「事業譲渡先」とは?

関連ニュース

仙台市ガス民営化 東北電、東京ガスなど有力企業複数名乗りか 新年度から公募スタート - 03月26日(木)13:55 

仙台市ガス民営化は新年度に事業譲渡先の公募が始まる。名乗りを上げるのはどこか。エネルギー関係者の間では、有力とされる企業名が複数浮上している。前回応募した東北電力や東京ガスのほか、大阪ガス(大阪市)、
カテゴリー:

中央集権・非中央集権プロジェクトそれぞれのメリットとデメリット - 03月23日(月)16:34 

ビットコインの誕生を皮切りに、主にブロックチェーン業界で注目され始めた「非中央集権」という概念があります。これまでにその言葉を聞いたことのある方も多いでしょう。 政府や企業といった、ある仕組みの運営母体を担う組織を持たず、ピアツーピア(個人間)でその仕組みを共同運営するというものが非中央集権の思想であり、これに則って運営されるプロジェクトは、中抜きゼロによる低コストの実現や透明な意思決定、破綻によるプロジェクト消滅リスクが無いといった観点で大きく注目を得ています。 しかし一方、非中央集権型にもデメリットはあり、従来の中央集権プロジェクトには対抗できない部分もあるのです。そこで今回の記事では、中央集権・非中央集権プロジェクトそれぞれが有するメリットとデメリットをまとめました。双方の良し悪しを比較しながら投資するプロジェクトを検証できるようにして頂ければ幸いです。 目次 中央集権プロジェクトのメリット 1-1.意思決定スピードが早い 1-2.意見の対立による分裂の懸念が小さい 中央集権プロジェクトのデメリット 2-1.母体の破綻による投資価値毀損の可能性がある 2-2.意思決定や組織へのガバナンスにリスクがある 2-3.ユーザーの不信感に配慮する必要がある 非中央集権プロジェクトのメリット 3-1.意思決定が民主的で透明である 3-2.意思決定や組織に対するガバナンスが図れる 3-3...more
カテゴリー:

施設存続へ リョーユースポーツ、経営引き継ぐ - 03月24日(火)15:08 

経営難を理由に事業譲渡先を探していた佐賀市の総合スポーツクラブ「リョーユースポーツプラザ」の引き受け先が見つかり、クラブの存続が決まった。テニス教室やホテル経営を手掛けるソニックスポーツ(熊本市、力久幸一朗社長)が6月から経営を引き継ぐことで合意した。譲渡先が見つからなければ3月末で閉館する予定だったが、会員らの署名活動が存続を後押しした。 ソニックスポーツと親会社のリョーユーパン(福岡県大野城市)が18日に合意した。
カテゴリー:

「事業譲渡先」の画像

もっと見る

「事業譲渡先」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる