「世界保健機関」とは?

関連ニュース

米上院委員会、台湾のWHO総会参加をサポートする法案可決 - 07月31日(土)15:15 

米上院外交委員会は7月28日、世界保健機関(WHO)の意思決定会議である世界保健総会(WHA)に台湾がオブザーバー資格を取得する戦略を、国務省に策定させる法案を全会一致で可決させた。
カテゴリー:

「日本とIOCはベストを尽くしている」WHO事務局長 - 07月31日(土)07:09 

 東京五輪開催中の日本で新型コロナウイルスの感染者が急増していることについて、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日に開いたオンラインの定例会見で、感染リスクがゼロになることはないとの持論を…
カテゴリー:

「干渉されぬこと必要」 米がコロナ起源調査に支持表明 - 07月29日(木)23:19 

 ブリンケン米国務長官は28日、訪問先のクウェートで世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と会談し、WHOが計画している新型コロナウイルスの起源に関する2次調査を支持する考えを伝えた。中国は2次調査…
カテゴリー:

【悲報】インドネシア+2069 - 07月28日(水)07:05  livejupiter

新型コロナ インドネシアで1日の死者2000人超 新型コロナウイルスの感染が拡大しているインドネシアで27日、1日としてはこれまでで最も多い2000人を超える死者が確認されました。 インドネシアではインドで確認された変異ウイルスの「デルタ株」の広がりなどから先月下旬から感染が急速に拡大しています。 インドネシア政府によりますと、27日は新たに4万5203人の感染が確認されたほか、亡くなった人は2069人となり、1日の死者としてはこれまでで最も多くなりました。 WHO=世界保健機関の26日時点のまとめでは、1日あたりの死者...
»続きを読む
カテゴリー:

黄体形成ホルモンテスト市場ーエンドユーザー別(男性および女性)および流通チャネル別(病院、診療所、診断センター、不妊治療センターなど)、疾患の適応症別-世界的な需要分析および機会の見通し2030年 - 07月27日(火)14:30 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「黄体形成ホルモンテスト市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 26日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3138世界的な不妊率の増加、技術的に改善された製品の革新への投資の増加は、市場の発展を促進すると予想されます。市場の成長は、婦人科の問題に対する人口の意識の高まりや、世界レベルでの新興経済国における中産階級の人口の増加などの要因にも起因する可能性があります。世界保健機関(WHO)から収集されたデータによると、2020年には、世界中で約48百万組のカップル、186 百万人の個人が不妊症で生活しています。このような不妊率の増加により、市場での黄体形成ホルモンテストの必要性が急速に高まっています。さらに、前立腺癌の発生率の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。さらに、新興経済国における排卵および出生率モニターの推進需...more
カテゴリー:

日本とIOCの対策評価 テドロス氏 - 07月31日(土)07:09 

東京五輪開催中の日本で新型コロナウイルスの感染者が急増していることについて、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日に開いたオンラインの定例会見で、感染リス...
カテゴリー:

デルタ株拡大 132カ国・地域で確認 世界の感染者は再増加 - 07月31日(土)00:20 

 インドで最初に確認された、新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」の猛威が止まらない。日本でも既に関東の新規感染者の推計7割を占める。世界保健機関(WHO)によると、少なくとも132カ国・地域で確認。米国は新規感染者の約8割に上り、ワクチン接種率の低い地域を中心に拡大、マスク着用を再び義務化する動き
カテゴリー:

【日本赤十字看護大学】「H.E.L.P. in Tokyo」の開催について - 07月29日(木)10:00 

日本赤十字看護大学(所在地:東京都渋谷区広尾4-1-3(広尾キャンパス)、学長:守田美奈子)では、2021年11月15日(月)~11月26日(金)の期間において、赤十字国際委員会(ICRC)・日本赤十字社との共同企画による「H.E.L.P. in Tokyo」を開催します。「H.E.L.P. in Tokyo」とは赤十字国際委員会(ICRC)・日本赤十字社・日本赤十字看護大学の共同企画により、世界8か国で展開されている研修プログラム「H.E.L.P. Course」を日本で開催するものです。「H.E.L.P. Course」とは緊急時の人道的支援提供を専門化し、また救援活動で求められる倫理的規範、人道的原則を普及する目的で、1986年、世界保健機関(WHO)、ジュネーブ大学の協力のもと、赤十字国際委員会(International Committee of the Red Cross(ICRC))によって開発されました。自然災害や紛争などの被災地でおこなう人道援助に必要とされる知識、倫理的行動規範を学び、問題解決のための知見や判断力の修得を目指す研修プログラムとなっています。専門家による講義とあわせ、状況分析やグループ・ディスカッションに重点を置いた、課題解決、参加型のプログラムであることが特徴です。現在はICRCと各国の学術機関、WHO、赤十字・赤新月社が連携し、アメリカ、イラン...more
カテゴリー:

IDWR 2021年第27号<注目すべき感染症> 直近の新型コロナウイルス感染症およびRSウイルス感染症の状況 - 07月27日(火)19:45 

 注目すべき感染症 ※PDF版よりピックアップして掲載しています。◆直近の新型コロナウイルス感染症およびRSウイルス感染症の状況(2021年7月16日現在)   新型コロナウイルス感染症:  2019年12月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認され、2020年1月30日、世界保健機関(WHO)により「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」を宣言され、3月11日にはパンデミック(世界的な大流行)の状態にあると表明された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2021年7月16日15時現在、感染者数(死亡者数)は、世界で188,885,828例(4,066,068例)、196カ国・地域(集計方法変更:海外領土を本国分に計上)に広がった(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19913.html)。
カテゴリー:

【ふたをあけたら】五輪外交空回り? 来日ドタキャン響き、菅首相の相手は12人だけ - 07月26日(月)21:48  newsplus

※2021/07/26 19:51朝日新聞  東京五輪の開会式に合わせた菅義偉首相の首脳級との「五輪外交」は新型コロナウイルスの変異株の流行などによる直前の来日見送りも響き、バイデン米大統領の妻ジル氏を含めても12人にとどまった。首相は、中国を念頭に日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想をアピールしたが、華やかな首脳外交とはいかなかったようだ。  菅首相は開会式を挟んだ22、24の両日、フランスのマクロン大統領や世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長ら国と国際機関の首脳ら11人と会談し、新型コロナ対...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる