「久米島」とは?

関連ニュース

家畜人工授精師295人が検査対象 久米島、和牛の血統不一致問題 - 07月08日(水)18:50 

 久米島町内で相次いだ和牛の血統不一致問題について、県が県内で実働している家畜人工授精師295人を対象に立ち入り検査を実施し、6月末までに269人の検査を終了していることが分かった。長嶺豊農林水産部長が、中川京貴氏(沖縄・自民)、次呂久成崇氏(沖縄・平和)に答弁した。  県は久米島町以外の地域での...
カテゴリー:

移住促進へ「空き家バンク」 久米島町、最大50万円補助 - 07月03日(金)16:13 

 【久米島】久米島町では本年度から久米島町空き家活用促進補助金制度を新設した。これは町内にある空き家を有効活用することで、移住・定住を促進し人口減少に歯止めをかけることが目的。  制度は町の「空き家・空き地バンク」に空き家の所有者や利用希望者が申請し、登録された物件の改修や家財撤去などの費用の半額...
カテゴリー:

イモトジャパンツアー in 沖縄 - 06月29日(月)10:03 

ワールドツアーに出られないイモトは、目指せ47都道府県制覇、珍獣ハンターイモトジャパンツアーへ。記念すべき1回目は、沖縄からお届け!イモトを探せば沖縄屈指の観光スポット・玉泉洞。今回は知られざる沖縄の魅力に迫るツアー。まずご紹介するのは沖縄空手の道場「上地流空手道拳優会」の会長「絶対痛くない男」新城清秀さん。硬い角材で打たれても涼しい顔。そんな会長、来るとわかっている痛みには強いかもしれないが、不意に襲う痛みはどうなのか?ビリビリペンでのドッキリ敢行!そんな沖縄ですごいお弁当を発見。地元で人気の「山ちゃん弁当」、450円で驚くべきボリューム。続いてはフリースタイルバスケットボールのパフォーマー、JJさん!足の上に載せた器具に8個、両手人差し指に2個、合計10個のボール同時回しに成功!JJさん、さらにどうしてもやりたいというヒップスライディングバスケットボール回しにも挑戦。続いては沖縄の海の幸!宮古島の漁師・砂川博一さんの魚を捕る方法は…海中フィッシング!見つけたウツボの鼻先に餌の付いた針をぶら下げる、すると…ウツボが食らいついた!ものすごいパワーで穴の奥に入り込もうとするウツボを大人2人がかりで一気に引く!見事釣り上げたウツボは砂川さん特製の「たたき」に。そしてイモトが沖縄を訪れていた6月21日、新月ということで池間島では陸に住むオオガニが群れをなして産...more
カテゴリー:

久米島、サンゴが大量産卵 海中を彩る命の神秘 - 07月05日(日)13:15 

 【久米島】久米島町でサンゴの産卵があり、6月11日の夜、久米島町地域おこし協力隊(サンゴ保全・再生スタッフ)の黒木恭子さんらが確認した。  サンゴは年に一度だけ5~7月満月の前後に産卵する。ハテの浜近くの海域で午後10時ごろからミドリイシ科のサンゴなどの放卵・放精があった。  黒木さんは「今回の産卵で少...
カテゴリー:

久米島クイズに答えて応募!沖縄フェア『プレゼントキャンペーン』 ~都心の大人のスパ施設(池袋)タイムズ スパ・レスタ - 06月30日(火)17:00 

東京都豊島区池袋にある「タイムズ スパ・レスタ」では、2020年6月1日から8月31日まで開催している「沖縄フェア」において、「プレゼントキャンペーン」を実施しています。 本企画は、“久米島クイズに答えて応募”していただくプレゼント企画です。沖縄に関する様々な商品が抽選で当たります。沖縄フェアでは、本キャンペーン以外にも久米島に関する企画として、沖縄・久米島海洋深層水のイベントバスや、久米島海洋深層水を使った商品の販売なども行っています。 今年で6回目となる沖縄フェアでは“都心のスパでリゾート気分”をコンセプトに、都会にいながらもリゾート地にいるようなリラックスした気分を楽しんでいただける様々な企画を行っています。スパ全体が五感で沖縄を楽しんでいただける雰囲気になり、スタッフは「かりゆしウェア」でみなさまをお迎えいたします。“久米島クイズに答えて応募”プレゼントキャンペーン 実施内容「久米島クイズ」に答えて、ご応募いただいた中から抽選で、沖縄に関する素敵な賞品をプレゼントします。対象:一般利用で入館のお客様(スピード利用を除く)実施期間:2020年6月1日(金)~8月31日(金)★プレゼント賞品(一例)・OKINAWAお楽しみセット・シークワーサー商品セット・久米島『ハテの浜』モチーフのマフラータオル(今治タオル) ・カヌチャリゾートオリジナル「カヌ茶」・沖縄のサンゴを使った携帯用...more
カテゴリー:

【生物】猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加 その正体は… - 06月21日(日)18:50  scienceplus

 鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1カ月以上続く人も。とても小さく、気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから被害を防止するのが難しいという。住民から対策を求める声も上がるが、その生態には謎が多く、自治体は対応に苦慮している。  ■駆除求める嘆願  その虫の正体はハエの仲間「ヌカカ」。体長1~2ミリの小さな虫で、網戸を簡単にすり抜ける。かまれると赤くなり、人によってはかゆ...
»続きを読む
カテゴリー:

「久米島」の画像

もっと見る

「久米島」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる