「世界最悪」とは?

関連ニュース

持ち物はナイフと自分の顔写真だけ 覚悟の密入国を追う - 05月16日(木)10:30 

 中東イエメンは内戦で「世界最悪の人道危機」と言われ、約18万人が周辺国に逃れている。ところが、逆にイエメンへ密入国するアフリカの若者が後を絶たない。さらに北隣の産油国サウジアラビアに渡って稼ぐためだ…
カテゴリー:

インドネシアの首都移転計画には、ジャカルタの水没危機という差し迫った事情がある - 05月10日(金)08:00 

インドネシア政府が、首都をジャカルタから移転する計画を明らかにした。移転理由のひとつは世界最悪とも言われる交通渋滞だが、海面上昇と地盤沈下による水没の危機という差し迫った事情もある。こうした問題は世界中の大都市にもいえることだと、科学者たちは警鐘を鳴らす。
カテゴリー:

痴漢も続出!インドネシアの「通勤地獄」が激変した理由は? - 05月13日(月)15:29 

5月15日の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)は、急成長する巨大市場インドネシアを舞台に、「~○○焼き肉、新バーガー…アジアの巨大市場に挑む!~」と題して放送。また、痴漢も続出しているという“通勤地獄”がニッポン式で激変したニュースも紹介する。人口2億6000万人のパワーで活気あふれるインドネシア。ここでも大人気の日本食。しかし「寿司グルーヴ」や「一喰堂(いっくう堂)」など、見たことのない日本食店も乱立している。そんな中、日本で生まれた新興焼肉チェーンが先月、初の海外店をインドネシアにオープン。そのこれまでにない驚きの戦略で、地元の人たちの心を掴んでいる。さらに“マック”復活や新興勢力の台頭によって、国内で苦戦を強いられているモスバーガーも先月、インドネシアで新たな店舗をスタートさせた。日本企業がどう食い込んでいくのか、その奮闘を追う。そして、世界最悪と言われるインドネシアの首都ジャカルタの大渋滞。“通勤地獄”の驚きの実態を番組が記録していた。そんな中、春に人々が待ち望んだ巨大インフラが完成。日本が手がけたインドネシア初の地下鉄だ。1人の女性の家からオフィスまでを密着取材してみると「以前とは比べ物にならない」という驚きの激変ぶりが……。さらに、日本同様「地震大国」として知られるインドネシアは、去年9月、スラウェシ島を襲った大地震と津波で2000人以上が犠牲に...more
カテゴリー:

「世界最悪」の画像

もっと見る

「世界最悪」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる