「中国経済」とは?

関連ニュース

不振を続ける2023年の世界経済 成長率は2.8%になる可能性 - 12月05日(月)16:14 

国際金融フォーラム(IFF)の2022年グローバル年次総会はこのほど発表した「IFF2022年グローバル金融・発展報告」の中で、2023年のグローバル経済成長率は2.8%に達し、中国経済は4.6%
カテゴリー:

NY原油、安値もみ合い 中国経済停滞で需要減も - 11月30日(水)13:30 

NY原油、安値もみ合い 中国経済停滞で需要減も
カテゴリー:

円相場 一時円安ドル高進むも中国経済先行き懸念 .. - 11月29日(火)19:07 

円相場 一時円安ドル高進むも中国経済先行き懸念 売り買い交錯 #nhk_news
カテゴリー:

中国経済、11月はさらに減速-ロックダウン拡大が.. - 11月28日(月)09:37 

中国経済、11月はさらに減速-ロックダウン拡大が響く
カテゴリー:

中国が預金準備率0・25%引き下げ 感染拡大で苦境の中小企業支援 - 11月25日(金)22:51 

 中国人民銀行(中央銀行)は25日、金融機関から強制的に預金の一定割合を預かる預金準備率を12月5日に0・25%引き下げると発表した。中国経済は新型コロナウイルスの感染拡大で減速しており、金融緩和で中小企業を支援する。習近平指導部は景気に対する危機感を強めており、李克強首相が22日に主宰した会議で引
カテゴリー:

中国ゼロ・コロナ政策は国民に多大な利益…中国経済は望ましい方向へ進み競争力維持 - 12月04日(日)06:00 

新疆ウイグル自治区ウルムチ市で11月24日、高層集合住宅火災が発生し、10人が死亡した。その際、消火活動が遅れたのが被害拡大の原因となった。この遅れは新型コロナウイルス感染症関連の規制によるものであるとして、ウルムチ市で抗議のデモが発生し、上海、北京、武漢など中国各地で、ゼロ・コ...
カテゴリー:

中国「新卒Z世代」が直面する過酷すぎる就職事情、起業意識高まる「7つの業種」とは - 11月30日(水)07:10 

中国で「00后」と呼ばれる、いわゆる「新卒Z世代」が注目されている。「00后」は「2000年以降生まれ」のことで、大学の卒業時期を迎えている世代だ。大学生活の多くをコロナ禍で過ごし、若年失業率が過去最高の19.9%という厳しい環境に置かれているこの世代の特徴として、起業意識が高まっていることが挙げられる。ただし、テック企業を創業して株式公開や売却を目指すという従来のような起業のイメージとは様子が異なる。傾向が見え始めた、中国の新卒Z世代が起業する7つの領域とは。今後、中国経済の中心となっていく彼らが追い求めるものは何か。
カテゴリー:

円相場 値上がり 「ゼロコロナ」抗議活動受け円を買う動き - 11月28日(月)20:15 

28日の東京外国為替市場は、中国でのゼロコロナ政策への抗議活動を受けて中国経済の先行きへ懸念が高まる中、リスクを避けようと円を買う動きが出て、円相場は値上がりしました。
カテゴリー:

2022.11.28 マーケットレポート【中国でコロナ政策への抗議行動が続く動き】 - 11月28日(月)09:21 

先週末のマーケットは株式市場が薄くなる中、指数によってマチマチの動き。NYダウは上昇する中、NASDAQは下落する展開となった。 米国債金利は低下する動きとなったが米ドルが下落する動きにはならず。米国債金利は短期の2年ゾーンは高止まりしたままとなっているが、一方で10年金利は投資家がリセッショントレードとも言える長期金利の低下を織り込み始めており、10年ゾーンに関しては金利が上昇するタイミングで買っていくというスタンスでいいだろう。 ドル円は139円台前半まで上昇したが、トレンドができているというよりは小さな値幅での動きに終始している印象。 FOMC議事要旨でFRBメンバーが利上げペースを鈍化させることに対して同じ意見を持っていたことを受けてマーケットに安心感を与えたとも言われているが、個人的には利上げペースが鈍化するだけで利上げはまだ行うということもあり、株価上昇のピッチが流石に早すぎると考えていい水準に差し掛かっていると考えている。 期待されていたブラックフライデーもアメリカでは盛り上がっていない状況となっており、消費者の買い控えする動きが明確に出てきていることがわかった金曜日となった。 また中国でのコロナ政策に対して習近平政権への抗議行動が激しくなっており、中国発で何かしらの混乱が起きる可能性があるのは注意したいところ。 中国では工業利益の低下の数値が発表されており、中国経...more
カテゴリー:

ドイツが中国に急接近!欧米諸国尻目に駆け抜け一人勝ちへ - 11月25日(金)10:58  news

ドイツの中国接近が止まらない…欧米諸国を尻目に「抜け駆け対中戦略」の実態 ドイツのショルツ政権発足から間もなく1年がたつが、その対中戦略が注目されている。中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害、ゼロコロナ政策やサプライチェーンなど諸問題がありながらも、ドイツと中国の経済界は前メルケル政権にも劣らない密接な結び付きを示しているためだ。中国市場にのめり込むドイツの対中ビジネスを追った。(ジャーナリスト 姫田小夏) ● ハンブルク港運営会社の株式を中国資本が取得  ドイツ連邦政府は10月26日、ハンブル...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる