「中日本高速道路」とは?

関連ニュース

12月14日開通の東海環状道 大野神戸IC~大垣西ICを写真で紹介。開通延長は100km超えに - 12月10日(火)18:41 

 国土交通省とNEXCO中日本(中日本高速道路)名古屋支社は、12月14日15時に開通する東海環状自動車道(C3)の大野神戸IC(おおのごうどインターチェンジ)~大垣西(おおがきにし)IC間を事前公開した。
カテゴリー:

うっかり後戻りに注意 ループ状の新名神・亀山西JCT - 12月05日(木)09:38 

 三重県亀山市の新名神高速道路亀山西ジャンクション(JCT)に、並行する東名阪自動車道と相互乗り入れができるランプウェーが12月21日に完成する。全国的にも珍しいループ状の構造で、中日本高速道路はドラ…
カテゴリー:

笹子トンネル事故から7年、慰霊式 - 12月02日(月)13:22 

 山梨県の中央道・笹子トンネルで天井板が崩落し、男女9人が死亡した事故から7年となる2日、追悼慰霊式が開かれました。  慰霊碑の前で、遺族の代表は改めて「事故の責任を明らかにしてほしい」と述べました。  この事故をめぐっては、中日本高速道路と子会社の保守点検の担当者2人が「不起訴不当」とされ、業務上過失致死傷の疑いで、甲府地検が再捜査しています。(02日11:46)
カテゴリー:

NEXCO中日本向けに「MD30 モバイル路面凍結検知センサ」を納入 - 12月02日(月)11:00 

2019年12月2日 ヴァイサラ株式会社 ヴァイサラ、NEXCO中日本向けに「MD30 モバイル路面凍結検知センサ」を納入 --- 冬期道路の除雪作業の最適化に活用 ---  ヴァイサラ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ヴェリ・ソレフマイネン、以下ヴァイサラ)は、中日本高速道路株式会社(以下NEXCO中日本)に、小型複合モバイルセンサを納入しました。  この度納入しました「MD30 モバイル路面凍結検知センサ」(以下MD30)は、厳しい環境下で活動する除雪車などの雪氷車向けに設計されており、車両に設置することで継続的な路面状態監視を行い、道路気象データ(摩擦係数、路面状態、路面膜厚、路面温度、大気温度、露点温度、相対湿度)を計測します。  MD30は、NEXCO中日本の管理する高速道路のより適切で効率的な除雪作業やきめ細やかな情報提供などを目的として活用されます。  MD30の詳細については以下を参照してください。    www.vaisala.com/ja/md30 ■ ヴァイサラについて ヴァイサラ社は、環境/産業計測分野における世界的なリーディング企業です。当社は80年以上にわたる経験を活かし、より良い世界に向けた観測を提供します。ヴァイサラは世界各国のお客様にとって、革新的な観測・計測機器とサービスを総合的に提供できる信頼されるパートナーです...more
カテゴリー:

大井川鐵道C11形312号機、来秋開業「KADODE OOIGAWA」で復元展示へ - 11月27日(水)21:40 

大井川農業協同組合、大井川鐵道、中日本高速道路、島田市の4者連携事業「賑わい交流拠点整備事業」は27日、新施設「KADODE OOIGAWA」内にて、かつて大井川鐵道で営業運転を行っていた蒸気機関車C11形312号機を復元展示すると発表した。
カテゴリー:

東名高速上り線 通行止め解除 #nhk_news - 12月09日(月)18:07 

中日本高速道路によりますと、東名高速道路は静岡県の清水ジャンクションと富士川サービスエリアの間の上り線が事故のため、およ…
カテゴリー:

「息子の死亡届を書く父の背中、忘れない」 笹子トンネル事故7年・追悼慰霊式 - 12月03日(火)09:32 

 9人が死亡した山梨県大月市の中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から7年となった2日、現場近くで追悼慰霊式が開かれ、遺族は癒えぬ悲しみと、トンネルを管理する中日本高速道路への怒りを改めて口にした。【金子昇太】
カテゴリー:

笹子トンネル事故7年で慰霊 犠牲者9人に遺族ら黙とう - 12月02日(月)11:46 

 9人が亡くなった中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故から7年を迎えた2日、山梨県大月市の事故現場近くで、発生時刻の午前8時3分に遺族、中日本高速道路役員ら54人が犠牲者に黙禱(もくとう)を捧げた…
カテゴリー:

国内唯一の大規模鉄道技術展「第6回 鉄道技術展」、社会インフラ構造物、モニタリング、維持管理の技術展「第3回 橋梁・トンネル技術展」が11月27日開幕 - 11月28日(木)14:00 

本日開幕!2年に1度の大規模鉄道技術展安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の大規模鉄道技術展「第6回 鉄道技術展」社会インフラ構造物、モニタリング、維持管理の技術展「第3回 橋梁・トンネル技術展」11月27日(水)~11月29日(金)幕張メッセ5~8ホールフジサンケイビジネスアイ(東京都千代田区大手町/代表取締役社長 鶴田 東洋彦)主催、株式会社シー・エヌ・ティ(東京都千代田区神田須田町/代表取締役社長 田中 雄治)がオーガナイザーを担当する、安全・安心・快適・環境・省エネを追求した国内唯一の鉄道技術の専門展「第6回鉄道技術展」、社会インフラ構造物の長寿命化を支える保全技術展「第3回橋梁・トンネル技術展」が、本日開幕となりました。「鉄道技術展」は、鉄道・交通システムやインフラ技術、施設、電力、輸送、運行管理、車両、インテリア、旅客サービス関連他あらゆる鉄道分野の技術が横断的に会する総合見本市として2010年から開催しています。初回開催時212社・団体の出展から、回を重ねるごとに規模を拡大。前回(2017 年開催)は、525社・団体の出展と32,000名を超える関係者の方に来場いただきました。そして今回は、535社・団体の出展を数えるまでに至りました。「橋梁・トンネル技術展」は、鉄道にも大きく関連する技術テーマに特化した併設展で、次世代につながる橋梁・トンネル建設や維持管...more
カテゴリー:

圏央道/八王子西IC(外回り入口)、11月29日閉鎖解除の見込み - 11月27日(水)18:30 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は11月27日、台風第19号により被災した首都圏中央連絡自動車道(圏央道)八王子西ICの外回り入口について、11月29日15時に閉鎖を解除する見込みとなったと発表した。 <位置図> <被 […]
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中日本高速道路」の画像

もっと見る

「中日本高速道路」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる