「中部電力」とは?

関連ニュース

「欧米の電力ビジネスと中部電力の技術戦略」と題して中部電力株式会社 技術開発本部技術企画室企画グループ 課長 市川 英弘氏のセミナーを9月26日(木)に紀尾井フォーラムにて開催!! - 07月16日(火)09:20 

[株式会社 新社会システム総合研究所] <セミナー詳細> http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19271.html ■開催日時 2019年 9月26日(木) 午後2時~午後4時 ■会場  紀尾井フォーラム 千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F ...
カテゴリー:

ALSOKも出資のディーカレットが32億円調達、仮想通貨の決済技術開発にアクセル踏む - 07月11日(木)18:59 

仮想通貨(暗号通貨)の取引・決済サービスを提供しているディーカレットは7月11日、総額32億円の資金調達を実施した。出資企業は、筆頭株主であるインターネットイニシアティブのほか、KDDI、コナミホールディングス、住友生命保険、大同生命保険、明治安田生命保険、中部電力、阪急阪神ホールディングス、松井証券、エネルギア・コミュニケーションズ、綜合警備保障(ALSOK)、凸版印刷の計12社。 今回の調達した資金は開発体制を強化に当て、デジタル通貨の新たな決済プラットフォーム開発を進める。より多くの企業からの出資を受けることで、仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大する狙いがある。 同社のサービスは、資金の預け入れを銀行だけなく、金融機関を利用したペイジー入金、ローソン、ファミリーマートなどで依頼できるコンビニ入金を用意しているほか、日本円への出金機能も備える。QRコードを使った送金も可能だ。
カテゴリー:

ディーカレット、総額34億円の第三者割当増資による資金調達を実施 〜引受先はKDDI・コナミ・住友生命・中部電力・松井証券・ALSOKなど12社 - 07月11日(木)15:30 

仮想通貨交換所DeCurretを運営する株式会社ディーカレットは7月11日、第三者割当増資によって総額34億円の資金調達を実施することを発表した。引受先は同社の筆頭株主である株式会社インターネットイニシアティブを含む12社。資金調達の目的は、デジタル通貨の新たな決済プラットフォーム開発を加速するための開発体制の強化としている。出資企業と協業し取引と決済の融合を実現していくという。
カテゴリー:

岐阜市、中部電力がGPS子供見守りサービス - 07月11日(木)11:52 

中部電力は、岐阜市と岐阜市PTA連合会と連携し、GPS位置情報を活用した「子どもの登下校安全確保事業」を開始することを発表した。
カテゴリー:

株式会社技術情報センター主催のセミナー 「ブロックチェーン×エネルギービジネスの最新動向と活用事例」にて、 RAUL株式会社代表の江田健二が講師を務めます - 07月09日(火)18:00 

RAUL株式会社代表の江田健二が、8月22日(木)に行われる株式会社技術情報センター主催のセミナー「ブロックチェーン×エネルギービジネスの最新動向と活用事例」で講師を務めます。このセミナーでは、4名の講師が登壇し、江田はエネルギー業界とブロックチェーンの最新動向について国内外の事例を挙げながら解説いたします。【開催日時】 2019年8月22日(木) 10:00~16:50【会 場】 東京・新お茶の水・連合会館(旧 総評会館)・会議室【申し込み】 https://www.tic-co.com/seminar/20190811.html【受 講 料】 49,680円(1名につき)同時複数人数お申込みの場合1名につき44,280円※テキスト代、昼食代、お茶代、消費税含む【セミナープログラム】10:00 ~ 12:00 エネルギー業界とブロックチェーンの最新動向1.エネルギー業界の今後(国内、海外)2.ブロックチェーンとは3.エネルギー業界との可能性と親和性4.超えるべき壁5.エネルギー業界にブロックチェーンが浸透する3ステップ6.海外、国内先進事例(ステップ1~3)7.今後のエネルギー像8.質疑応答・名刺交換13:00 ~ 14:00 ブロックチェーンを活用した卒FIT電力のP2P取引の検証1.シェアリングエネルギー社の取り組み(シェアでんき、卒FIT買取、VPPモデル、P2P電力取引)...more
カテゴリー:

中部電で不正ログイン 顧客の氏名や住所など個人情報流出 最大234人 - 07月12日(金)18:43 

 中部電力は12日、家庭向けインターネットサービスで不正ログインがあり、顧客の氏名や住所など最大234件の個人情報が流出したと発表した。金銭的な被害は確認されていないという。被害が多かったのは愛知県が104件、静岡県が37件、岐阜県が35件。
カテゴリー:

仮想通貨取引所ディーカレット、大手企業ら12社から総額34億円の資金調達を実施【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 07月11日(木)16:30 

ITサービス大手のインターネットイニシアティブ<3774>を筆頭株主とする仮想通貨取引所ディーカレットは11日、総額34億円の第三者割当増資による資金調達を実施すると発表した。出資企業は、インターネットイニシアティブのほか、KDDI<9433>、コナミホールディングス<9766>、住友生命保険相互会社、大同生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、中部電力<9502>、阪急阪神ホールディングス<
カテゴリー:

名古屋・港区で一時1950戸停電、信号機も - 07月11日(木)12:12 

 中部電力によると、11日午前11時5分ごろ、名古屋市港区の1950戸が停電した。愛知県警によると国道23号上など最大で7カ所の信号機も停電し、港署員らが手信号で交通整理をしている。 中部電力名古屋支…
カテゴリー:

「中部電力の事業創造への取り組み」と題して中部電力株式会社 事業創造本部 部長 樋口 一成氏のセミナーを8月30日(金)にAP虎ノ門にて開催!! - 07月11日(木)09:20 

[株式会社 新社会システム総合研究所] <セミナー詳細> http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_19303.html ■開催日時 2019年 8月30日(金) 午後2時~午後4時 ■会場  AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル 中部電力は、経営ビ...
カテゴリー:

【電力】原発 未知の活断層対策 再稼働に影響も【もっと安全に】 - 07月08日(月)12:29  bizplus

原子力規制委員会の検討チームが8日、「未知の活断層」を巡る対策強化を促す報告書案をまとめた。規制委は原子力発電所の耐震性の再評価を電力会社に求める方針で、追加工事の必要性や再稼働への影響が今後の焦点となる。電力業界からは再評価に最大1年、工事が必要な場合は最大7年超の時間が必要になるとの声が出ている。 規制委はこれまでも最新の知見に基づいて規制を見直してきた。今回は未知の活断層への対策強化にどの程度の猶予期間を規制委が設定するか注目される。 「場合によっては6、7年を超える可能性もある」。九州電力...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中部電力」の画像

もっと見る

「中部電力」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる