「予防効果」とは?

関連ニュース

非G-CSF小分子plinabulinの好中球減少症予防効果/JAMA Oncol - 10月30日(金)04:00 

 抗がん作用と好中球減少症予防作用を併せ持つ新しい非顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)小分子plinabulinについて、第II相試験の結果が明らかにされた。米国・スタンフォードがん研究所のDouglas W. Blayney氏らが…
カテゴリー:

10月27日付歯科新聞(2):歯科プロセミナー案内.. - 10月27日(火)17:21 

10月27日付歯科新聞(2):歯科プロセミナー案内/神奈川歯科大学が羽田空港に診療拠点を展開/東京医科歯科大学が指定国立大学法人に。「トータルヘルスケア」の研究拠点目指す/循環器疾患などの予防効果がある口腔常在菌を同定/窓を閉められる環境づくりのグッズ紹介
カテゴリー:

マスク無意味論者の岩田健太郎さん、マスクの有効性を明らかにした東大の実験結果にいちゃもんをつける - 10月24日(土)00:26  poverty

マスクに新型コロナウイルス抑制効果、世界で初めてウイルスを使って直接確認!「空間中への拡散と吸い込みの両方を抑える」 https://johosokuhou.com/2020/10/23/38866/ 東京大学医科学研究所の研究グループが世界で初めて生きた新型コロナウイルスを使って、マスクの感染予防効果を確認しました。 研究グループの発表によると、この実験ではマスクを装着したマネキンに人工呼吸器を接続し、厳重管理された特殊なチャンバー(容器)に 新型コロナウイルスを含んだ飛まつを散布して行われ、ほぼ全てのマスクで新型コロナウイルスの...
»続きを読む
カテゴリー:

がん予防効果装いサプリなど宣伝か 医師ら3人逮捕 - 10月23日(金)13:16 

がん予防に効果があるように装い錠剤などを販売したなどとして、警視庁生活環境課と四谷、赤坂、東京湾岸各署は医薬品医療機器法違反容疑で医師、風本真吾容疑者(57)=…
カテゴリー:

【子宮頸がん】 日本は毎年、1万1000人が診断され、年間1200人(30歳未満)がこの病気によって子宮を失い、2800人が亡くなっています - 10月22日(木)00:17  newsplus

子宮頸がんなどの予防目的で接種される「HPVワクチン」によって、子宮頸がんの発症リスクが下がることを初めて証明したスウェーデンの論文が、 米国のNew England Journal of Medicine誌に発表されました。 これまで、HPVワクチンがHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染や、子宮頸がんの手前の「前がん病変(高度異形成、上皮内がん)」を予防する効果は認められていましたが、 子宮頸がんの発症については長期間の追跡が必要なことなどから、エビデンスは得られていませんでした。 この論文を含め、最近のHPVワクチンに関係する研...
»続きを読む
カテゴリー:

お前らの親が危ない!風呂の温度差で死ぬヒートショック1万7000人突破! - 10月28日(水)19:32  news

寒くなると心配なヒートショック、予防になる「浴室暖房乾燥機」のチェックポイント 【家電コンサルのお得な話・25】 徐々に気温が下がってきて冬本番を迎えるにあたって、注意したいのが「ヒートショック」である。 これは「急激な温度変化がもたらす身体への影響のこと」で、東京都健康長寿医療センター研究所の調べによると「全国で約1万7000人もの 人々がヒートショック関連の入浴中に急死している」(2011年)という推計がある。予防効果が期待できる浴室暖房乾燥機のポイントを紹介しよう。 https://www.bcnretail.com/marke...
»続きを読む
カテゴリー:

交通部公路総局、タイワンヤマネコ保全のためロードキル削減効果などを発表 - 10月27日(火)00:00 

ベンガルヤマネコの亜種であるタイワンヤマネコ(中国語では石虎)は、絶滅危惧種に指定されている野生動物だ。交通部公路総局は台湾における省道(=主要道路)の主務官庁として、タイワンヤマネコを含む野生動物の保護に努めている。具体的には、ロードキル(道路上で発生する野生動物との事故)を減らし、交通の安全につなげるよう生態系に優しい数々の措置を講じている。   交通部公路総局は2017年以降、希少野生動植物種の保護に取り組む国の機関である行政院農業委員会(=日本の農林水産省に相当)特有生物研究保育中心と協力して台湾中部の道路改善を目指す「中部地区友善道路改善計画」を実施してきた。内容は(1)道路沿線のネコ目動物の生態学研究とロードキル削減に向けたモニタリングの実施、(2)ロードキルに関する科学的調査と改善へ向けた提言、(3)道路のスマート化(ロードキル防止システム)に向けた研究・開発と構築、(4)野生動物に優しい道路環境作りに向けた教育と地方での宣伝、の4項目を含む。この計画の成果が26日、公路総局第二区養護工処で発表された。   発表によると、道路のスマート化についてはロードキルを減らす効果があることが証明され、ロードキルの予防効果を達成することができた。今後も引き続生きシステムの改善を進め、その他の道路への拡大も検討する。   交通部公路総局は道路点検を実施...more
カテゴリー:

東大、現物の新型コロナウィルスを使用してマスクの効果を実験。マスクは効果があると判明 - 10月23日(金)19:04 

あるAnonymous Coward 曰く、東大が感染者、非感染者役の人形とマスク三種、実際のコロナウィルスを使い、マスクの感染予防効果(ウィルスの吸入量抑制効果)の実験を行った。 細かい数字は元ソースを当たってほしいが、結局のところ、ウィルスの拡散防止にも、感染予防(吸入量減)にも効果があると言う結果。 また、今まで言われている通り①感染者、非感染者双方がマスクをしている。②感染者の実がマスクをしている③非感染者のみがマスクをしている 順で効果が高いと言うのが裏付けられる結果となっている。 情報元へのリンク 東京大医科学研究所の河岡義裕教授らの研究グループが、感染力のある現物の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)とマスクを使用し、マスクの防護効果についての検証を行った。SARS-CoV-2を利用したマスクの検証実験はこれが世界で初めてだという(東京大学、mSphere、朝日新聞、ITmedia、FNNプライムオンライン)。 実験では人工呼吸器を備え、人間のように呼吸を行うマネキン2体を用意した。1体は感染者に見立てて設定され、ウイルスを含む飛沫とエアロゾルを咳のように感じで吐き出させた。もう一方は健常者という扱いになっている。双方を50センチ離してマスクを着脱して対面させて測定した。このほか、マスク有り・無し、種類の違いなどの条件を設定、密閉された環境にに設置した上...more
カテゴリー:

【子宮頸がん】日本は毎年1万1000人が診断され、1200人が子宮を失い2800人が死亡…HPVワクチンでリスク63%減 世界初のエビデンス - 10月22日(木)23:18  newsplus

■男性の接種もがんリスクの低減に役立つ  子宮頸がんは、子宮頸部と呼ばれる子宮の入り口部分にできるがんです。日本では毎年、約1万1000人の女性が子宮頸がんと診断され、年間約1200人(30歳未満)がこの病気によって子宮を失い、約2800人が亡くなっています。最新(2017年、2018年)の分析では、一生のうちに75人に1人の女性が子宮頸がんと診断され、325人に1人は子宮頸がんで死亡すると推定されています(*1)。  子宮頸がんの95%以上は、HPVの感染が原因で起こります。HPVは性的な接触により感染します。性交渉の経験がある...
»続きを読む
カテゴリー:

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの子宮頸が.. - 10月21日(水)08:50 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの子宮頸がん予防効果と接種について改めて考えます。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「予防効果」の画像

もっと見る

「予防効果」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる