「世界経済フォーラム」とは?

関連ニュース

「日本人だけ、井の中の蛙」とダボス会議で気づいた。日本の子どもには「留学」の選択肢が必要だ - 02月18日(火)10:47 

意欲と能力がある若者の海外留学を後押しする「トビタテ!留学JAPAN」。文部科学省が官民協働で取り組むプロジェクトで、これまでに約7,800人の高校生や大学生を海外に送り出してきた。外の世界に触れることは、人を成長させ、その可能性を広げるきっかけになる。 一人でも多くの子どもに「留学」という選択肢を知ってもらおうと、プロジェクト・ディレクターの船橋力さんは、プロジェクトが生まれるまでの経緯と、留学を経験した学生の経験などをまとめた『トビタテ! 世界へ』を上梓した。この本を全国すべての中学・高校約15,000校に無償で届けるために、クラウドファンディングで支援を募っている。 成績よりも情熱で選ぶ「トビタテ!留学JAPAN」グローバル化が加速する中、行動力や発想力を持った若者の育成が求められている。こうした中、今後の日本を牽引する“グローバルリーダー”を育てようと海外留学者数倍増を掲げて立ち上がったのが、文部科学省の官民協働プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」。2014年に始まった海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は、その中核事業だ。多くの企業・団体や個人の寄附によって、「成績・英語力不問」「情熱・好奇心・独自性重視」で選ばれた若者に返済不要の奨学金を提供。海外留学を希望する高校生や大学生をサポートしている。...more
カテゴリー:

自分らしく働きたい女性を応援するサイト「RUN-WAY」リニューアル - 02月13日(木)09:00 

2020年02月13日 株式会社アウローラ 株式会社アウローラ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:古瀬一臣、以下「当社」)は、2020年02月06日に働く女性のための自社運営サイトである「RUN-WAY」をリニューアルしたことをお知らせします。       ■働いている全ての女性の、「自分らしくHappyに働く」をサポートするメディアに 世界経済フォーラムが発表した日本のジェンダーギャップ指数が昨年121位となり、2018年の110位から順位が落ちている現状にあることが分かりました。日本では、女性が自身の望んだキャリアを実現して活き活きと働くにはまだまだ壁があります。そんな中、当社運営の「RUN-WAY」では女性が日々感じている働きにくさや困りごとを少しでも解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けしていくサイトへとリニューアルしました。     ■サイトの特徴 ・サイトコンセプト 女性の「自分らしくHappyに働く」をサポートするメディア。アルバイトをする学生、独身キャリアウーマン、子持ちのお母さんなど、キャリアを考える全ての女性が情報を得られるサイトになっています。また、「RUN-WAY」を長く愛してもらえるよう、サイトのビジョンや運営者の想いもページ下部に載せました。   ・サイトデザイン 女性に人気...more
カテゴリー:

【画像】このレベルの女だと純粋な男女の友情築けるよな? - 02月09日(日)19:40  poverty

日本は世界経済フォーラムの男女平等ランキングで、2018年は149カ国中110位、G7最下位を更新し続けている。 客観的に見て、今、日本は世界の中で最も男女不平等が激しい国の一つと言って差し支えないと思う。 そもそも「レディーファーストの考えは消えた」のではなく、日本には最初から存在していないと思う。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000002-binsiderl-soci&p=4 ...
»続きを読む
カテゴリー:

障がい者の社会参加を推進する国際イニシアチブ 「The Valuable 500」に加盟しました - 02月07日(金)14:09 

2020年2月7日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5 障がい者の社会参加を推進する国際イニシアチブ 「The Valuable 500」に加盟しました  「The Valuable 500」は、2019年1月に開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)において発足した国際イニシアチブです。「障がい者が社会的活動へ参加できるようになることが、多様な価値を発揮できる社会を創る」という考えのもと立ち上げられました。  この取り組みは、障がい者がビジネス、社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような改革をビジネスリーダーが起こすことを目的としており、500社以上の参加を目指し、現在世界中から240社以上の賛同企業が加盟しています。  多様な従業員が柔軟に働ける職場づくり「ダイバーシティ・インクルージョンの推進」を企業経営の重要な課題として設定する当社は、「The Valuable 500」の趣旨に賛同し、以下の取り組みを推進します。 ●大和ハウス工業のアクション 1.啓蒙活動の実施 (1)福祉支援活動による啓発  社員に対して定期的に行っている啓発研修に「体験」「行動」を組み合わせた、福祉支援活動「ソーシャル・インクルージョン・プログラム」を実施します。  当活動により、障がいへの理解をより深め、ユニバーサルデザインを取...more
カテゴリー:

男女の「賃金格差」を訴えるユニークなロウソクが話題に!香りは男性の◯◯! - 02月04日(火)19:00 

ハリウッド女優グウィネス・パルトローの手がけているLA発のライフスタイルブランド「Goop」。オシャレながらも奇抜なアイテムの数々で世間を騒がせてきた同ブランドであるが、先月発売した「女性器の香りがするアロマキャンドル」も販売開始から数時間で完売するほどの人気を誇った。が、そんな話題性たっぷりのキャンドルに対して、カナダの広告会社が発売した社会風刺を混ぜたパロディ商品がさらなる反響を呼んでいる。男女格差を訴えるキャンペーンとして発売された「男性器の香りがするアロマキャンドル」。前述のGoopから発売されたキャンドルが75ドルであったのに対して、今製品は100ドルとなっている。これには、カナダにおける男女の賃金格差が、男性に対して女性が25%程低いことに対するメッセージが込めているのだという。「世界経済フォーラム」によると、世界的に男女の賃金格差はかなり深刻で、格差が完全になくなるには217年かかるとの試算も出ているとか。売上はすべてカナダの女性人権団体「Canadian Women’s Foundation」へ寄付されるというこのキャンドル。物議を醸した商品を、華麗に社会問題にまで昇華させてみせた同社の企画力に拍手を送りたい。 この投稿をInstagramで見る TAXI(@taxiagency)がシェアした投稿 - 2020年 1...more
カテゴリー:

性別による格差、なくすためには?【SDGsって? 知ろう話そう世界の未来】5 - 02月17日(月)14:20 

 世界経済フォーラムが毎年発表している男女格差指数「ジェンダーギャップ指数」で日本は2019年、前年の110位から順位を下げて153カ国中121位となった。政府を挙げて女性活躍の推進が進められてはいるが、国際的に日本の女性の地位は低い。県内の民間企業や県庁などでも女性の管理職の割合は10%弱。家庭では「長男主義...
カテゴリー:

「世界で最も持続可能な100社」が発表。日本の6社はどの企業? - 02月10日(月)12:00 

「世界で最も持続可能な100社」のランキングが発表され、1位にはデンマークの洋上風力発電最大手のエルステッドが選ばれた。同社は2009年以降、事業の主軸を石炭火力発電から洋上風力発電事業に転換。2023年までに石炭火力事業から撤退を目指す。国内では12位の積水化学工業を筆頭に武田薬品工業など6社がランクインした。同ランキングは毎年、カナダのメディア・投資調査会社コーポレート・ナイツが世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開催にあわせて発表している。(サステナブル・ブランド ジャパン編集局=小松遥香)北欧企業が上位に『コーポレート・ナイツ』は、企業を取り巻く情勢について「COP25で各国政府の気候変動への取り組みが失敗に終わり、企業の取り組みの重要さはかつてないほど増している。未来の消費者、有権者は気候変動や社会正義に関する問題への対応が失敗していることにますます我慢できなくなっている。企業や投資家は、現在の危機が未来にとってどんな意味を持つかに気づき、真剣に取り組み始めた。十分に備えた企業はリスクと同時に機会を見出し、適切に取り組みを進めている」と説明する。トップ10には、エルステッド(デンマーク)に続き、昨年1位の食品・化学薬品大手クリスチャン・ハンセン(デンマーク)、製油大手ネステ(フィンランド)、ネットワーク機器大手シスコシステムズ(米国)、ソフトウェア大手オートデスク(...more
カテゴリー:

まんさん「日本の男はおかしい。レディーファーストなのに席を譲らない。男女平等だから譲る必要は無いとか抜かす。」  - 02月09日(日)19:14  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 「日本人はなぜ席を譲らない?」とツイートしたら「レディーファーストって意味不明」と猛反発された 「レディーファーストは理解しがたい」 今回の反論の中には、純粋に「レディーファースト」というコンセプトが理解できていない (あるいはそれを受け入れられない)と思われる人々からのコメントが複数あった。 いずれも男性のようだった。 「男性は疲れてても女性に席を譲れというのがあなたの男女平等ですか? 女性は席を譲られるべきか弱い存在なのでしょうか? 男女問わず立つのがしんど...
»続きを読む
カテゴリー:

「気候変動」が難民申請をする「正当な理由」に。国連機関の判断 - 02月07日(金)06:00 

1月21日、「国際連合人権理事会」が“気候変動の危機”から逃れた難民(通称:気候難民)を送還するのは“人権侵害”にあたる可能性があると発表し、世界中で話題になっている。 きっかけは、海面上昇に直面するキリバスからニュージーランドへと逃げたイオネア・ティティオタさんの難民申請。差し迫る危機ではないことを理由に送還の決断を下したニュージーランド政府を支持しつつも、同理事会は気候変動が生存権を脅かす可能性があるため、難民申請をする正当な理由となりうることを認めたのだ。 この気候変動は、長期的に影響を及ぼすものだけでなく、森林火災や洪水などの突然起こる自然災害も当てはまるとのこと。 世界経済フォーラムが掲げた7つテーマのひとつである「地政学を超えて」を意識した判断が、これから世界中の国々に求めらるのだろう。Historic case opens door to #ClimateChange asylum claims ➡️ UN #HRCttee finds that countries may not deport individuals who face climate change-induced conditions that violate the right to life.👉 https://t.co/bU6UsB56AY#IC...more
カテゴリー:

グレタに続け、若き環境活動家との対話「変化を起こせるのは私たち世代だと信じている」 - 02月03日(月)19:20 

1月21日、世界経済フォーラム(WEF)の演説で気候変動問題活動家を「終末の預言者」呼ばわりしてバッシングを浴びせたトランプ米大統領に対し、グレタ・トゥーンベリは、各国政府や企業のリーダーたちは気候変動問題解決への有効な対策を取っていないと・・・
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「世界経済フォーラム」の画像

もっと見る

「世界経済フォーラム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる