「世界経済フォーラム」とは?

関連ニュース

「ジェンダー・ギャップ指数」日本は153か国中121位 その理由は? | ananweb - マガジンハウス - 04月02日(木)20:00 

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「ジェンダー・ギャップ指数」です。極端に低い日本。男女格差をなくすには意識変革を。3月8日は国際女性デーでした。この日に注目されるのが「ジェンダー・ギャップ指数」。ダボス会議主宰で知られる世界経済フォーラムが、政治、経済、教育、健康の4分野で男女格差を指数化し、毎年発表しています。2019年12月の最新報告書で、日本は153か国中121位。‘18年は110位でした。順位が下がった理由は、女性の政治参加度の低さ。今年2月の時点で、日本の衆議院の女性比率は9.9%。これは193か国のうち167位と著しく低い。他国では女性の首相が誕生していますが、日本は知事止まり。選挙候補者の数を男女50%ずつにすることを努力目標に掲げていますが、当選して閣僚になる女性は少数です。企業のなかでも女性管理職の割合は低い状態が続いています。女性の社長の比率は上昇していますが、創業者や同族継承がほとんどで、内部昇格の割合は8%にすぎません。これほど女性のリーダーが極端に少ないというのは、日本の経済発展を阻んでいると思います。子育て政策でも、近年ようやくお母さん方を中心に声があがり、女性議員が先導する形で待機児童問題に目が向くようになりました。「子供は家庭で育てるもの」という古い考えのまま、男性社会と切り...more
カテゴリー:

新型コロナウィルス対策 接触感染リスク減少・混雑緩和に貢献 “ひと工夫”した実用新案取得のレジカゴバッグ  ECサイトにて一般販売開始 3月4日 - 03月26日(木)10:00 

企業向けオリジナル販促グッズや記念品等のOEM生産を手がけるユニファースト株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:橋本敦)が開発した『レジカゴで使えるエコバッグ』のECサイトによる一般販売を、2020年3月4日(水)より開始しました(販売サイト:https://ufmart.theshop.jp/)。新型コロナウィルスの感染が拡大化する現在、外出先での予防が不可欠になっています。『レジカゴで使えるエコバッグ』は、買い物の際にレジカゴに触る回数が減るなど接触感染のリスク減少および袋詰めスペースの混雑緩和への貢献が期待できます。■レジカゴに触る回数・店舗での滞在時間が減り、接触感染のリスクを減少する『レジカゴで使えるエコバッグ」本商品は、新型コロナウィルスの感染予防対策として、下記のメリットがあります。▼利用する消費者メリット・レジカゴに触る回数が減ることによる感染リスクの減少・人が多数いるスーパーマーケットの滞在時間が減ることで接触感染のリスクの減少(レジに並ぶ時間が短くなる・レジ袋に詰め替える時間が不要になるなど)▼店舗側のメリット・袋詰めスペースの混雑緩和・「レジカゴで使えるエコバッグ」は、ファスナー・巾着の開閉がなく、レジカゴの縁にひっかけるだけで簡単に装着が可能。人が多数いるスーパーマーケットでの滞在時間を減らすことで、接触感染の減少に貢献します。■開発背景間もなくレジ...more
カテゴリー:

世界経済フォーラムテレビ会議に出席へ 新型コロ.. - 03月24日(火)16:06 

世界経済フォーラムテレビ会議に出席へ 新型コロナへの対応説明=韓国外相
カテゴリー:

【ジェンダーギャップ】家庭を顧みず長時間働くことは男らしさですか? すり込まれた男が作り出す差別 - 03月21日(土)09:46  newsplus

家庭を顧みず長時間働くことは男らしさですか? すり込まれた男が作り出す差別 毎日新聞 2020年3月21日 07時00分(最終更新 3月21日 07時13分) https://mainichi.jp/articles/20200320/k00/00m/040/197000c  世界経済フォーラムが発表した2019年のジェンダーギャップ指数で日本は153カ国中121位と過去最低を記録し、特に政治や経済分野での女性の進出が遅れていることが指摘されている。意思決定層の多数を男性が占める現状をどこから変えていけばいいのか。男性たちが抱える「男らしさ」へのこだわりから社会や文化をひもとく「男...
»続きを読む
カテゴリー:

女性たちの怒りが集結。「暴力反対」を訴えた【国際女性デー・フランス編】 - 03月18日(水)07:46 

「私たちは声を失くした女性の代弁者だ」「暴力を止めよう!」——。国際女性デーの3月8日、フランスでも女性の怒りと決意が集結。フェミニストを象徴する紫色の旗や、手書きのプラカードを掲げた女性たちが、時に拳を振り上げ、時に陽気に歌い、雨模様のパリでデモを繰り広げた。エマニュエル・マクロン大統領らも男女平等を訴えるメッセージを発信。パートナーによる女性への暴力(DV)や経済格差など、ジェンダー先進国のフランスでさえ直面する、男女格差問題をお伝えしたい。 ■「私たちは闘う女性を支援する」。6万人がデモに参加。 春のような陽気に恵まれた前日から一転、国際女性デー当日のパリは、フランスが抱えるジェンダー問題を表すかのように、どんよりとした寒空に包まれ、時折激しい雨が降った。仏紙ルモンドよると、この日、パリでデモに参加したのは約6万人(主催者発表)。パリ市のアンヌ・イダルゴ市長やナジャット・ヴァロー・ベルカセム元女性権利大臣ら女性政治家も、一般市民とともにパリの街を練り歩き、性暴力への反対や女性の権利向上を訴えた。 インスタグラムで25万人のフォロワーを持つ、フェミニズムのNPO団体「Nous Toutes(We All)」は「私たちは声を失くした女性の代弁者だ」「家父長制に反対!」「闘う女性を支援する」と書かれたプラカードを掲げ行進。トップ...more
カテゴリー:

声をつないで:世界との最大の差は「スピード感」 男女格差指数121位、日本の課題とは - 04月02日(木)12:00 

 過去最低を更新し、主要7カ国(G7)で最も低い121位(153カ国中)に――。昨年12月、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)から「ジェンダーギャップ(男女格差)指数」が発表され、改めて日本の男女格差の大きさが示された。WEF広報・日本担当の栃林(とちばやし)直子さんは、長く国際機
カテゴリー:

【コロナvs若者】新型コロナウイルスは恐れを知らない若者にも感染し、重症化する - 03月25日(水)00:50  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200324-00010009-newsweek-int <無症状だったとしてもウイルスを拡散する。若者の協力がなければパンデミックは終わらない>  新型コロナウイルスは、高齢者や基礎疾患を持つ人のほうが重症化するリスクが高いと言われている。 しかし、だからと言って、若者がこのウイルスに感染しないわけではない。 若くても感染して重症化する恐れはあり、米疾病予防管理センター(CDC)は、若年も無敵ではないと指摘する。 「高齢者が最も大きな影響を受けているが、若者が例外だというわけでは...
»続きを読む
カテゴリー:

必要なのは、女性たちの努力ではない。「リーン・イン」を求めることである【国際女性デー・アメリカ編】 - 03月24日(火)08:30 

2020年の国際女性デー、#internationalwomensday2020 #IWD2020 北米も、コロナウィルスやそれにまつわる社会不安についての記事や関心が支配的な中、注目していたのは、ソーシャルのポストだった。 国際女性デーのソーシャル・メディアには、いつもちょっとした祝福ムードが漂う。母親、姉妹、娘といった女性の家族の写真をポストした(ニコール・キッドマン、ジェニファー・ロペス)、女性のアーティストたちをプロモーションしたり(女性アーティストだけのプレイリストを公開したレディ・ガガ、テイラー・スウィフト)、「女性」という存在の素晴らしさにスポットライトを当てたり(リアーナ)といった、世界を代表するパワフルな女性たちのポストは、ポジティビティ満載だ。 View this post on InstagramA post shared by Nicole Kidman (@nicolekidman) on Mar 8, 2020 at 10:30am PDT View this post on InstagramA post shared by Jennifer Lopez (@jlo) on Mar 8, 2020 at 5:53pm PDTIt’s #InternationalWomensDay and I’m celebrating all of the ...more
カテゴリー:

声をつないで:家庭を顧みず長時間働くことは男らしさですか? すり込まれた男が作り出す差別 - 03月21日(土)07:00 

 世界経済フォーラムが発表した2019年のジェンダーギャップ指数で日本は153カ国中121位と過去最低を記録し、特に政治や経済分野での女性の進出が遅れていることが指摘されている。意思決定層の多数を男性が占める現状をどこから変えていけばいいのか。男性たちが抱える「男らしさ」へのこだわりから社会や文化を
カテゴリー:

中絶反対運動者の嫌がらせを、一人の女性が止めさせた【国際女性デー・イギリス編】 - 03月18日(水)06:47 

■ロンドン東部の「日曜集会」 国連が呼びかける「国際女性デー」となった3月8日、イギリスではロンドン、北部マンチェスターなど各地で女性の地位向上を求めるデモが行われた。筆者はこの日朝、ロンドン東部にあるコミュニティ組織「ポプラー・ユニオン」が開催するイベントに向かっていた。国際女性デーに合わせた企画「女性に焦点(Women in Focus)」の中の「日曜集会」に出るためだ。集会の司会役を務める、ボランティアのマグス・ヒューストンさんによると、日曜集会はキリスト教の教会で行われる日曜ミサに相当する。こちらの方は宗教色がなく、コミュニティの誰もが気軽に参加できるという。「今日は国際女性デーですので、これを記念して、まずはこの歌から始めましょう」。ヒューストンさんが集まった人々に立ち上がるよう呼び掛けた。バンドが奏でた音楽は、米歌手シンディー・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」だった。会場内の大画面に歌詞が映し出されていく。その歌詞の出だしは、こうであった。 朝帰りをした娘に母親が「いつになったらまともになるの?」と聞く。そして、「ああ、女の子たちは楽しいことをしたいだけなのよ(Oh girls just want to have fun)」。 男女が入り混じった参加者は楽しそうに歌っていたが、筆者は「これはまずいぞ」と思わざるを得なかっ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「世界経済フォーラム」の画像

もっと見る

「世界経済フォーラム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる