「事故防止」とは?

関連ニュース

TIが60G〜64GHzに対応したミリ波レーダーIC、24GHz品に比べて16倍高精度 - 11月12日(月)07:19 

 米Texas Instruments(TI)社は、60G〜64GHzの周波数帯域を利用したミリ波レーダーIC「IWR6x」を発売した。FMCW(周波数変調連続波)技術を利用した。対象物との距離やその方向、移動速度などの基本的な測定はもちろん、複数の人体の動き、人体の呼吸、タイピング操作なども検出可能という。同社によると「24GHz帯を利用するレーダーに比べると、測定精度は最大16倍に高められる」としている。アンテナをパッケージに搭載したことも特徴の1つだ。このためRF回路設計の難易度を大幅に下げるとともに、プリン基板上の実装面積を最大で75%削減できる。人数のカウントやモーション検知、ロボット制御、事故防止、バイタル・サイン・モニターなどのビルや工場のオートメーション用途に向ける。
カテゴリー:

【くるま】赤信号をショートカットする「コンビニワープ」に集まる批判 - 11月11日(日)16:52  newsplus

https://news.infoseek.co.jp/article/toushin1_8368/ ビジネス、今日のひとネタ 日本国内のいたるところにあるコンビニ。駐車場のあるお店は、ドライブ中にちょっと立ち寄るのにも便利で、 いまや道路沿いに「コンビニのある風景」は当たり前になっていますね。しかし、そんなコンビニの立地につけ込んだ 「運転マナー違反」がいま話題となっているようです。 「コンビニワープ」という言葉をご存じでしょうか? 赤信号を待つのを避けるため、右左折をする際などに、 交差点の角にあるコンビニの駐車場や敷地を利用してショー...
»続きを読む
カテゴリー:

保育施設:うつぶせ寝対策10%未実施 厚労省に改善勧告 - 11月09日(金)17:48 

総務省行政評価局、事故防止策での抽出調査  総務省行政評価局は9日、149の保育施設を抽出した事故防止策の調査で、乳幼児の死亡事故が起きやすいとされる「うつぶせ寝」について、約10%が対策を実施していなかったと発表した。水遊びの監視や食物アレルギー対策が不十分な施設も確認。「安心して子どもを預けられ
カテゴリー:

踏切事故防ごう 北秋田市で地域住民ら70人参加し訓練 - 11月07日(水)15:53 

 JR秋田支社主催の踏切事故防止訓練が7日、秋田県北秋田市坊沢の奥羽線上岱踏切で行われた。地域住民ら約70人が参加し、車の運転中に踏切内に閉じ込められた際の対処法などを学んだ。 訓練は、遮断機が下りた…
カテゴリー:

記者日記 命を守るいたずら - 11月01日(木)10:32 

先輩のスマホにカラフルなアイスクリームのシールを見つけた。娘さんが貼り付け、そのままにしていると少し恥ずかしそうに話した。私も子どもの頃、シールを家具の分かりにくい場所に貼っては「いつ気づくかな」と、いたずらしていたことを思い出した。 10月にスポーツ担当から司法担当に代わった。事件事故や火災、裁判の取材、台風などの気象情報のチェックなど新しい仕事を覚え、今は慣れることに精いっぱいの日々だ。 司法担当になって最初の取材は、夜間の事故防止につなげる反射材の配布だった。
カテゴリー:

【くるま】赤信号をショートカットする「コンビニワープ」に集まる批判★2 - 11月12日(月)05:08  newsplus

https://news.infoseek.co.jp/article/toushin1_8368/ ビジネス、今日のひとネタ 日本国内のいたるところにあるコンビニ。駐車場のあるお店は、ドライブ中にちょっと立ち寄るのにも便利で、 いまや道路沿いに「コンビニのある風景」は当たり前になっていますね。しかし、そんなコンビニの立地につけ込んだ 「運転マナー違反」がいま話題となっているようです。 「コンビニワープ」という言葉をご存じでしょうか? 赤信号を待つのを避けるため、右左折をする際などに、 交差点の角にあるコンビニの駐車場や敷地を利用してショー...
»続きを読む
カテゴリー:

うつぶせ寝対策10%未実施 厚労省に改善勧告 - 11月09日(金)22:26 

 総務省行政評価局は9日、149の保育施設を抽出した事故防止策の調査で、乳幼児の死亡事故が起きやすいとされる「うつぶせ寝」について、約10%が対策を実施していなかったと発表した。水遊びの監視や食物アレルギー対策が不十分な施設も確認。「安心して子供を預けられる環境が必要だ」として、厚生労働省と内閣府に関連施策の改善を勧告した。
カテゴリー:

安全運行で九州運輸局長表彰、JA建設クリエイトさが - 11月09日(金)10:40 

優良なトラック事業所を表彰する「2018年度九州運輸局長表彰」で、佐賀県内から佐賀市のJA建設クリエイトさが(吉村哲夫社長)本所運送事業所が県内で唯一選ばれた。交通安全に努める積極的な姿勢や最新技術を取り入れた取り組みが評価された。 同社は農家が生産した米麦や大豆などを主に配送している。所有する16台のトラック全てにドライブレコーダーやデジタル式の運行記録計を設置し、高度な安全管理のマネジメントを行っている。 月に一度、事故防止の講習会を社内で開き、安全意識を高めている。
カテゴリー:

【JAF千葉】参加体験型実技講習会「シニアドライバーズスクール」を開催します。 - 11月01日(木)19:18 

[一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】] この講習会は、日本自動車工業会、全日本交通安全協会と共催するもので、身体機能が衰えてくる年代のドライバーに対し、クルマの特性と自身の運動能力を再確認し、更なる事故防止に役立てていただくことを目的とし...
カテゴリー:

SAGAブループロジェクト:ブルー交差点で事故防止 - 11月01日(木)09:32 

 佐賀県内で10万人当たりの人身事故件数が全国最悪レベルの中、県は交差点付近の地面を青く塗装して運転手に注意を促す「SAGAブループロジェクト」を本格化させている。香川で効果を上げた取り組みで、県では青にちなんだデザインも活用して県民の事故防止意識の醸成を狙っている。【関東晋慈】
カテゴリー:

もっと見る

「事故防止」の画像

もっと見る

「事故防止」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる