「世論調査」とは?

関連ニュース

「ひどい」「悪かった」 イギリス国民、半数が「メイ首相」に低評価 迷走の末、EU離脱に失敗した首相に国民の目は冷ややか - 05月25日(土)06:56  poverty

英国民、メイ首相に低評価=半数が「ひどい」「悪い」-世論調査  【ロンドン時事】辞意を表明したメイ英首相に対し、英国民の半数が低い評価を下していることが調査会社ユーガブの調べで明らかになった。 欧州連合(EU)離脱を実現しようと奮闘したが、迷走の末に失敗した首相に国民の目は冷ややかだった。  メイ首相の評価に関する質問に対し、「ひどかった」と答えた人の割合は31%、「悪かった」も19%に上り、否定的な評価が半数を占めた。 「平均的だった」は24%。一方で「良かった」は17%、「素晴らしかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

「アジアにおける人権の灯台になる」台湾の同性婚法制化への道のり - 05月24日(金)10:57 

「婚姻平權!亞洲第一!(婚姻平等!アジア初!)」今月17日、台湾で同性婚を認める法律が成立。今日(24日)から、台湾の同性カップルは法的に結婚ができるようになる。報道では、少なくとも157組の同性カップルが結婚登録をする予定だという。アジアにおける歴史的な一歩を踏み出した台湾。同性婚法制化の実現の道のりは決して簡単なものではなく、その背景には、当事者の粘り強い運動や台湾の民主主義に対する強い意識があった。台湾はどのようにして同性婚法制化を実現できたのか、台湾の法律に詳しい明治大学法学部の鈴木賢教授に話を伺った。 民主化と共にはじまったLGBTムーブメント台湾では80年代の民主化運動にともない、LGBTの権利獲得運動も盛り上がりを見せはじめた。そんな中、1986年にゲイの祁家威さんが同性婚を求めて、国会である立法院に請願するも「同性愛は公序良俗に反する」と回答された所から、同性婚法制化への道のりはスタートする。その後、1996年には同性カップルの結婚式がメディアで取り上げられ話題に。2003年には台北でLGBTのイベントが開催され、翌年から大規模なパレードになった。2004年には「性別平等教育法」、2008年には「性別就業平等法」が成立。学校や職場での性的指向による差別が法的に禁止された。その後も何度か同性婚を認める法案が立法院に提出されたが、キリスト教系の団体を中心とした...more
カテゴリー:

ロシアで世論調査 北方領土「話し合い合意すべき」4割超 - 05月23日(木)04:05 

外務省がロシアで行った世論調査で、北方領土について賛成できる考え方を尋ねたところ、「ロシアに帰属」と答えた人が半数を超えた一方、「日本と話し合って合意すべき」と答えた人も4割を超えました。
カテゴリー:

野党の支持率が上がらない理由ってなんなの?みんなはこんなにも頑張ってるのに… - 05月22日(水)05:52  poverty

安倍内閣の支持率は55%で前回調査(4月26~28日)の54%からほぼ横ばいだった。不支持率は32%(前回31%)。 政党支持率は自民党42%(前回40%)、立憲民主党4%(同4%)、公明党4%(同3%)などの順。無党派層は41%(同40%)だった。 https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20190519-OYT1T50185/ ■5月の世論調査 5/19現在 内閣支持率 │          主要政党支持率          │              投票先           | 支持 不支持│自民 公明 立憲...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】トランプ氏元側近のバノン氏、欧州議会選で極右にテコ入れ 仏与党は戦々恐々 「バノン氏の狙いは欧州の弱体化だ」 - 05月22日(水)03:17  newsplus

ノルウェー西部ベルゲンで、イベントに出席したスティーブ・バノン氏(2019年5月9日撮影)  【パリ=三井美奈】欧州議会選を前に、トランプ米大統領の首席戦略官だったスティーブン・バノン氏が極右「国民連合」をテコ入れするため先週末、パリ入りした。マクロン仏大統領の与党「共和国前進」は「選挙干渉だ」と猛反発し、戦々恐々としている。  バノン氏は欧州の右派ポピュリズム(大衆迎合主義)勢力を支援しており、パリではメディアの取材に相次いで応じている。18日付仏紙では、欧州議会選で「フランスが最も大事だから...
»続きを読む
カテゴリー:

【英国世論調査】半数以上がメイ首相は「ヒドイ」「悪い」と低評価へ - 05月25日(土)05:14  news

【ロンドン時事】辞意を表明したメイ英首相に対し、英国民の半数が低い評価を下していることが調査会社ユーガブの調べで明らかになった。  欧州連合(EU)離脱を実現しようと奮闘したが、迷走の末に失敗した首相に国民の目は冷ややかだった。  メイ首相の評価に関する質問に対し、「ひどかった」と答えた人の割合は31%、「悪かった」も19%に上り、否定的な評価が半数を占めた。「平均的だった」は24%。 一方で「良かった」は17%、「素晴らしかった」はわずか2%にとどまり、肯定的な評価は2割に満たなかった。「分からない...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】あなたが「戦後最長の景気回復」を実感できない根本原因 - 05月23日(木)21:04  bizplus

「戦後最長の景気回復」――。政府は1月29日、国内景気に関して華々しい報告と見解を示しました。景気回復の長さが6年2ヵ月まで持続。これまでの最長記録「いざなみ景気」を超えたとみられたからです。 一方でここへ来て、景気動向指数や月例経済報告などの景況判断は下方修正が続いています。「戦後最長の好景気は幻だったのではないか」という指摘も出てきています。 直近の世論調査(共同通信、3月10日発表)でも、8割が景気回復の「実感がない」と回答。経済政策の基準となる給与などの労働統計に不正が発覚したこともあり、景気に...
»続きを読む
カテゴリー:

【世論調査】安倍内閣支持率47%(+2)不支持率は32.5% ダブル選挙を行っても「よい」49% -テレビ朝日系 - 05月22日(水)11:55  newsplus

安倍内閣の支持率は47%で、先月の調査より2ポイント上昇しました。 不支持率は32.5%で0.5ポイント下がった この夏に衆参のダブル選挙を行っても「よいと思う」と答えた人は49%に上り、 「よいと思わない」とした人は30%でした。 また、消費税率10%への引き上げについて、予定通り10月に引き上げることを 「支持しない」と答えた人が半数の50%で「支持する」とした40%を上回りました。 そして、国会で憲法改正に向けた議論を進めていくことについては、66%の人が賛成と答えました。 政党支持率 党 名 支持率(%) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】自民党内で消えぬ消費増税慎重論、GDPが分かれ道の声も - 05月22日(水)03:58  newsplus

※夜の政治 (ブルームバーグ): 自民党内で消費増税に慎重な意見が依然くすぶっている。政府はリーマンショック級の出来事が起こらない限り、10月から税率を8%から10%に引き上げる姿勢を崩していないが、夏の参院選を控え、政界でも各種経済指標への関心が高まっている。 青山繁晴参院議員は16日のインタビューで、税率10%は増税分の計算が容易で負担を感じやすいため「必ず消費を下押しする」と語った。米中貿易摩擦の影響などを考えると「増税見送りが妥当だ」と明言。20日に発表される1-3月期の国内総生産(GDP)の...
»続きを読む
カテゴリー:

【共同通信調査】次の首相にふさわしいのは誰だ! - 05月21日(火)19:00  newsplus

※政治スレ 次の首相にふさわしいのは誰かを問うと、 安倍首相20・1%、 小泉進次郎衆院議員19・9%、 石破茂自民党元幹事長13・7%、 菅義偉官房長官6・9%、 枝野幸男立憲民主党代表3・6%、 岸田文雄自民党政調会長2・7%。 共同通信社が18、19両日に実施した全国電話世論調査 https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019052002000057.html 関連スレ 【次期首相は誰がいい?】若年層人気の安倍氏が1位、候補の多くは数字が激減 菅氏は大幅増 -日経、テレ東調査★2 https://asahi.5ch.net...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「世論調査」の画像

もっと見る

「世論調査」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる