「主力事業」とは?

関連ニュース

ヤマダ電機「これからは“高級家電量販店”になります!」 - 12月15日(日)20:10  poverty

家電量販店最大手のヤマダ電機が、経営再建中の大塚家具の子会社化を決めた。主力事業の家電販売は市場の停滞が続く。 次の事業の柱に育てたい住宅関連事業は高級住宅を手掛ける企業を8年前に買収して本格参入したものの、狙い通りの成果をあげきれていない。 底上げに向けて大塚家具のブランド力や販売ノウハウを生かしたい考えだが、安売りイメージが根強いヤマダの高級路線への再挑戦は成功するか。 「まさか出資を了承してく… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53384600V11C19A2TJC000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

太陽誘電、2021年度中に全固体リチウムイオン電池量産開始。なおデジカメ用電池くらいのサイズ - 12月14日(土)16:47  news

太陽誘電は2019年12月、積層セラミックコンデンサー(MLCC)で培った材料技術やプロセス技術を応用し、全固体リチウムイオン二次電池(全固体電池)を開発したと発表した。 2020年度中にもサンプル出荷を始め、2021年度中に量産を開始する予定である。 開発した全固体電池は、外形寸法が4.5×3.2×3.2mmの4532サイズや1.0×0.5×0.5mmの1005サイズが中心となる。 セパレーターを不要にする独自の酸化物系固体電解質セラミックスを用いたり、積層プロセスを採用したりすることで、全固体電池の小型化と大容量化を両立させることが可能と...
»続きを読む
カテゴリー:

イチネンHD--- ニュージーランドでの中古車販売事業を拡大 - 最新株式ニュース - 12月13日(金)16:32 

<9619>  イチネンHD  1505  +16イチネンホールディングス<9619>はニュージーランドでの中古車販売事業が拡大している。同社は主力事業である自動車リース関連事業において、リース契約が満了した車両や他社から仕入れた中古車の販売を行っている。こうしたなか車両の販売ルートの多様化と収益性の向上を目的として2016年12月にニュージーランドにおいて会社を設立し、自社で直接海外へ販売するル
カテゴリー:

社内システムの煩雑なパスワード管理から解放するFIDO2認証アプライアンスサーバー共同開発、4月発売 - 12月09日(月)14:00 

2019年12月9日 株式会社インフィニコ 「FIDO2認証アプライアンスサーバー」を共同開発 2020年4月発売予定  株式会社インフィニコ(代表取締役社長 越邑哲也 1997年設立)は、株式会社ソフト技研(代表取締役 藤田法夫 1983年設立)が提供する「YubiOn FIDO2®Server」を搭載したFIDO2認証アプライアンスサーバーを共同開発し、企業内でのFIDO2認証の利用を加速します。  企業インフラに欠かせない基幹ネットワーク管理テクノロジーをアプライアンス形態で提供するインフィニコ。ネットワーク管理のTCO削減、可視化、可用性向上によるネットワークの安定稼働といったICTソリューションで企業のビジネスを支援してきましたが、今般新たに最新のパスワードレス認証方式であるFIDO2認証を実現できるソフト技研開発のFIDO2「YubiOn FIDO2®Server」を弊社のアプライアンスサーバーに実装し販売することを決定しました。  FIDO2認証のアプライアンスサーバーを市場に投入することで、大小問わず様々な規模の企業・部署・グループユーザにて世界最先端の認証を簡単に設置、利用が可能となり、より安全なパスワードレス社会の実現が加速します。 ※「YubiOn」は株式会社ソフト技研の商標登録です。 【FIDO2認証アプライアンスサーバー導入効果】 ・数...more
カテゴリー:

エスプール---台湾の世霹有限公司へ出資、連結子会社に - 最新株式ニュース - 12月06日(金)15:46 

<2471>  エスプール  729  +14エスプール<2471>は4日、越境ECサイト製作や運営代行などを展開する台湾の世霹有限公司(Shipeee)へ出資することを発表。出資額は2000万円。Shipeeeは同社の連結子会社となる。同社の子会社エスプールロジスティクスは、国内通販事業者向けのフルフィルメントサービスを主力事業としており、通販事業者よりニーズの高い台湾向け越境ECサービス強化に
カテゴリー:

【企業】太陽誘電、2021年度中に全固体電池を量産開始 - 12月14日(土)22:58  newsplus

太陽誘電は2019年12月、積層セラミックコンデンサー(MLCC)で培った材料技術やプロセス技術を応用し、全固体リチウムイオン二次電池(全固体電池)を開発したと発表した。2020年度中にもサンプル出荷を始め、2021年度中に量産を開始する予定である。  開発した全固体電池は、外形寸法が4.5×3.2×3.2mmの4532サイズや1.0×0.5×0.5mmの1005サイズが中心となる。セパレーターを不要にする独自の酸化物系固体電解質セラミックスを用いたり、積層プロセスを採用したりすることで、全固体電池の小型化と大容量化を両立させることが可能となっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【食】食肉大手も参入、高まる代替肉人気 健康的なものを食べたいというライフスタイルの選択 米国 - 12月14日(土)11:51  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000011-jij_afp-int  ベジタリアン向けハンバーガーやソーセージの人気が高まる中、大手食肉会社も代替肉市場に参入し始めている。 ブラジルの食肉最大手JBSは今年の夏、国内でビート、ニンニク、タマネギを使って肉の味を再現したソイバーガーを発売した。 一方、米食肉最大手タイソン・フーズ(Tyson Foods)も6月から、植物由来のたんぱく質と肉、野菜を組み合わせた加工製品を新ブランド 「レイズド・アンド・ルーテッド(Raised & Rooted)」で販売している。 肉の缶詰「スパ...
»続きを読む
カテゴリー:

都内〜成田間の往復空港シャトルの片道約4000円をアマギフ還元、NearMeがキャンペーンを実施 - 12月13日(金)10:27 

タクシー相乗りアプリ「nearMe.」(ニアミー)を開発・提供するNearMeは12月13日、成田空港〜都内の往復送迎の利用者の先着100名限定で、片道が実質無料になるキャンペーンを開始した。本日から12月25日23時59分までの10日間予約を受け付けるが、指定できる乗車日時は12月16日〜2020年5月14日の約半年間と長い。ただし、乗車日の2日前までに予約が必要だ。 具体的には、往復の予約・配車が完了し、アンケートに答えた場合に限り、総額の半額相当をアマゾンギフト券にてキャッシュバックするというもの。なおNearMe側の都合でシャトルを片道しか使えなかった場合も、特例として総額の半分相当を同様の方法で還元する。 都内の発着場所として利用できるのは、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区の15カ所。ホテルはもちろん、自宅近辺での乗車も可能だ。成田空港の発着場所は、第1、第2、第3の各ターミナル。費用は1人あたり片道3980円、往復7960円なので、アマゾンギフト券で還元されるのは3980円ぶんとなる。 NearMeは主力事業であるタクシー相乗りサービスのほか、同サービスで培ったマッチングやルート最適化のテクノロジーを活用し、東急や京急のグループ会社と組んだオンデマンド型シャトルサービスを展開してい...more
カテゴリー:

デジハHD---上期は攻めの投資を継続、下期は大幅な利益回復基調へ - 最新株式ニュース - 12月09日(月)08:57 

<3676>  デジハHD  1075  0デジタルハーツホールディングス<3676>の2020年3月期第2四半期累計(4月−9月)決算は、売上高は10,222百万円(前年同期比9.5%増)、営業利益518百万円(同33.3%減)、経常利益513百万円(同32.0%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益277百万円(同45.4%減)で着地した。同社は現在、「第二創業期」として、主力事業であるエンタ
カテゴリー:

アトラエ---独自性の高いPeople Tech事業で注目を集めるITベンチャー企業 - 最新株式ニュース - 12月06日(金)08:34 

<6194>  アトラエ  3760  0アトラエ<6194>は、人材サービスとテクノロジー(Human Resources×Technology、HR Tech)を掛け合わせたサービスを提供するITベンチャー企業である。2018年9月期に、“テクノロジーによって人の可能性を拡げる事業を創造していく”という想いを込め、「People Tech Company」として自社を再定義した。主力事業である
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「主力事業」の画像

もっと見る

「主力事業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる