「両国国技館」とは?

関連ニュース

貴景勝、「伸び伸び」綱とり!初場所へ稽古再開 - 12月02日(水)08:17 

大相撲11月場所で大関昇進後初の優勝を果たした貴景勝(24)は1日、東京・台東区の常盤山部屋で来年1月の初場所(10日初日、両国国技館)へ向けて稽古を再開。自身…
カテゴリー:

貴景勝、新たな部屋で綱とり目指す「いい成績を残したい」 - 12月01日(火)12:56 

 大相撲11月場所で大関昇進後初の優勝を果たした貴景勝(24)は1日、東京・台東区の常盤山部屋で来年1月の初場所(10日初日、両国国技館)へ向けて稽古を再開した。横綱審議委員会の横綱昇進に関する内規は「大関で2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」とあり、初場所では自身初の「綱とり」となる。
カテゴリー:

正代「負けたくない」朝乃山「悔しい思いを来場所に」 稽古再開で貴景勝に闘志 - 11月30日(月)20:02 

 大相撲11月場所を故障で途中休場した正代と朝乃山の両大関が所属部屋の稽古(けいこ)が再開した30日、報道陣の電話取材に応じた。それぞれ来年初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)は初のカド番で迎えるが、綱取りに挑む同じ大関の貴景勝にライバル心を燃やし、巻き返しを誓った。
カテゴリー:

【新型コロナ】「何重苦?」鍋料理店悲鳴 客離れ、時短やGoTo除外も―忘年会もキャンセル続き★2 - 11月29日(日)02:53  newsplus

 苦境続きの飲食業界に再び新型コロナウイルスの大波が直撃した。相次ぐ「Go Toキャンペーン」の適用見直しや営業時間の短縮要請。特に鍋など大勢で料理を囲むスタイルの店の打撃は大きく、かき入れ時を前に「厳しい」「何重苦なのか」と悲鳴が漏れる。  27日から飲食店が時短営業する大阪市。繁華街・キタのふぐ料理店「あじ平曽根崎」は例年、12月の売り上げが年間の3割を占める。「てっちり」を囲む忘年会客で埋まるはずが、今年の予約は半分以下。ここ数日の感染拡大でさらに急減したという。切り盛りする大宮雅展さん...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】「何重苦?」鍋料理店悲鳴 客離れ、時短やGoTo除外も―忘年会もキャンセル続き - 11月28日(土)16:08  newsplus

 苦境続きの飲食業界に再び新型コロナウイルスの大波が直撃した。相次ぐ「Go Toキャンペーン」の適用見直しや営業時間の短縮要請。特に鍋など大勢で料理を囲むスタイルの店の打撃は大きく、かき入れ時を前に「厳しい」「何重苦なのか」と悲鳴が漏れる。  27日から飲食店が時短営業する大阪市。繁華街・キタのふぐ料理店「あじ平曽根崎」は例年、12月の売り上げが年間の3割を占める。「てっちり」を囲む忘年会客で埋まるはずが、今年の予約は半分以下。ここ数日の感染拡大でさらに急減したという。切り盛りする大宮雅展さん...
»続きを読む
カテゴリー:

貴景勝、綱とりへ本格始動 初場所「伸び伸びやれたら」 - 12月01日(火)18:23 

 大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関貴景勝が1日、初めて綱とりに挑む初場所(来年1月10日初日、両国国技館)に向け、東京都台東区の常盤山部屋で本格始動した。報道陣の電話取材に応じ「一生懸命頑張ることしかできない。あまり深く考えず、伸び伸びやれたらなと思う」と意欲的に語った。
カテゴリー:

かど番の正代、初場所「間に合う」 新大関11月場所、左足首痛めて途中休場 - 12月01日(火)08:05 

 新大関お披露目の大相撲11月場所で左足首を痛めて5日目から休場した正代(29)は30日、稽古を再開した時津風部屋(東京・墨田区)の稽古場に姿を見せ、四股など軽い基礎運動で汗を流した。来年1月の初場所(10日初日、両国国技館)は初のかど番で迎えるが、明るく構えて前を向く。
カテゴリー:

正代、初のかど番の初場所は「さすがに間に合うと思う」 - 11月30日(月)14:52 

 大相撲11月場所で左足首を痛めて5日目から休場した大関正代(29)は30日、来年1月の初場所(10日初日、両国国技館)へ向けて稽古を再開した時津風部屋の土俵へ立ち、電話取材に「(初場所には)さすがに間に合うと思う」と、出場に意欲をみせた。すでに、四股など基礎運動は行っているという。
カテゴリー:

柔道からアマ横綱に 宇榮原が全日本選へ リーチ生かし四つ相撲 - 11月28日(土)16:30 

 アマチュア横綱を決める全日本相撲選手権(12月6日、両国国技館)に宇榮原叶(23)(中部農林高―日大出、サトウ)が挑戦する。ことしは新型コロナウイルスの影響で社会人大会の中止が相次いだため、例年のように大会成績によるポイント上位者ではなく、各県連盟からの推薦で出場権が与えられた。県連盟から推挙の白羽...
カテゴリー:

日本相撲協会、元朝赤龍の高砂部屋継承を承認 - 11月27日(金)08:46 

 日本相撲協会は26日、東京・墨田区の両国国技館で理事会を開き、高砂部屋の師匠、高砂親方(元大関朝潮)が12月9日に65歳となって協会の定年を迎えることに伴い、モンゴル出身の錦島親方(39)=元関脇朝赤龍=が同部屋を継承することを承認した。部屋所属の大関朝乃山らの新師匠となる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「両国国技館」の画像

もっと見る

「両国国技館」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる