「乳化剤」とは?

関連ニュース

主食に「パン」が太ると言われるワケ - 05月19日(土)06:00 

年齢性別を問わず、朝食はパン派はきっと多い。でも昔から主食はごはんのほうがヘルシーでいいとよく言われますよね。そもそもそれってなんで?カロリーだけを見ると、さほど差はないはず。むしろ食パンと比べると、茶碗1杯分のごはんよりもカロリーは低いんです(ごはん1杯:269kcal、食パン1枚/6枚切り:158kcal)。管理栄養士の圓尾和紀さんは、『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)で、大きくこの4つのポイントから、主食には断然「パン」よりも「ごはん」がおすすめだと話しています。そうは言われても、朝のパン習慣はやめられないのだけれど(笑)© aluxum/iStock01.脂質:ごはん<パンごはん1杯分と食パン(6枚切り)を比べると、たしかにカロリーは食パンのほうが低い。けれど脂質は、ごはん:約0.5gに対して、(種類によって異なるが)食パン:約2~4gが目安。ごはんの数倍もの脂質が含まれています。02.ごはんは無添加もっとも大きな違いがコレ。白米を炊くだけならば、ごはんは無添加。一方、食パンには、油や砂糖、塩などが使われており、イーストフードや乳化剤、酢酸Na、甘味料、香料などの添加物が含まれているものも多い。ちなみにパンに含まれていることもある「トランス脂肪酸」は、身体に害があるとして全米で規制の対象になる成分。03.おかずのカロリー&脂質ごはんとよく組み...more
カテゴリー:

ミニストップが創業当時から売ってる「名作アイス」をご存知? - 05月12日(土)12:46 

ミニストップのロングセラー商品「フローズンヨーグルト」を知っていますか? 実はこれ、創業当時から販売されている商品なのですが、やや地味なパッケージのためか、意外と見落としがち。しかし隠れた名品とも言うべき人気の理由がいくつもあるんです。 「120キロカロリーとは思えない満足感」 ミニストップの「フローズンヨーグルト」は甘さ控えめで、ヨーグルト本来の酸味をいかした爽やかな味わいが特徴。できるだけ素材の風味をいかすために良質の原料にこだわるのはもちろん、安定剤・乳化剤を使用しないことで、ヨーグルトの味をそのまま感じられるように仕上げているそうです。 店頭ではアイスクリームと一緒に並んでいますが、厳密には発酵乳(生きた菌が入っているヨーグルト)のカテゴリー。そのため他のアイスにはない「賞味期限」があります。 ちなみにこの商品、誕生時から現在まで、味わいはもちろん、容量(120ミリリットル)まで、何ひとつ変わっていないそう。四季を通じておいしく食べられるシンプルなおいしさ、シャーベットタイプの口当たり、カロリー控えめ(120キロカロリー)など、あえて変えないスタイルが長く愛される秘密でもあるようです。 実際にSNS上では、 「ミニストップはソフトクリームよりもフローズンヨーグルトがリーズナブルでカロリーも低くて一番美味しいと思う...」 「ミニストップのフローズンヨ...more
カテゴリー:

「乳化剤」の画像

もっと見る

「乳化剤」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる