「三木武夫元首相」とは?

関連ニュース

三木元首相実家(徳島・阿波市)解体延期 親族「地元の意見聞く」 - 01月13日(日)10:00 

徳島県阿波市土成町吉田にある故三木武夫元首相の実家を解体して市が記念公園を整備する計画で、三木家側が解体工事の一時延期を決めたことが12日、分かった。解体についての地元住民の反応を知りたいというのが理由。 11日、「解体が始まった」との新聞報道があり、市民の中には惜しむ声があると知った三木元首相の次男格氏(67)=東京都江東区、会社員=が延期を決めた。格氏は「土地を市のために役立ててほしいとの思いは変わらない。ひとまず住民の方々の考えを聞き、その上で工事を進めるかどうか判断したい」と述べた。
カテゴリー:

三木元首相の実家解体「待った」 - 01月13日(日)09:48 

徳島県阿波市出身の三木武夫元首相の実家が解体されることになった。築80年以上と老朽化していることから、親族が跡地の寄贈を市に打診。保存する案も出たが、市は「郷土...
カテゴリー:

三木元首相の実家解体「待った」 市民ら保存の動き 徳島・阿波 - 01月13日(日)09:49 

 徳島県阿波市出身の三木武夫元首相の実家が解体されることになった。築80年以上と老朽化していることから、親族が跡地の寄贈を市に打診。保存する案も出たが、市は「郷土の偉人でも、実家の維持管理費に公金は支出できない」として、お遍路が休憩できる公園に整備する方針を決めた。これに対し、住民有志が12日、現地
カテゴリー:

三木元首相の実家解体 跡地、徳島・阿波市が公園整備 - 01月11日(金)12:01 

徳島県阿波市土成町吉田にある故三木武夫元首相の実家が取り壊され、市が跡地(約1400平方メートル)の寄贈を受けて記念公園を整備することが10日、分かった。所有者の親族が解体に取り掛かっており、市民からは惜しむ声も上がっている。 住宅は木造平屋約110平方メートル。別の場所にあった生家が取り壊された後、1937年ごろまでに建てられ、三木元首相も住んだことがある。本人が都内に転居した後は親族が暮らし、選挙の際には事務所として使われたが、少なくとも2000年ごろからは空き家になっていた。
カテゴリー:

「三木武夫元首相」の画像

もっと見る

「三木武夫元首相」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる