「丹下左膳」とは?

関連ニュース

〈有明抄〉脱ハンコ - 10月19日(月)05:15 

活字文化が全盛だったころ、流行作家の逸話には信じがたいものがある。『丹下左膳』の林不忘は複数のペンネームで連載を抱え、毎日締め切りに追われていた。鎌倉の自宅に原稿をもらいにきた編集者が早く東京に帰社できるよう、山にトンネルを掘った◆忙しすぎて執筆中に眠ってしまうので、水風呂に漬けられたのが吉川英治。本を出版する際には家中がもうもうと白くかすんだ。むかしは発行部数を確認するため、著者が奧付に検印しなければならなかった。
カテゴリー:

「丹下左膳」の画像

もっと見る

「丹下左膳」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる