「中食市場」とは?

関連ニュース

エヌピーディー・ジャパン、最新外食・中食レポート「2020年3月の市場動向、外食・中食売上は20%減、外食売上は33%減で大打撃」を公表 - 05月07日(木)14:00 

外食・中食市場情報サービス『CREST(R)*1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(東京都港区、トーマス・リンチ代表)は、外食・中食市場2020年3月の動向分析レポートを2020年5月7日に公表します。本分析レポートでは、大きく以下のことが分かります。コロナウィルス感染拡大の影響を大きく受けた2020年3月の外食・中食市場は、売上が20.4%減少しました。外食売上は32.6%減少しました。業態別の売上は、ファストフード+セルフカフェのテイクアウト・出前が16%増で躍進。食機会別では、昼食の食機会数が最も減少しました。外食・中食市場の2020年3月は、売上20.0%減外食・中食市場全体の2020年3月の前年同月比(図表1)をみると、売上(金額市場規模)が20.4%減少、客数(食機会数)が12.4%減少しました。内訳として、外食(購入場所で喫食。コンビニやスーパーなどのイートイン含む)売上は32.6%減少、客数(食機会数)は28.9%減少しました。ファストフード+セルフカフェのテイクアウト・出前が16%増加業態別の3月の売上前年同月比をみると(図表2)、ファストフード+セルフカフェのテイクアウト・出前計が16%増と大幅に増加した一方で、居酒屋+バーのイートインは45%減、その他フルサービスレストランのイートインは36%減と大きく落ち込みました。昼食は16%減で最も食機会数が減...more
カテゴリー:

「中食市場」の画像

もっと見る

「中食市場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる