が抱える社会課題に対し、民間企業のノウハウと民間資金を活用した新しいソリューションを実施することで社会問題解決を図る新たな官民連携の仕組み。SIB発祥の国である英国では、この仕組みを活用して、将来的な医療費削減に向けた成人の生活習慣改善、ニートの若者に対するメンタルケア・就労支援、ホームレスに対する就労支援、再犯防止プログラムの提供など、社会問題の解決および将来発生する行政コストの削減に向けた様々な予防的プログラムが実施されている。 日本では、国や自治体が抱える社会保障費の負担が増加傾向にあることを背景に、健康・医療分野を中心にSIBの組成が進んでいるところ、今年度閣議決定された「成長戦略実行計画2019」でも普及促進が掲げられており、今後も取組の増加が見込まれる。 同銀は、...more
カテゴリー:

「事業資金」の画像

もっと見る

「事業資金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる