「不始末」とは?

関連ニュース

【東京】葛飾のアパート火災…焼け跡遺体は投資ジャーナル事件の中江滋樹元会長 たばこの不始末が原因か - 02月25日(火)11:36  newsplus

 警視庁亀有署は25日、東京都葛飾区のアパート火災で焼け跡から見つかった遺体について、1980年代に多くの投資家が詐欺被害に遭った投資ジャーナル事件で実刑判決を受けた中江滋樹元会長(66)と確認したと明らかにした。元会長はアパートの住人で、1人暮らしだった。  亀有署によると、倒れていた付近にたばこの吸い殻が散乱していた。たばこの不始末などが出火原因とみて調べている。  亀有署や東京消防庁によると、20日午前8時15分ごろ、近くに住む女性が「煙が出ている」と119番。火元の部屋約25平方メートルが焼けた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

民法改正で「身元保証契約書」のどの部分を変更すればいいのか - 02月17日(月)20:00 

2020年4月、民法の改正によって、「身元保証書」の取り扱いが大きく変わります。そもそも身元保証書があまりピンとこないかもしれませんが、民法によって定められた「企業と身元保証人との契約」です。法的効力を持つ大切な契約なので、人事労務担当者はきちんと知っておくべき情報といえます。そこで、無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』の中では、この改正で何が変わったのか、具体的に契約書をどう変更すればいいのかを解説しています。 身元保証契約の極度額 改正民法第465条の2第1項に基づき、身元保証契約書や土地建物賃貸契約書の個人根保証契約の保証人に責任は、極度額を限度として履行責任を負い、極度額の定めがなければ、その契約は無効となる。 顧問先にこのアナウンスをすると、では身元保証契約書をどのように変更したら良いのか?という問い合わせが多くなった。 深田GL 「民法が改正されて、身元保証契約の書面、変更しないとダメだろ。あれって、うちの事務所の原本、もう変更したっけ?」E子 「いやぁ~、まだやったと思うよ。私もしてないし、誰かもしてないと思う~」 深田GL 「そうや、新米くんにしてもらうっていうのは?」 新米 「え?なんですか。ボクにできることはやりたいです」 E子 「身元保証契約書だけど、極度額の定めが入るようフォーマット変更しておいてよ」 新米 「あ、はい。わかりました。ところで、そも...more
カテゴリー:

米民主アイオワ州委員長が辞任、党員集会集計作業の混乱受け - 02月13日(木)11:00 

米民主党のアイオワ州委員長を務めるトロイ・プライス氏が12日に辞任した。同党が声明で明らかにした。 大統領選に向けた民主党候補者選びの初戦となる同州の党員集会で、集計結果を出せなくなる混乱が生じた責任をとったとみられる。 プライス氏は党の州中央委員会委員に宛てた辞任届で「党委員長として、今回起きたことを大変申し訳なく思うとともに、アイオワ州民主党を代表し、あらゆる不始末の責任を負う」と謝罪した...
カテゴリー:

かつては「ネットカフェ」今は「道の駅の駐車場」 Nスペ「車中の人々」が示した“貧困難民”の滞留場所 - 02月19日(水)11:38 

衝撃的だった「車中の人々」久しぶりに現在の日本社会の「貧困」の断面に切り込んだドキュメンタリーを見た。2月15日(土)に放送されたNHKスペシャル「車中の人々〜駐車場の片隅で〜」。以下、番組の流れをふり返りながら、この番組が伝えた衝撃を見ていこう。冒頭、氷点下の「道の駅」で情報を受けた取材班が雪の降り積もった駐車場で車を探す場面から始まる。「駐車場で暮らす親子がいる」。灯りを消した黒いワンボックスカーには「おばさんが運転席。後ろの座席におばあちゃんが乗っている」と目撃者が証言する。車中生活は3年になるという。取材のきっかけは、2019年8月21日に上毛新聞に掲載された92歳の女性が車中で死亡したという事件だったという。記事は「3世代1年車上生活か」という見出しで家族3人が1年間も駐車場で生活していた実態の断片を伝えた。こうした人々が他にもいるのではないかとNHKは全国の道の駅1160すべてを取材。事情があって長期間、車で生活する人たちが相当数に上ることがわかってきた。年齢層もバラバラで切実な声を拾っていた。若い女性「事情があって(会社の寮を)出なきゃいけなくて家がない」20代の男性「友だちゼロで彼女もいない。人間関係は難しい」60代男性「布団で死にたいね。やっぱ最後は・・・」 生きる場所が車しかない、と口々に語る人々。駐車場の片隅で起きている現実を追った。道の駅の駐車場は...more
カテゴリー:

「猫の糞尿被害にウンザリ。市に相談したら、薬品リストを手渡されて...」(鹿児島・60代男性) - 02月15日(土)21:46  poverty

2020/02/15 17:00Jタウンネット 「どうして、私が薬品を購入して散布するのですかね...」 鹿児島県に住むGさん(60代男性)は、近所で飼われている猫が、自分の家の敷地内で排泄することに悩んでいるという。市役所に相談したところ、渡されたのは猫除けの薬品リスト。 他人の不始末をどうして自分が処理しなければならないのか。そんな彼の悩みは、尽きないようで...。編集部宛に寄せられたメールを見ていこう。 https://news.nicovideo.jp/watch/nw6614098 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ひぃぃ】衝撃の中身だった! 道路脇や中央分離帯によく落ちている「飲みかけのペットボトル」の正体とは? - 02月05日(水)22:00  newsplus

■落ちているのは飲みかけの「お茶」ばかりでジュースはない……  ポイ捨てというのは非常にみっともない行為で、今やクルマに乗っていても、歩いていてもとにかく捨ててはダメ。当たり前のことに思うかもしれないが、ちょっと前まではタバコの吸い殻を窓からポイするのを見かけたもので、最近マナー向上が著しいとも言える。  そんななか、いつもの交差点(都心)で信号待ちをしていて、ふと中央分離帯の茂みに目をやるとゴミがけっこう散らかっていて、そのなかに飲みかけのペットボトルがあるのを目撃。それ以来、いつ見ても落ちて...
»続きを読む
カテゴリー:

「不始末」の画像

もっと見る

「不始末」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる