「事業資金」とは?

関連ニュース

1口5万円・年利回り3.0%・22日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号募集 - 03月14日(木)12:05 

SBIソーシャルレンディングが「SBISLメガソーラーブリリアントローンファンド1号」を3月14日10時から3月22日昼12時まで募集している。 SBISLメガソーラーブリリアントローンファンドは、「稼働済みの太陽光発電所を所有する太陽光発電事業者」向けの貸付事業で運用するファンドで、SBIソーシャルレンディングが玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成するファンドだ。同ファンドは愛称を「かがやき」とし、今後、シリーズ化を予定している。「かがやき」はSBIソーシャルレンディングとしては初となる稼働済の再生可能エネルギー事業に関する「協業ローンファンド」として組成され、今回が1回目の募集となる。 「かがやき」の借手企業は、SBIソーシャルレンディングからの借入期間中に、売電実績を積み、発電パフォーマンスを買主に示すことができるため、より有利な条件で機関投資家等への売却や金融機関等からの長期借入れが可能となる。また、良質な小型の発電所を束ねることで、機関投資家を対象に、スケールメリットに富んだ大規模な投資機会を提供することが可能となる。一方、SBIソーシャルレンディングは、稼働済の太陽光発電所に担保を設定することができるため、より担保価値が高い商品を組成できるようになり、投資家に対して提供する投資商品の幅を広げることができるようになる。 なお、これまでSBIソーシャルレンディング...more
カテゴリー:

ソーシャルレンディング最大手を提訴へ「11億円損害」 - 03月07日(木)21:35 

 ネットで高めの利回りをPRして事業資金を募るソーシャルレンディングで最大手の「maneoマーケット」(マネオ、東京)などを相手どり、個人投資家57人が計約11億円の損害賠償を求める集団訴訟を8日にも…
カテゴリー:

1口5万円・年利回り6.5%・19日12時まで、SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus26号募集 - 03月11日(月)10:52 

SBIソーシャルレンディングが「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus26号」を3月11日午前10時から3月19日昼12時まで募集する。 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusは、「不動産を担保にローン事業を営む事業者」向けの貸付事業で運用するファンドだ。当該ファンドは、通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドでは対応しきれない資金需要があった場合に募集が行われる。今回の案件は1口5万円から投資可能で、募集額は12億円。予定年間利回りは6.5%、運用期間は2019年3月下旬から2020年3月末日までの約12か月となっている。 当該ファンドの借手は、東京都内で貸金業登録を行い、不動産を担保とした貸付事業を行っている企業であり、主に一都三県を中心とし、法人・個人事業主・個人を対象として不動産に抵当権を設定したうえで、担保不動産の評価額の70%を上限とした金額を貸し付ける事業を行っている。 SBIソーシャルレンディングは、「資本金5千万円以上の企業」「直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内」「利息制限法改正に伴う過払金の発生無し」「貸金業の業歴7年以上」であることという条件を設定し(2018年6月時点)、それを満たした企業に対して貸付が行われる。 借手は最終返済日(貸付実行日から約12ヶ月後の2020年3月末日)に元金一括払いで返済を行うことが予...more
カテゴリー:

【ハザードマップ】ニッチ専門誌 ネットに押され破綻 アスタイル/地球丸 - 03月07日(木)05:00 

 ▼アスタイル アスタイルは2月14日、東京地裁から破産開始決定を受けた。同社は海外の見本市で発掘した商品の輸入販売を手掛けていた。いびき防止アイテム「イビキトリーナ」、翻訳イヤホン「TwoBow」、一輪型電動スケートボード「SurfWheel ZERO」などを取り扱い、一般個人から資金を募る「購入型クラウドファンディング」を活用して事業資金を集めていた。
カテゴリー:

「事業資金」の画像

もっと見る

「事業資金」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる