「事業戦略」とは?

関連ニュース

役員人事異動のお知らせ - 06月19日(水)15:15 

6月19日 富士ゼロックス株式会社 役員人事異動のお知らせ 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区赤坂、社長:玉井 光一)は、本日開催された定時株主総会において、取締役および監査役の改選を行いました。本日付の執行役員および顧問の異動と合わせて以下の通りお知らせいたします。 新任取締役-6月19日付 *下線部が変更点 氏名:岡野 正樹 おかの まさき <新職務>  取締役 常務執行役員 エンタープライズドキュメントソリューション事業 掌管 兼 エンタープライズドキュメントソリューション事業本部長  <旧職務> 常務執行役員 エンタープライズドキュメントソリューション事業 担当  兼 エンタープライズドキュメントソリューション事業本部長  氏名:阪本 雅司 さかもと まさし <新職務>  取締役 常務執行役員 国内営業 担当  <旧職務>  常務執行役員 国内営業 担当  退任取締役 – 6月19日付 ・宮﨑 剛(取締役 専務執行役員退任 6月19日付で富士フイルム株式会社 執行役員 イメージング事業部長に就任) ・大西 康昭(常務執行役員 再任) 新任監査役-6月19日付 *下線部が変更点 氏名:樋口 昌之 ひぐち まさゆき <新職務>  富士ゼロックス株式会社 監査役 富士フイルムホールディングス株式会社執行役員 経営企画部 副部長 全社...more
カテゴリー:

【企業】メルカリ、シェアサイクル「メルチャリ」を事業譲渡 - 06月13日(木)18:48  newsplus

メルカリは、子会社ソウゾウが福岡市内で運営するシェアサイクル「メルチャリ」の事業を譲渡する。メルチャリ事業は新分割会社のneuetが承継し、クララオンラインによる第三者割当増資を経て、メルカリの連結対象外となる。 ソウゾウは、メルカリの新規事業開発を担う会社として2015年に設立され、メルカリ カウル、メルカリ メゾンズ、teacha、メルチャリなどのサービスを運営してきた。 メルカリを除くサービスについては、2018年12月までに一部機能をメルカリに移管するとともにサービスを終了。今回メルチャリの事業譲渡とともに...
»続きを読む
カテゴリー:

シエナ社CEOが会見「800Gbps光伝送装置を年内投入、OTT向けが売上の3割強に」 - 06月13日(木)11:00 

 日本シエナコミュニケーションズは2019年6月11日、米シエナ本社の社長兼CEOであるゲーリー・スミス氏の来日を機に、事業戦略説明会を開催した。説明 ...
カテゴリー:

「30~50社のエコシステムを目指したい」ゾーホー、パートナー販売に注力 - 06月10日(月)07:00 

CRMなどのSaaSを提供するゾーホージャパンは事業戦略説明会でパートナー販売に注力する。「アクティブなパートナーは5~6社。30~50社のエコシステムを目指したい」という。
カテゴリー:

起業家支援事業を展開する株式会社ウェイビーが株主向け事業戦略発表・交流会を開催 - 06月06日(木)13:32 

[株式会社ウェイビー] [画像1: https://prtimes.jp/i/45423/3/resize/d45423-3-385210-6.png ] 起業家支援事業を展開する株式会社ウェイビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:代表取締役社長 伊藤健太)は、2019年5月30日(木)に...
カテゴリー:

【企業】サムスン電子、今年の営業利益「半減」か - 06月17日(月)16:12  bizplus

サムスン電子の業績を支える半導体とスマートフォン事業の競争力が揺らいでいる。米中貿易紛争の余波などによりスマートフォンとメモリー半導体の需要が減り、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないとの見通しが出ている。半導体不況は来年まで長期化する可能性まで提起されている。 サムスン電子高位関係者は16日、「4-6月期に入り半導体事業をめぐる外部環境が急速に悪化している。会社内部でもメモリー半導体の業況が年末まで回復しないだろうとの意見が多数」と話した。彼は「今年と...
»続きを読む
カテゴリー:

第三者割当増資引受に関するお知らせ~メルチャリ事業を運営するneuet社の株式取得について~ - 06月13日(木)16:00 

株式会社クララオンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎、以下「クララオンライン」)は、株式会社ソウゾウ(本社:東京都港区、株式会社メルカリの100%子会社、以下「ソウゾウ社」)が同社のシェアサイクルサービス事業「メルチャリ」(以下「本事業」)を会社分割により新設会社であるneuet株式会社(以下「neuet社」)に承継するにあたり、neuet社が第三者割当増資により発行する株式を引き受け、当社がneuet社を子会社化することで合意いたしましたので本日お知らせいたします。 クララオンラインは、日本における自転車活用推進法施行に伴う国・自治体の自転車活用に対する政策や、中国・欧米で急速に拡大しているシェアサイクル市場、さらにはMaaS(Mobility as a Service)として注目される既存公共交通機関の連携など自転車が持つ未来の可能性に着目し、2017年10月よりグループ各社の共同プロジェクトとして「Sharebike Labo(シェアバイクラボ)」を立ち上げ、世界のシェアサイクルサービスの調査・研究を行ってまいりました。 また、クララオンライングループにおける自転車分野での取り組みとして、クララオンラインがシェアサイクル関連のコンサルティング事業を、子会社である株式会社スポーツITソリューションがシェアサイクルに関わるアプリ・システム開発や、全日本実業団自転...more
カテゴリー:

使えるECサイトへ!コンバージョン改善セミナー~お客様の「買いたい」を後押しするWeb接客と検索ナビゲーション成功事例~2019年7月12日(金)開催のお知らせ - 06月12日(水)16:30 

ビジネスサーチテクノロジ株式会社は、株式会社エフ・コードと共同で、使えるECサイトへ!コンバージョン改善セミナー~お客様の「買いたい」を後押しするWeb接客と検索ナビゲーション成功事例~を2019年7月12日(金)に開催します。10年以上のWebマーケティング支援実績をもつエフ・コードと、ECサイトに欠かせない検索ナビゲーションのビジネスサーチテクノロジが、ユーザの「買いたい!」を後押しするECサイト作りをテーマに、具体的なWebサイトの改善手法とここでしかお伝えできない豊富な事例をその効果とともにお伝えします。■開催概要日時:2019年7月12日(金) 15:30~17:30 (受付開始 15:15)場所:株式会社エフ・コード 会議室(東京都新宿区市谷八幡町2-1 大手町建物市ヶ谷ビル 5F)   https://goo.gl/maps/sonuuj2dJdcBFkfEA定員:20名対象:企業のECサイトご担当者様、マーケティング/広告部門ご担当者様主催:株式会社エフ・コード( https://f-code.co.jp/ )   ビジネスサーチテクノロジ株式会社( https://www.bsearchtech.com/ )費用:無料(事前のお申し込みが必要となります。)お申し込み: https://www.bsearchtech.com/news/event/20190712/...more
カテゴリー:

【Google分析ツールの最新動向と活用法を解説】使いこなそう&使ってみよう『Googleアナリティクスだけじゃない Google分析ツール活用のポイント』セミナーを6月19日大阪にて開催 - 06月07日(金)12:00 

デジタルマーケティングの専門コンサルティング会社、株式会社パワー・インタラクティブはGoogle分析ツールの最近の機能追加や改変の動向をまとめて把握しておきたい方、Googleオプティマイズ、Googleデータポータルをこれから活用したいと考えている方を対象に、無料セミナー『Googleアナリティクスだけじゃない Google分析ツール活用のポイント』を6月19日大阪にて開催します。Googleアナリティクス、タグマネージャ、サーチコンソールは、今やWeb運営に必須の「Google三大ツール」と言えますが、頻繁に機能追加や改変が行われています。また、ABテストツール「Googleオプティマイズ」や、データビジュアライズを行う「Googleデータポータル(旧:データスタジオ)」も無償提供がはじまっています。これらの情報自体はブログやニュース等で把握していても、自社にとって、どう影響があるのか、対応しておくべきことは何なのか等については、判断がつきにくい方が多いのではないでしょうか?今回のセミナーではGoogleアナリティクス、タグマネージャ、サーチコンソールに加え、Googleオプティマイズ、Googleデータポータルの5つのツールについて、ツールの特徴や実践活用例など、押さえておくべきポイントを取り上げて解説を行います。パソコンを使った操作演習は行いませんが、画面キャプチャーを多用...more
カテゴリー:

CROOZ SHOPLIST 出店者の自社EC支援強化、システムや物流・マーケなど - 06月06日(木)13:15 

 ネット販売事業などを展開するCROOZ SHOPLISTは、ファッション通販サイトの「SHOPLIST.com by CROOZ」での今期からの重点施策として「オープンコネクト」を掲げ、ショップリストのインフラを活用して出店者の自社EC支援を強化する。5月31日に都内で開催したカンファレンスの中で明らかにした(写真はカンファレンスで今後の事業戦略を語る張本社長)。  同社では前期に通期取扱高が過去最高となる約250億円を達成し、800ブランド以上のブランド出店や、大型専用倉庫の開設による物流改革なども実施した。その上で、今後の重点戦略としては内製化で積み上げたショップリストのシステムや物流インフラ、顧客基盤をオープン化して出店者の自社ECを支援していくという。  具体的には子会社を通じてサイトの構築・運営から物流業務、マーケティングなどを一括で受託。物流に関しては物流パートナーを通じて今期から東京23区を対象にした商品配送を開始しており、今後は、一都三県、中長期的には関西、中部での展開も目指している。その上で、出店者の自社通販サイトとショップリストの商品を共同配送化することなども視野に入れていく。  そのほか、ブランドの売り上げ創出の観点で今期に計画している新たな試みとしては商品PR枠の設置があり、ショップリスト内だけでなく、コーディネートサイトの「SHOPLISTA」やウ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業戦略」の画像

もっと見る

「事業戦略」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる