「世界基準」とは?

関連ニュース

ペドリが3位、松木玖生は81位…今年最も経験を積んでいる若手選手は? - 06月24日(金)16:20 

 2022年に入って最も経験を積んでいる若手選手は誰なのか? 高卒ルーキーながらFC東京でいきなりチャンスを掴んだ松木玖生(19歳)は、世界基準で見るとどれくらいの経験を積んでいるのか? そんな疑問を
カテゴリー:

【悲報】 WHO「日本人はラーメン食うの辞めろ!塩分摂りすぎで早死にするぞ!!」 - 06月16日(木)15:57  poverty

1日5グラムが世界基準、日本人まだ塩分取り過ぎ 世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムとしていますが、米国では心血管疾患の予防のためのガイドラインは、塩分の最大摂取量が1日3.8~6.0グラムとなっています。 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO77445710U4A920C1000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

マリア友、超攻撃的ルックスと世界基準のスーパーボディを大胆披露 - 06月08日(水)22:00 

グラビアアイドルのマリア友が、最新イメージDVD『MARIA』(発売中 4,180円税込 発売元:ラインコミュニケーションズ)をリリースした。
カテゴリー:

【川崎F】谷口彰悟、ブラジル代表「迫力、スピードは刺激に」日本代表活動終え合流 - 06月16日(木)20:01 

日本代表の活動を終え合流した川崎フロンターレDF谷口彰悟が、世界基準を痛感した。 2日パラグアイ戦、10日ガーナ戦にフル出場。6日ブラジル戦は出場機会がなかったが「迫力、スピードは刺激になりました」。「代表のトレーニングも走る、パス、全…
カテゴリー:

文具の国際展示会で注目を集めた前作から5年、ペンづくり一筋45年の最終到達点はありそうでなかったシンプル&エコ。プロ仕様の利便性で世界基準の新商品でクラウドファンディングを実施! - 06月10日(金)10:00 

個人でペン開発を続けたどり着いた、採点・学習スピードアップに特化した2ヘッドペンでクラウドファンディングに挑戦!大手ペンメーカーにて新商品開発を長年手掛け、独立後もペンづくり一筋45年の経験を持つ、有限会社Vスパーク(本社:埼玉県さいたま市)の代表取締役である川崎正幸は、この度ペンづくり人生を賭けた最後の最終到達点として新たな2ヘッドペンを開発し、2022年5月18日からクラウドファンディングを開始しました。掲載期間 2022年5月18日(水)~2022年7月29日(金)URL https://readyfor.jp/projects/saitama-9610文具大手メーカーのうち、特にペンに大きな強みを持つ“ぺんてる”にて商品開発を担当以来、業界で多くのヒット商品に携わってきた川崎は、国内外で特許を得た画期的な2色ペン「TwinkleStar」で2017年の国際文具展で注目を浴び、その複雑で高度な特殊構造が文具マニアやメディアで高く評価されました。しかしながら使い切りタイプだったことを課題と感じ、世界基準のSDGsの考えを取り入れ、5年かかってようやく持続可能な2ヘッドペンを開発することができました。過去の成功体験はバッサリ捨て、構造を一から見直し、試行錯誤を繰り返したところ、ペンづくり人生の最終到達点ともいうべき本商品「Twinkle」は、意外にもシンプルかつエコな商品と相成り...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる