「主戦場」とは?

関連ニュース

上位100社で6000億円突破 新制度追い風にメーカー台頭、ウェブ主戦場に急成長果たす企業も - 10月17日(木)15:10 

 通販新聞社が行った2018年度の「健康食品通販売上高ランキング調査」は、前回調査(80社)と比較可能な上位80社の売上高総計が前回調査比8・4%増となる6153億6400万円だった。15年に始まった機能性表示食品制度を追い風に、拡大したとみられる。市場は、研究開発力を強みに独自色を発揮するメーカーの台頭が目立つ。一方、ウェブ周辺では新たなマーケティング手法を積極的に取り入れる新興企業が台頭しており、勢力図が変化しつつある。(※表は週刊通販新聞本紙で掲載した1~100位までの売上高ランキングの中から上位20位のみを掲載。21位~100位は本紙のみに掲載しております)
カテゴリー:

慰安婦問題に迫る「主戦場」の上映会 26日に沖縄・名護 - 10月15日(火)09:07 

 【名護】日本軍の慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー「主戦場」の上映会が26日、名護市の名桜大学多目的ホールである。台湾における日本軍の慰安婦問題を題材とした「葦の歌」も同時上映する。開場は午前9時半、「主戦場」は10時、「葦の歌」は午後0時半から。いずれも北部地区で初の上映。  「主戦場」は米国出身の...
カテゴリー:

「相手を傷つける格闘技って文脈がある表現なんです」。青木真也の"表現の自由"はリング上だから輝く - 10月13日(日)09:21 

格闘家の青木真也が10月13日、東京・両国国技館で『ONE Championship』のリングに上がる。2019年はONEで3月にチャンピオンベルトを巻きながらも、5月に敗北。リベンジマッチとなる今回は、決して有利な戦いではない。青木のプレースタイルは批判を呼びやすい。相手の骨を折ったあと、中指を立てた2009年の「廣田瑞人戦」や、反則すれすれのやり方で戦った2010年の「長島☆自演乙☆雄一郎戦」などがそうだ。「格闘技は俺にとって表現だ」と青木真也は言う。うん…? 表現?そういえば、最近はアート界での表現の自由が話題だ。人と人が取っ組み合い、時には相手を傷つける格闘技が「表現である」とはどういうコトなのだろうか。ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎が聞いた。執筆:石川 香苗子 ( @KANAKOISHIKAWA )パンツ1枚でリングに上がる格闘技とは、表現である――青木さんは30代半ばになってからも、積極的にリングに上がり続けています。なぜですか。別に世界で一番になりたいからとか、殴ることが俺の存在意義だからとかじゃないです。俺はもともとプロレスファンだったんですけど、プロレスが紡いでいく物語にひかれて、その延長で格闘技をやっている感じなんですよね。格闘技は暴力じゃなくて、パンツ1枚でリングに上がる表現だと思っています。メッセージ性が強いし、己の人間性とか性格が丸ごと出...more
カテゴリー:

【サッカー】酒井に「関心を強めなければならない」 英メディアがプレミアクラブに獲得を猛プッシュ - 10月11日(金)08:21  mnewsplus

クリスタル・パレスに酒井獲得を進言 「欧州で積み上げた経験値は貴重な資産となる」」 日本代表DF酒井宏樹は不動の右サイドバック(SB)としてマルセイユで立場を確立している。今夏には強豪トットナム加入が取り沙汰されていたものの、最終的には残留することになった。しかし、プレミアリーグへの移籍の可能性は依然として残っているのかもしれない。英メディアはクリスタル・パレスに酒井獲得を猛プッシュしている。 2016年にハノーファーからマルセイユに移籍した酒井は、即戦力として右SBの主力に定着。今夏はトットナムがイ...
»続きを読む
カテゴリー:

【RIZIN】ヒョードルが年末大会参戦「日本でのラストマッチ」 - 10月07日(月)22:43  mnewsplus

RIZIN FFは7日、年末の開催を予定するさいたまスーパーアリーナ大会に、エメリヤーエンコ・ヒョードル(43=ロシア)が参戦すると発表した。 ヒョードルは2012年6月に一度は引退を表明するも、15年大みそかのRIZINで復帰。その後は米国の格闘技団体「ベラトール」を主戦場にしていた。 4年ぶりとなる日本マット参戦にヒョードルは「日本でのラストマッチになる」と明言。9日には都内で会見予定で、対戦相手を誰が務めるのか注目を集めそうだ。 https://news.livedoor.com/article/detail/17197411/ 東ス...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】広島佐々岡新監督、ブスのくせにせっかく開花した西川にまた三塁挑戦させてしまう - 10月16日(水)09:35  livejupiter

広島佐々岡新監督の狙い 西川、磯村が本職外ノック https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-10140609-nksports-base > 広島佐々岡真司新監督(52)のカラーが早くも出た。今季打撃で好結果を残した > 西川、磯村2選手が、本職とは違うポジションでノックを受けた。 > 西川は今季中堅のレギュラーを奪い、初めて規定打席に到達して2割9分7厘の高打率を記録。 > 一昨年まで主戦場とした三塁再挑戦となる西川が「プラスに考えたい」と前向きにとらえれば、 > 磯村も「僕にとってはいいことだと思ってやろうと...
»続きを読む
カテゴリー:

伊藤隼太さん(30)、終戦について語る - 10月14日(月)08:29  livejupiter

ithayata 今日のCSでの敗戦により、今シーズンのタイガースの戦いが終わりました。 それとともに、自分の今シーズンも終了しました。 今年は入団して以来初めて、一軍での出場なしというとても屈辱的で悔しいシーズンとなってしまいました。全て自分の責任であり、自分の甘さから来た結果です。 この結果を真摯に受け止め、今は来年以降もう一度、あの甲子園の大歓声の中でプレーするため、日々レベルアップに励んでいます。 ファームでも中々結果が出ず、もがき苦しんでいる自分に対しても、前向きな声援、激励をしてくれたファン...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪内定の野口が国体で見たもの「運命的なタイミング」 - 10月11日(金)12:00 

 2020年東京五輪の代表に内定したスポーツクライミングの野口啓代(TEAM au)が、地元開催の茨城国体に出場した。主戦場にしてきた国際大会と比べれば、舞台は小さい。それでも「もう本当に、運命的なタ…
カテゴリー:

【サッカー】中島翔哉、なぜ存在感が希薄に? 日本代表で実践した“ポルトロール”がもたらしたもの - 10月11日(金)07:26  mnewsplus

2022年カタールワールドカップのアジア2次予選が10日に行われ、日本代表がモンゴル代表に6-0の完勝を収めた。 6選手が6得点を奪う大勝劇。MF南野拓実やFW永井謙佑がゴールを挙げ、MF伊東純也は3アシストと気を吐いた。 DF吉田麻也やDF長友佑都も久々のゴールで歓喜の輪の中心にいたが、 これまで日本代表の攻撃において絶大な存在感を放っていたMF中島翔哉は、記録の上では1アシストのみだった。 確かに得点に絡んではいる。後半にコーナーキックからMF遠藤航の日本代表初ゴールをお膳立てするなど、 セットプレーのキッカーとし...
»続きを読む
カテゴリー:

【先端科学】次世代加速器 日中が競合 日本、巨額費用がネック 大量のヒッグス粒子を作り調べる 医療や新素材開発など応用 - 10月07日(月)05:08  newsplus

次世代加速器 日中が競合 日本、巨額費用がネック 東京新聞 2019年10月6日 朝刊 https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201910/CK2019100602000118.html 王貽芳氏=坪井千隼撮影  【北京=坪井千隼】中国が世界最大の加速器「CEPC」の開発に乗り出すのは、加速器が現代物理学の主戦場であり、 基礎科学にとどまらず新産業を生み出す技術革新に直結するからだ。 トランプ米政権は、米国の覇権を脅かすとして中国の産業育成策「中国製造2025」に警戒を強めるが、 CEPCが完成すれば、ハイテク産業の基...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「主戦場」の画像

もっと見る

「主戦場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる