「三菱重工業」とは?

関連ニュース

【悲報】ジャップ官僚また懲りずに「日の丸ジェット」に税金5兆ぶっこむ模様 - 04月23日(火)10:40  poverty

また懲りずに血税5兆円を…!? 国策「日の丸ジェット」の見果てぬ夢に「エリート官僚」たちが固執する「大ひんしゅくの理由」 4/23(火) 6:05配信 492 コメント492件 現代ビジネス 次の投入額は「ケタ違いになる」 写真提供: 現代ビジネス  「YS-11以来、約40年ぶりの日の丸旅客機」との経済産業省の甘言に乗せられた三菱重工業が約1兆円の資金を溶かした末、ジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の開発を断念してからわずか1年余。国の出資金500億円を棄損させた経産省が性懲りもなく「日の丸ジェット機」開発の...
»続きを読む
カテゴリー:

【サステナブル・ブランド国際会議 2024リポート】サーキュラーエコノミーに関する動向と先進企業の取り組み - 04月04日(木)15:38 

2024年2月21日・22日に「サステナブル・ブランド国際会議 2024」が開催されました。第8回目を迎える同会議の今回のテーマは「REGENERATING LOCAL(リジェネレーティング・ローカル)」です。会議では同テーマに関する多様なセッション・ワークショップなどが実施されました。 本記事では「サーキュラーエコノミーに関する動向と先進企業の取り組み」についてレポートします。同セクションでは、小田急電鉄・イオン・大日本印刷といった、日本を代表する企業のサーキュラービジネスの取り組みが紹介されました。 ※本記事は2024年4月4日時点の情報です。最新の情報についてはご自身でもよくお調べください。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 登壇メンバー サーキュラーエコノミーが求められている背景とは 小田急電鉄が展開する、地域のゴミ問題へのアプローチ イオンの“2030年まで使い捨てプラスチック半減”への取り組み DNPが進める、資源循環に関する自治体との取り組み パネルディスカッション:各社の取り組みの課題について 6-1.リサイクルシフトへの課題感 6-2.Loopを広げるための課題 6-3.『プラスチック資源循環の見える化』へ...more
カテゴリー:

F-35ってひょっとして日本で作ったほうが安くね?労働力も安いし円安。エマニュエル米大使三菱視察 - 04月17日(水)09:40  news

駐日米大使「名古屋の改善はテキサスでも」戦闘機F35組み立て視察 https://news.yahoo.co.jp/articles/c03a28886274b6385a02ef428caa6d9d9998ab1a エマニュエル駐日米大使が16日、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)を訪れ、米ロッキード・マーチン社の最新鋭ステルス戦闘機F35の最終組み立ての様子を視察した。生産コストが米国内並みに低く抑えられていると評価し、「米国は日本から学んでいる。日本が米国をより良くしている」と語った。 【写真】視察を終え、報道陣の質問に答えるエマニュエル駐日米大使(左)=2024年4月16...
»続きを読む
カテゴリー:

トランジションボンド/ローン、環境への投資を促進するファイナンス手段 - 04月02日(火)15:57 

一般社団法人カーボンニュートラル機構理事を務め、カーボンニュートラル関連のコンサルティングを行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / @fukuokasho12))に解説していただきました。 目次 トランジションボンド/ローンとは 1-1.トランジションボンドの概要 1-2.トランジションローンの概要 1-3.トランジションボンド/ローンが増加した背景 トランジションボンド/ローンの特徴 2-1.より広範囲な企業が利用可能 2-2.気候変動対応に関する事業戦略の具体化が可能 2-3.発行環境の整備 トランジションボンドの具体例 3-1.三菱重工業株式会社 3-2.日本郵船株式会社 トランジションローンの具体例 4-1.株式会社IHI 4-2.九州電力株式会社 まとめ 近年、環境問題や社会問題の解決に資するトランジション・ファイナンスが話題となっており、金融機関などにおいても、トランジションボンドやトランジションローンというワードを目にすることが増えてきました。 こうしたトランジション・ファイナンスは、温室効果ガスの削減などをはじめとするサスティナブルな社会に向けた移行プロセスに出資できるという観点から、リスク軽減につながるだけでなく、より確実性の高いビジネスチャンスがあると考えられており、日本でも大きな注目を集めています。 そこで今回は、トランジ...more
カテゴリー:

こんなの見てる