「両国関係」とは?

関連ニュース

第二次天安門事件が激化するなか、習主席とともに手を携えて日中友好を表明する政治家が出現 - 06月13日(木)12:11  news

日中関係発展へ協力=安倍首相が新駐日大使と会談  安倍晋三首相は11日、5月に着任した中国の孔鉉佑駐日大使と首相官邸で会談した。 首相は、今月末の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた習近平国家主席の来日に触れ、G20の成功に向けた協力を呼び掛けるとともに 「習主席とともに手を携えて、日中の新時代を切り開いていきたい」と表明。 孔氏は日本語で「両国関係のさらなる発展に向けて、日本政府と日本社会各界の皆さんとともに汗をかいていきたい」と語った。 https://www.jiji.com/jc/article?k=201906110...
»続きを読む
カテゴリー:

メキシコで高まる対米反発、関税見送りも関係悪化.. - 06月10日(月)14:10 

メキシコで高まる対米反発、関税見送りも関係悪化 友好的かつ協力的だった両国関係は悪化。1994年以前のように冷え切った状態に戻っている #トランプ #メキシコ #関税
カテゴリー:

【ロシア】プーチン大統領 、中国の“一帯一路”を後押し「膨大な数の国々が参加しつつある」 - 06月07日(金)08:51  newsplus

ロシアのプーチン大統領は中国の習近平国家主席を前に演説し、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」について「膨大な数の国々が参加しつつある」と述べ、ロシアとしても一帯一路を後押しすることで中国との経済的な連携を強めていく姿勢を強調しました。 ロシアを訪れている中国の習近平国家主席は6日、サンクトペテルブルクにあるプーチン大統領の母校で名誉博士号の学位を受ける式典にのぞみました。 式典に出席したプーチン大統領は演説の中で、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」について、「世界規模の国際プロジェクトであり、今...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア】日本が導入の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」への懸念表明 - 05月30日(木)09:46  seijinewsplus

日本とロシアの外務・防衛の閣僚協議を前にロシア外務省はコメントを発表し「アジア太平洋地域でアメリカのミサイル防衛が拡大していることへの評価も示したい」として、日本がアメリカから導入する新型迎撃ミサイルシステムへの懸念を伝える考えを明らかにしました。 30日都内で行われる日本とロシアの外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2で、ロシア側からはラブロフ外相とショイグ国防相が出席する予定です。 これを前に29日、ロシア外務省はコメントを発表しました。この中でロシア外務省は「安全保障分野での信頼関係の構築や新...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本と中国どっちが大事?」の問いにロシア人が語る戦略的回答 - 06月12日(水)04:30 

6月5日に開かれた中ロ会談で、北朝鮮問題などを筆頭に「中ロが対米政策で共闘する方針」である事が公表されました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、近年の中ロ協調路線が、世界覇権の米国一極集中型から米中二極化へ変化させたきっかけとなった事実を詳しく解説し、現在の日本や米国に必要な戦略を記しています。 中ロ関係に関する「大いなる勘違い」 日本の情報空間を見ていると、時々「すごい勘違いをしているな」と思うことがあります。その一つは、「ロシアは中国が大嫌い。この二国が組むことはありえない!」。皆さん、こんなことを信じていないでしょうね(より正確にいうと、ロシアは中国が嫌い。でも二国が組むことはありえますよね?たとえば、チャーチルはソ連が大嫌いだった。しかし、ヒトラーに勝つためにスターリンと組みました)? RPEの見解はどうなのでしょうか?昔からの読者さんはご存知ですが、私は07年に『中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日』という本を出しています。この本の主張は、「ロシアと中国は05年、【事実上の同盟関係】になった」です。そして中ロ同盟が08年、「アメリカ一極時代を終わらせた」。その後世界は、「米中二極時代」に突入しました。 なぜそういう話になるのか、詳しくは「中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」を読んでいただければわかります。しか...more
カテゴリー:

【安倍首相】イラン訪問前に安倍首相がイスラエル首相と電話会談 - 06月08日(土)01:10  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190608/k10011945351000.html イラン訪問前に安倍首相がイスラエル首相と電話会談 2019年6月8日 0時40分 来週12日からのイラン訪問を前に安倍総理大臣は7日夜、イランと敵対するイスラエルのネタニヤフ首相と電話で会談し、地域の安定と繁栄に向けて協力していくことで一致しました。 アメリカとの対立でイラン情勢の緊張が高まる中、安倍総理大臣は来週12日からイランを訪れることにしています。 これを前に安倍総理大臣は7日夜、総理大臣公邸でイランと敵対するイスラエルのネタニヤフ...
»続きを読む
カテゴリー:

米の対応に「断固反対」 中国、台湾や南シナ海で - 06月02日(日)12:19 

 中国の魏鳳和国務委員兼国防相は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説し、台湾や南シナ海問題を巡る米国の対応に「断固反対」を表明した。一方で米中両国が戦えば「災難」をもたらすと述べ、両国関係を「正しい軌道」に戻さなければならないと訴えた。
カテゴリー:

甘やかしたツケ。関係悪化を日本のせいにする韓国に取るべき態度 - 05月29日(水)04:30 

同意を見たはずの慰安婦問題や徴用工訴訟で、日本を標的にする韓国。斯様に日韓関係が冷え切っているさなかの5月19日に、韓国国会議員団11人が来日したことは日本国内のみならず国際社会を驚かせました。AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは、自身の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』で、悪化した日韓関係を好転させるため、本来望ましいとされる日韓それぞれの外交の姿勢や関係改善の手順を記しています。 訪日韓国議員団の皆さん、あなた方の大統領を糾弾してから出直しなさい 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 日韓関係改善を模索して、韓国の超党派国会議員団11人が来日したそうです。報道によると、彼らは謝罪の意を示すことも対応策を提案することもせず、ただ日本の軟化を期待して訪れたようです。 いかにもと言ってしまえばそれまでですが、お粗末極まりないですね。まずは自分たちの親分の態度を徹底的に正してから来るべきでした。 肝心の文在寅大統領自身はどんな思考をしているでしょうか?オリジナルの韓国語ソースを検証してみましょう。 エア野党会員の山本光一さんからの報告をご紹介します。 5月9日夜に、1時間半近くにわたって行われ、韓国で全国に生中継された文在寅大統領のインタビュー、文在寅政府2年特集対談「大統領に聞く」を邦訳して検証してみましょう。 現在も青瓦台...more
カテゴリー:

「両国関係」の画像

もっと見る

「両国関係」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる