「九電工」とは?

関連ニュース

陸上九州実業団 久保山100、200V - 05月20日(月)09:00 

第62回九州実業団陸上競技選手権大会は18、19の両日、北九州市立鞘ケ谷競技場であり、佐賀県関係は女子の久保山晴菜(今村病院)が100メートルと200メートルで優勝、陣内綾子(九電工)も800メートルと1500メートルを制した。 男子は大隈武士(JR九州)が5000メートル競歩で優勝。1万メートルのサイモン・カリウキ(戸上電機製作所)とジュニア5000メートルの吉山侑佑(同)が2位に入った。
カテゴリー:

九電工の指名停止、佐賀市が期間延長 - 05月18日(土)07:15 

佐賀市は17日、福岡県築上町発注のし尿処理施設建設工事を巡る談合事件を受け、九州電力グループの九電工(福岡市)の指名停止期間を1カ月延長し、14カ月間にすることを発表した。新たな容疑で逮捕者が出たことに伴う措置。 市は、九電工の営業所長(当時)が公競売入札妨害の疑いで福岡県警に3月9日に逮捕されたため、同22日から13カ月間、同社を指名停止にしていた。新たに4月3日、営業所長と社員が贈賄や談合の疑いで逮捕され、規定に伴い指名停止期間を1カ月加算した。
カテゴリー:

下野が40年ぶり大会新V 男子走り幅跳び 九州実業団陸上 - 05月19日(日)17:22 

 第62回九州実業団陸上競技選手権(九州実業団陸上競技連盟、毎日新聞社主催)は最終日の19日、北九州市立鞘ケ谷競技場で男女24種目の決勝があった。男子走り幅跳びは下野伸一郎(九電工)が大会新を40年ぶりに更新する7メートル90で優勝。女子は100メートルの久保山晴菜(今村病院)が11秒97で優勝し、
カテゴリー:

九電工東南アジア、5拠点のプロジェクト採算を「mcframe GA」で見える化 - 05月13日(月)16:30 

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(東京都千代田区、取締役社長:大澤 正典、以下 B-EN-G)は、九電工東南アジア(シンガポール、社長:藤延 昭弘)が、東南アジアの5拠点の基幹業務の統一と、プロジェクト毎の原価や採算性の見える化の実現に向けて、グローバル経営管理ソリューション「mcframe GA」を情報基盤として採用し、運用を開始したことを発表します。 株式会社九電工(本社:福岡県福岡市)は、2012年にマレーシアとベ...
カテゴリー:

「九電工」の画像

もっと見る

「九電工」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる