「中西部」とは?

関連ニュース

中国では、2021年から教育部直属の師範大学と地方.. - 08月03日(火)19:22 

中国では、2021年から教育部直属の師範大学と地方の師範学校を対象に、貧困基準を脱したが、元々貧困地区だったエリア832の県に対して、毎年小中学校の教員1万人を養成し、中西部の教育レベル向上を目指す。6年以上の赴任が条件で、学費などが免除・寮費等免除し生活費も。
カテゴリー:

「我々は1日中、1年中ブラック」:非白人経営のクリエイティブショップ創業者 ブリタニー・ボスコ氏 - 08月01日(日)12:00 

スラッグ・グローバルはアトランタとロサンゼルス、そして米中西部一帯に拠点を構える、ブラック&ブラウン経営の、クリエイティブによるクリエイティブのためのショップ。米DIGIDAYは、POC経営における挑戦や困難について、創業者のブリタニー・ボスコ氏に話を伺った。 The post 「我々は1日中、1年中ブラック」:非白人経営のクリエイティブショップ創業者 ブリタニー・ボスコ氏 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

ヤクザになりたい!!!ヤクザになる方法教えろ!!!!!!!!!!!!!!!任侠道を極めるんだ - 07月31日(土)19:29  poverty

https://webronza.asahi.com/science/articles/2019090600003.html 米国で鎮痛薬の大手メーカーに巨額制裁金判決 依存性の説明不十分とジョンソン・エンド・ジョンソンに約600億円 痛み止めとして使われる医療用麻薬「オピオイド」の依存症が深刻な問題となっている米国で、依存症になるリスクを正しく伝えずに宣伝・販売して被害を引き起こしたとして米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に5億7200万ドル(約600億円)の制裁金支払いを命じる判決が8月26日に出た。米中西部オクラホマ州が同州の地区裁判所に起こ...
»続きを読む
カテゴリー:

クロマグロ、太平洋の漁獲枠15%拡大 WCPFC作業部会で合意 - 07月29日(木)18:57 

 太平洋クロマグロの資源管理を協議する中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)の北小委員会などの合同作業部会は29日、大型魚の漁獲枠を一律15%拡大することで合意した。日本は資源が回復傾向にあるとして20%の増枠を提案していた。
カテゴリー:

【水産資源】マグロ漁獲枠拡大を議論 日本提案も反対強く難航の予想 - 07月27日(火)10:25  newsplus

太平洋クロマグロの資源管理を話し合う中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会などの合同作業部会が27日、ウェブ会議形式で開かれた。日本は資源が回復傾向にあるとして20%の漁獲枠拡大を提案。増枠提案は4年連続だが、過去3年は米国などの反対で見送られており、今回も交渉は難航が予想される。会議は29日まで3日間の予定。 (続きはソースでお読みください) 産経ニュース https://www.sankei.com/article/20210727-SDKRRIA4LNKN3GFN5W2BMHDHM4/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「鳥脳」をもつ者が、恐竜を絶滅させた隕石から生き延びたという研究 - 08月02日(月)12:01 

Credit: Christopher Torres / The University of Texas at Austin(2021) 全ての画像を見る今から約6600万年前、地球に巨大隕石が衝突し、恐竜を含む多くの生物が絶滅しました。 その中で生き残ったのが、現生鳥類の祖先たちです。 中には絶滅した鳥類もいましたが、現代につながる多くの鳥たちが生き残りました。 はたして、両者の命運を分けたものは何だったのか、テキサス大学オースティン校(University of Texas at Austin )は、新たに発見された絶滅鳥類の化石をもとに調査を開始。 その結果、「鳥脳(Birdbrain)」を持っていたかどうかが、絶滅と生存の道を分けた可能性が示唆されました。 研究は、7月30日付けで科学誌『Science Advances』に掲載されています。 目次 「鳥脳」が生存と絶滅の命運を分けた? 「鳥脳」が生存と絶滅の命運を分けた? 新たに見つかった化石は、約7000万年前の「イクチオルニス(Ichthyornis)」のほぼ完全な頭蓋骨です。 イクチオルニスは、白亜紀後期(9600万~6600万年前)に、今日のアメリカ中西部・カンザス州に生息していました。 絶滅した鳥類であり、現生鳥類につながる子孫はいません。 鳥類と鳥類型恐竜の合体したような見た目をしており、くちばしに...more
カテゴリー:

葬儀場前で銃乱射、4歳女児ら5人が負傷 米インディアナ州 - 08月01日(日)11:47 

米中西部インディアナ州の州都インディアナポリスの警察によると、同市内の葬儀場前で31日、正体不明の男が銃を乱射し、子どもを含む少なくとも5人が負傷した。 警察の報道官が記者会見で語ったところによると、発砲の通報を受けて警官が出動し、撃たれた負傷者3人を発見。3人はそれぞれ病院へ運ばれた。 このうち4歳の女児は重体、16歳の少女と成人男性の容体は安定している。 さらに、銃弾で傷を負った2人が相次...
カテゴリー:

クロマグロ大型魚15%増枠 日本提案一部実る - 07月29日(木)19:51 

 太平洋クロマグロの漁獲管理を話し合う国際会議が29日閉幕し、日本近海を含む中西部太平洋で、大型魚(30キロ以上)の漁獲枠を一律15%増とすることに合意した。水産庁によると、日本の増加分は732トン。水産資源が回復傾向にあるとして増枠を求めた日本の提案が一部認められた。小型魚は現行規制を維持する。年内に開く上部会合で承認されれば、正式決定となる。
カテゴリー:

電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第15回目を実施 - 07月28日(水)11:15 

2021年7月28日 株式会社 電 通  株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、2021年6月下旬、全国20〜69歳の男女1,000名を対象に「COVID-19生活者意識ナビゲーター(第15回日米比較編)」を実施しました。  本調査は、電通グループの海外事業を統括する電通インターナショナル社(旧:電通イージス・ネットワーク社)の米国拠点Dentsu U.S.が米国において、新型コロナウイルスによる生活者意識の変化を20年3月下旬から21年6月にかけて20回にわたり調査したものとほぼ同じ内容を日本国内でも調査したものです。前回の5月中旬に引き続き、日本での第15回目の調査を6月下旬(国内の1日当たり新規感染者数が2,000人前後となり、緊急事態宣言からまん延防止等重点措置へ移行した時期)に行いました。比較対象である米国の第20回目は6月上旬に調査を行いました。  第15回調査の主なファインディングスは以下の通りです。なお、一部の調査項目は情勢を鑑みながら追加・変更を行っているため、設問によっては比較可能な項目がある回との比較を行っております。   <主なファインディングス> 1.生活者の心理ステージは、日本ではステージ3「順応・適応」、ステージ4「収束の兆し」のポイントが上昇。ステージ4、ステージ5「収束後の生活へ」の割合が12%に達した。一方、米国で...more
カテゴリー:

マグロ漁獲枠の20%拡大提案 日本、国際資源管理作業部会に - 07月27日(火)10:25 

 太平洋クロマグロの資源管理を話し合う中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)の北小委員会などの合同作業部会が27日、ウェブ会議形式で開かれた。日本は資源が回復傾向にあるとして20%の漁獲枠拡大を提案。増枠提案は4年連続だが、過去3年は米国などの反対で見送られており、今回も交渉は難航が予想される。会
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる