「事業資金」とは?

関連ニュース

クラウドファンディングの利用状況調査 資金調達プロが「クラウドファンディング」のアンケートを実施! - 01月18日(金)13:00 

株式会社セレスが運営する資金調達プロは、国内No.1の銀行融資・借入情報サイトです(※)。資金調達プロでは、経営者の資金調達情報を提供、ファクタリングのマッチングサービスをはじめ経営者の資金調達に役立つビジネスローンやカードローンの情報も発信しています。※:当社調べ今回、資金調達プロでは(GMOリサーチ株式会社「アンケートパネル」から取得)一般ユーザーに対し「クラウドファンディングの利用状況」についてアンケートを実施しました。(2018年12月20日公開)Q1. あなたは「クラウドファンディング」を知っていますか?   (回答数: 551 )クラウドファンディングについては、大変認知度が高く「仕組みを知っている人」や「名前を聞いたことがある」という方を合算すると、全体の67.2%にまで達することが分かりました。Q2. クラウドファンディングについて、既に知っている方に伺います。今後、クラウドファンディングを使ってみたいと思いますか?   (回答数: 551 )クラウドファンディングを既に使ったことがある人は、全体の11.1%とのこと。一方、全体の18.1%は「クラウドファンディングは使いたくない」と考えているようです。Q3. 既にクラウドファンディングに参加している人に伺います。あなたは支援する側ですか、支援される側ですか?   (回答数: 551 )クラウドファンディングは、全体...more
カテゴリー:

1口5万円・年利回り6.5%・24日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus25号募集 - 01月15日(火)17:00 

SBIソーシャルレンディングが「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus25号」を1月16日午前10時から1月24日昼12時まで募集する。 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusは、「不動産を担保にローン事業を営む事業者」向けの貸付事業で運用するファンドだ。当該ファンドは、通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドでは対応しきれない資金需要があった場合に募集が行われる。今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は15億円。予定年間利回りは6.5%、運用期間は2019年1月下旬から2020年1月末日までの約12か月となっている。 当該ファンドの借手は、東京都内で貸金業登録を行い、不動産を担保とした貸付事業を行っている企業であり、主に一都三県を中心とし、法人・個人事業主・個人を対象として不動産に抵当権を設定したうえで、担保不動産の評価額の70%を上限とした金額を貸し付ける事業を行っている。 SBIソーシャルレンディングは、「資本金5千万円以上の企業」「直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内」「利息制限法改正に伴う過払金の発生無し」「貸金業の業歴7年以上」であることという条件を設定し(2018年6月時点)、それを満たした企業に対して貸付が行われる。 借手は最終返済日(貸付実行日から約12ヶ月後の2020年1月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予...more
カテゴリー:

スマホで貸付ファンドに投資できるマーケットプレイス「Funds」をクラウドポートが公開 - 01月08日(火)09:00 

ソーシャルレンディング各社のサービス比較サイトを運営するクラウドポートが、自ら第二種金融商品取引業の登録を行い、個人向けの投資サービスをスタートする。新サービスの名前は「Funds(ファンズ)」。「資産形成したい個人」と「事業資金を借りたい企業」を結び、スマホで貸付ファンドの取引ができるマーケットプレイスだ。Fundsでは1月8日から登録受付を開始した。 Fundsではクラウドポート自体は自己募集を行わないが、代わりにクラウドポートの定める基準をクリアした企業が、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的でファンドを組成する。 この貸付ファンドに対して、ユーザーは投資を行い、分配金を得る。1つの口座で、さまざまな企業の運用するファンドに最小投資単位1円から分散投資が可能。分配金の再投資により、複利効果も期待できる。 クラウドポート代表取締役の藤田雄一郎氏は、Fundsを「個人向け社債と同等の性質を備えつつ、よりインターネット的なサービスを」と構想し、1〜2年かけて試行錯誤しながらサービスとして練り上げた、と話している。 「モダンな個人向け社債」を目指して作られたFunds 藤田氏は「少子高齢化により社会保障費が拡大する一方で税収が伸び悩んでいくなか、個人の負担増が予想され、資産運用というより資産形成による自助努力がますます必要になってくる」という。だが、貯蓄から投資への流れは...more
カテゴリー:

不動産投資型と貸付型クラウドファンディングの特徴を比較 - 01月17日(木)08:00 

平成29年の法改正により、不動産投資型クラウドファンディングの勢いが増しています。一方、不動産投資型クラウドファンディングとよく似た貸付型クラウドファンディングという仕組みも存在し、違いがよく分からないという方もいます。 そこで、この記事では、不動産投資型クラウドファンディングと貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)との比較をご紹介したいと思います。 この記事を通じて、不動産投資型と貸付型の違いを確認できます。また、それぞれのメリットやデメリットを見比べて、自分に合う投資先が検討できるようになります。 目次 不動産投資型クラウドファンディングとは 1-1.不動産特定共同事業法の改正 貸付型クラウドファンディングとは 不動産投資型と貸付型クラウドファンディングの違い 3-1.途中解約の可否 3-2.利回り 3-3.法律上の扱い 3-4.投資先の透明性 不動産投資型クラウドファンディングのおすすめ事業者 4-1.CREAL(クリアル) 貸付型クラウドファンディングのおすすめ事業者 5-2.Funds(ファンズ) 5-1.オーナーズブック(Owners Book) 5-3.クラウドクレジット まとめ 不動産投資型クラウドファンディングとは 不動産投資型クラウドファンディングとは、個人がインターネット上で、不動産運用を行う企業に事業資金を投資できるサービスです。 投資先...more
カテゴリー:

平成の終わりに考える ZOZO前澤友作さんは花火師か、あるいは思想のある経営者か - 01月10日(木)18:00 

 年は明けましたが、お前ら何かいいことはありましたか。 以前、事業資金が足りないと言うのでカネを貸した直後いきなり逃げて行った古い友人から、何年かぶりに夫婦と娘二人が仲良く写っている写真がプリントされた…
カテゴリー:

個人向け社債の代替を目指す。国内初、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」が口座開設受付開始 - 01月08日(火)09:00 

[株式会社クラウドポート] 株式会社クラウドポート(代表取締役:藤田雄一郎)は、2019年1月8日より、”貸付投資”を通じて事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ国内初、貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)...
カテゴリー:

「事業資金」の画像

もっと見る

「事業資金」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる