「事業全体」とは?

関連ニュース

【悲報】子育て世代対象の小学校休業対応支援金、ホステス・キャバ嬢・風俗嬢は支給対象外に - 04月02日(木)14:01  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を 受けて個人で仕事をする方向け)支給要領 https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000609600.pdf 11 不支給要件 支援金は、上記の規定にかかわらず、次の(1)から(5)までのいずれかに 該当する者に対しては支給しない。 (1) 風俗営業等関係者(次の1又は2に該当する者をいう。) 1 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和 23 年法 律第 122 号)第2条第4項に規定する接待飲食等営業(同条第1項第 1号に該当するものに限...
»続きを読む
カテゴリー:

ロケット打ち上げスタートアップのSkyroraは消毒液とマスクの生産に注力 - 03月28日(土)19:30 

Skyroraは、実際にペイロードを軌道上に運ぶ稀有な民間打ち上げスタートアップの仲間入りを目指している新しい企業の1つだ。しかし今、英国内の製造能力のすべてを、COVID-19対応に集中させることにした。スコットランドのエジンバラに拠点を置くSkyroraは、英国政府やNHS(英国民医療サービス)からの製造業者への呼びかけに応じて、できる限りのことをすることにした。新型コロナウイルス危機と最前線で戦っている人たちのために、切望されている医療用品を供給するのだ。 Skyroraryによれば、英国にある事業全体つまりすべての人的資源と運転資金を現在はCOVID-19対応に向けているという。同社は2017年に設立され、最初の宇宙船の試験飛行に向けて活動していた。この2月にはより環境にやさしい実験的なロケット燃料を使った初期のエンジンテストに成功したばかりだった。 しかし現時点、Skyroraは手指消毒液の製造に注力することにした。これが同社としてCOVID-19対応をサポートする初の仕事となる。すでにWHOのガイドラインと要件に沿って最初のバッチを生産している。現在、1週間あたり250mlボトルで1万本以上を製造できるよう生産活動拡大を目指している。 実際のところ、ロケット工学と手指消毒液の間にはかなり密接な関係がある。消毒液の基本的な殺菌成分はエタノールだ。これはアルコールの一種で...more
カテゴリー:

【明日発売】ストライプがD2Cに本腰、「事業全体.. - 03月25日(水)20:48 

【明日発売】ストライプがD2Cに本腰、「事業全体で100億円目指す」 第1弾は低身長女性向け「レム クローゼット」
カテゴリー:

iPS備蓄予算で「山中教授に誤解与え反省」 内閣官房 - 03月20日(金)18:03  newsplus

iPS細胞を備蓄する「ストック事業」の予算削減を内閣官房の健康・医療戦略室が京都大に通告したとされる問題で、戦略室が山中伸弥教授に「相談(のつもり)だったが、支援が打ち切られる可能性があると思わせたことを深く反省している」などと書面で伝えたことが19日、わかった。衆議院の委員会理事会でもこの日、戦略室側がコミュニケーション不足を認めて陳謝した。 事業をめぐっては、和泉洋人首相補佐官と戦略室の大坪寛子次長が昨夏、京大を訪れ、山中教授に予算の削減案を提示。山中教授が「文部科学省の有識者会議で継続が決ま...
»続きを読む
カテゴリー:

“DXの鴻海”目指すKaizen Platform、NTTアドと企業のDXを支援する合弁会社設立 - 04月01日(水)10:05 

企業のDXを支援するプラットフォームを手がけるKaizen Platform(以下 Kaizen)は4月1日、エヌ・ティ・ティ・アド(以下 NTTアド)とともにDXプランニングやDXコンサルティングを行う新会社・DX Catalystを設立した。 新会社は両社による合弁会社となり、NTTアドが51%、Kaizenが49%を出資する。両社の強みを活かしながら、デジタルを活用した顧客体験の改善と企業の事業成長を支援していく計画だ。 なおNTTアドは2019年1月にKaizenへ約5億円を出資済み。今回、同じく既存株主であるNTTドコモ・ベンチャーズからKaizenの株式を4月1日に追加取得し、資本提携を一層強化したことも明らかになった。この株式譲受により、NTTアドではKaizenの株式の7.3%を保有することになる(譲受前は4.2%)。 両社では2019年1月に資本業務提携を締結して以降、共同でNTTグループ内のWebサイトにおけるコンテンツの動画化、5Gを見据えた動画中心のマーケティングソリューションの開発などに取り組んできた。資本提携の強化や合弁会社の立ち上げは、今後NTTグループ自体がDXを推進していく中でそれを支えるだけでなく、より手厚く外部企業のDXをサポートすることが目的だ。 Kaizen Platform代表取締役の須藤憲司氏によると、ここ1〜2年ほどでプロダクトの機...more
カテゴリー:

【本日発売】ストライプがD2Cに本腰、「事業全体.. - 03月26日(木)08:48 

【本日発売】ストライプがD2Cに本腰、「事業全体で100億円目指す」 第1弾は低身長女性向け「レム クローゼット」
カテゴリー:

前期、売上高100億円を達成【ユーキャン 通販ブランド「ココチモ」の現状は?】 電子辞書や地球儀など大型販促好調、アパレル分野でも成果 - 03月23日(月)14:00 

 ユーキャンの通販ブランド「ココチモ」は前期(2019年12月期)、大型販促を実施した一般雑貨のヒットや、ファッション領域での顧客開拓と定着化の進展などにより、ココチモ始動時(13年11月)の目標だった売上高100億円を達成した。  前期は、大型販促商材として1月に「カシオ電子辞書」、12月に「しゃべる地球儀」を展開した。前者は事前のテストで反応の良かったA4冊子を新聞に折り込む形を中心に出稿したことで新聞読者の手元に冊子が残り、受注につながったと見られる。また、広辞苑の最新版を収録したことも追い風となり、以前の電子辞書購入者にDMを送って買い換えを喚起。受注量は計画比10%増となった。  後者は、17年に大型販促を実施した地球儀と比べて台座部分を木目調にするなどリニューアルして臨んだ。テレビCMと新聞広告をメインに打ち出し、購入者はココチモの主要顧客層である60代~70代が多かったものの、クリスマス需要の取り込みも狙って12月にプロモーションをかけており、プレゼント用のニーズからウェブ購入比率が他の商材と比べて高かったという。  ココチモの商材はウェブ購入比率が高くないが、ウェブマーケティング専門の部署を立ち上げたことにより、通販サイトは大型販促を実施する際の受け皿としてだけではなく、積極的にECチャネルを生かす取り組みにも着手。地球儀の台座部分を、宇宙をイメージしたウェブ...more
カテゴリー:

内閣官房「iPS細胞の山中教授を結果的に誤解させてしまいました。深く反省してます」  - 03月20日(金)13:25  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif iPS備蓄予算で「山中教授に誤解与え反省」 内閣官房 小林舞子、合田禄 2020/3/20 13:00 有料記事  iPS細胞を備蓄する「ストック事業」の予算削減を内閣官房の健康・医療戦略室が京都大に通告したとされる問題で、戦略室が山中伸弥教授に「相談(のつもり)だったが、支援が打ち切られる可能性があると思わせたことを深く反省している」などと書面で伝えたことが19日、わかった。 衆議院の委員会理事会でもこの日、戦略室側がコミュニケーション不足を認めて陳謝した。  事業をめぐっては、...
»続きを読む
カテゴリー:

「事業全体」の画像

もっと見る

「事業全体」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる