「不正融資」とは?

関連ニュース

ノジマ社長の野島廣司氏がスルガ銀行副会長を退任【ミニ舌評】 - 06月14日(月)11:30 

デスク「家電量販大手のノジマ社長の野島廣司氏が、スルガ銀行の取締役副会長を辞任したね」記者「ノジマは18・52%を保有するスルガ銀の筆頭株主で、提携関係にありますが、この資本業務提携を解消する方向で協議しています。シェアハウスを巡る不正融資・・・
カテゴリー:

北海道信金で5000万円超の不正融資 30代の男性職員を懲戒解雇 札幌市 - 06月12日(土)00:48 

 北海道信用金庫で、30代の男性職員が総額5000万円余りの不正融資をしていたことがわかりました。今日ドキッ!で放送2021年06月11日(金) 18時50分 更新
カテゴリー:

CREAL(クリアル)で不動産投資、使い勝手は?投資家の実体験を紹介 - 06月03日(木)18:20 

皆さん、こんにちは。最近、広告などでよく目にする、不動産投資型クラウドファンディングですが、利回りや実際の使い勝手はどのようなものなのでしょうか。 近年、不動産投資と言えばワンルームマンションへの投資が活況を呈しています。ワンルームマンションの多くは、自己資金が物件価格の5%程度ですみ融資を活用できるため、投資初心者でも検討しやすい特徴があります。 不動産投資は、少額の自己資金で高額の物件にレバレッジをかけて購入できるという触れ込みが多く、以前より手軽に始められる印象です。頭金10万円(登記などの諸費用も融資利用を前提)程度から始めることができるフルローンの提案をされることもあります。 しかし、融資を活用して物件を購入する場合には、必要な自己資金が少額に見えるものの、東京都内のワンルームマンションを購入する場合は数千万円程度の借入をすること(債務を負うこと)に変わりはありません。 今回、私が体験レポートをする不動産投資型クラウドファンディングは、融資を利用せずに少額で不動産投資ができる投資方法です。私は不動産投資型クラウドファンディングとして不動産分野に特化したCREAL(クリアル)にチャレンジをしてみました。 CREALは「不動産投資への関心は高いけど多額の借入をするリスクまでは負えない」、「(借入金を返済するのに)20~30年も待てない」、「手元にある余裕資金を手っ取り早く堅実...more
カテゴリー:

「日本は好きだし、悪口は言いたくないけど…」。.. - 05月28日(金)09:50 

「日本は好きだし、悪口は言いたくないけど…」。スルガ銀行の不正融資では外国人も被害に遭いました。東京都内の外資系金融会社に勤めるカナダ人男性のエリックさんもその一人です。
カテゴリー:

不動産投資、購入するべき物件の選び方は?タイプ別に特徴を比較 - 06月13日(日)11:53 

皆さん、こんにちは。2021年5月後半、3回目の緊急事態宣言が6月20日まで延長となりました。コロナ禍の影響を受けて将来の生活が不安という人も少なくありません。新聞社や出版社は、オンラインでの不動産投資イベントを開催し、1回の開催で全国から400人以上の投資家の方が参加するなど活況を呈しています。 金融緩和によるインフレ懸念から、投資対象として純金やプラチナなどの実物資産に目を向ける方も増えています。その中でも、特に金融機関の融資を活用できる不動産投資に注目する方も多くなってきています。 私自身、初心者の方から「不動産投資をするうえで、投資対象としてどのようなタイプの不動産(アセットクラスといいます)が良いのか分からない」、という声をとても多くもらいます。 そこで、今回は、購入するべき物件の選び方や不動産業者を見極めるポイントのほか、不動産投資をするうえで知っておきたいアセットクラスの基本的な特徴を中心に、私の実体験と不動産会社での実務経験をベースに解説していきます。 【投資初心者向け】0から学べる不動産投資セミナー7選 目次 不動産投資で購入するべき物件の選び方 1-1.複数の不動産業者から物件情報を集める 1-2.良い不動産業者を見極めるポイント 不動産投資の対象となる物件 2-1.区分マンション投資 2-2.1棟アパート・マンション投資 2-3.戸建投資 2-4.店舗・事業...more
カテゴリー:

スルガ銀行の不正融資をめぐり弁護士約50人が結成.. - 06月04日(金)09:10 

スルガ銀行の不正融資をめぐり弁護士約50人が結成した「スルガ銀行不正融資被害弁護団」が6月1日、オンライン説明会を開きました。約150人が参加。弁護団は銀行と対決姿勢を鮮明にするため、借金返済を即時停止するよう呼びかけました。
カテゴリー:

【東洋経済】スルガ銀行、「かぼちゃ」の次は「アパマン」の試練 シェアハウス融資の“徳政令"を経て次なる難題 - 06月02日(水)13:02  newsplus

スルガ銀行、「かぼちゃ」の次は「アパマン」の試練 シェアハウス融資の“徳政令"を経て次なる難題 一井 純 : 東洋経済 記者 2021/06/02 5:30 スルガ銀行が抱える不正融資問題が「第2幕」へと突入した。 これまではもっぱら2018年に発覚したシェアハウス向け融資をめぐる不祥事への対応だったが、1棟の投資用アパート・マンション向け融資(アパマンローン)においても、物件オーナーの間で対応を求める声が高まっている。スルガ銀行のアパマンローンの融資額はシェアハウスよりもはるかに多い。元本カット(債務の減免)などの...
»続きを読む
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる