「中央銀行」とは?

関連ニュース

日本の輸出規制、3大経済リスクの1つ=韓国中銀 - 07月23日(火)10:57 

韓国銀行(中央銀行)は23日、日本による半導体材料の輸出規制は韓国経済に対する3大リスクの1つとの見方を表明した。
カテゴリー:

【お金の学校】前年同期比68%増加…世界の中央銀行.. - 07月23日(火)07:45 

【お金の学校】前年同期比68%増加…世界の中央銀行が金を買っている理由
カテゴリー:

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第329回 MMTと資本主義 - 07月23日(火)07:03 

改めて、MMT(現代貨幣理論)の論理、厳密には「MMTが説明した現実」を挙げると、(1)「銀行(市中銀行、中央銀行)は、借り手に“書くこと”でおカネを発行している」、(2)「スペンディ...
カテゴリー:

欧州中央銀行、Facebookの「Libra」に対して金融機関の迅速な対応が必要と言及 - 07月22日(月)19:04 

欧州中央銀行の理事メンバーであるBenoit Coeure氏は、「Facebook社の進める仮想通貨プロジェクトLibraに対し、金融分野の規制サイドは迅速に準備をする必要がある」と述べた。7月7日、米経済紙Bloombergが報じている。 同氏はBloombergのインタビューに対して、規制が欠如している中で新しい金融サービスと資産クラスの開発を認めることは無責任だと主張し、金融規制当局はこれまで以上に迅速に対応していかなければならないとしている。また、「Libraプロジェクトの公表が現在の金融規制の遅れを露わにし、金融機関による新技術の採用率の低さを明らかにした」と発言している。 FacebookのLibra発表直後には、法定通貨と競合する存在として政府の要人から脅威に捉えられていた。しかし、Libraプロジェクトを進めるFacebookの子会社Calibra代表David Marcus氏によって、Libraは各国の金融政策の影響を受けるものであることが公にされている。 【参照記事】Facebook’s Cryptocurrency Plan Draws ECB Warning on Regulation
カテゴリー:

ECBのクーレ理事、フェイスブック仮想通貨リブラの発行は「世界の規制当局の認可必要」 - 07月22日(月)09:42 

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事はフランスので開催されたG7首脳会議で、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は世界の規制当局が認めない限りは発行されないだろうとの見解を示した。ロイターが18日に報じた。
カテゴリー:

アングル:今週のECB理事会、5つの重要な問い - 07月23日(火)10:44 

欧州中央銀行(ECB)は24─25日の理事会で、追加緩和について詳しい内容にまで言及しないかもしれないが、実施時期が近いというはっきりしたシグナルを打ち出す──。投資家はこう期待している。
カテゴリー:

【悲報】日銀黒田「2%の物価上昇に向けた勢いを途切れさせないよう、今後も強力な金融緩和を続けていく」 - 07月23日(火)07:09  poverty

アメリカやヨーロッパで景気の減速を防ぐため金融緩和策が相次いでとられるという観測が強まる中、日銀の黒田総裁は訪問先のワシントンで講演し、「強力な金融緩和を続けていく」と述べて、日銀としても必要があれば金融緩和策を強化する姿勢を示しました。 世界経済の減速懸念を背景に、アメリカのFRB=連邦準備制度理事会が今月、およそ10年半ぶりの利下げに踏み切る可能性を示唆しているほか、ヨーロッパ中央銀行も金融緩和策をとるという観測が広がっていて、 ドルやユーロに対して円高が進み日本の輸出産業に悪影響が出る可...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国の止まらぬ日本バッシングもアメリカが仲裁に二の足を踏む訳 - 07月23日(火)05:00 

もはや泥仕合の様相を呈し、まったくと言っていいほど解決の糸口が見えてこない日韓関係。18日には韓国大統領府が日韓軍事情報包括保護協定の見直しを示唆するなど、事態は混迷を極めています。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、米国の仲裁を含めた日韓両国間の今後について分析・考察しています。 世界経済の大混乱に向かって進む 米中通商戦争は、米中ともにプライドで立ち往生、米国とイランも交渉もできずに立ち往生、日本と韓国も交渉できずに立ち往生、ドイツ銀行も立ち往生となり、暗雲が世界的に立ち込めてきた。今後を検討しよう。 日米株価 NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで、12月26日21,712ドルと暴落したが、利下げ期待で、7月16日27,398ドルと最高値を更新して、7月19日でも27,154ドルと水準が高いが下落した。 日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日18,948円と暴落し、米国で7月利下げ確実で107円台と、米中通商交渉がうまくいっていないこと、安川電機とキャノンの利益が大幅に減少したなどを受けて、7月18日422円安で21,046円に、しかし、7月19日に一転して420円高の21,466円と戻した。 参議院選挙が迫っているので、日銀、GPIFなどの大量買いが入ったように感じる。2兆円割れで売買が少ない中で...more
カテゴリー:

英国紙幣にアラン・チューリング氏 コンピュータやAIの父、「エニグマ」解読も - 07月22日(月)11:51 

 英中央銀行のイングランド銀行は7月15日(英国時間)、新しい50ポンド紙幣の絵柄に、第二次世界大戦中にナチス・ドイツの暗号解読に貢献した数学者のアラン・チューリング氏を採用すると発表した。2021年までに発行を始めるとしている。
カテゴリー:

今週は欧米「緩和レース」でユーロ安・ドル安進む公算大、円は上昇か - 07月22日(月)08:16 

今週の外為市場では、欧州中央銀行(ECB)の理事会を皮切りとする欧米の「金融緩和レース」がドルの値動きを左右しそうだ。欧米の金融政策が株価や各国の長期金利に与える影響を見定めつつ、米中通商摩擦、地政学リスク、トランプ米大統領の不規則発言にも目配りが必要。緩和レース場外の円は金利面からも、リスク回避という観点からも、買われやすいとみられる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「中央銀行」の画像

もっと見る

「中央銀行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる