「三島由紀夫」とは?

関連ニュース

「虚構」を生きる力に 倉数茂さんの長編「名もなき王国」 - 06月12日(水)14:40 

 日本SF大賞と、純文学に贈られる三島由紀夫賞。倉数(くらかず)茂さん(50)の長編『名もなき王国』(ポプラ社)は受賞こそ逃したものの、ジャンルをまたいで著名な文学賞の候補となり注目された。「生きていくためには、フィクション(虚構)が必要」と語る作家に今の創作観を聞いた。
カテゴリー:

【悲報】三島由紀夫さん、とんでもない女叩きしてしまう - 06月12日(水)05:57  livejupiter

http://www.art-tokyo.com/?p=136 >女性は劣等であり、私は馬鹿でない女(もちろん利口馬鹿を含む)にはめったに会ったことがない。 >こう云うと、いかにも私が、本当に聡明な女性に会ったことがない不幸な男である、 という風に曲解して、私に同情を寄せてくる女性がきっと現れる。 こればかりは断言してもいい。 >しかしそういう女性が、つまり一般論に対する個別的例外の幻想にいつも生きている女が、実は馬鹿な女の代表なのである。 ひどいな😵 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【背筋も凍る!女の事件簿】由緒正しい寺が火事により消失! 犯人女性の驚くべき動機とは? - 06月02日(日)22:30 

昭和を代表する作家・三島由紀夫の小説『金閣寺』。これは京都府にある鹿苑寺(通称・金閣寺)において発生した実在の放火事件(1950年)を元にした小説で、犯人は同寺の僧侶見習いを...
カテゴリー:

さっきの三島由紀夫スレのID:eDxNyWeu0来い - 06月12日(水)06:51  livejupiter

決着つけるぞ ...
»続きを読む
カテゴリー:

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第6回「かつてバブル期を彩った華やかな街・赤坂」 - 06月05日(水)19:01 

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第6回は、老舗の料亭やレストラン、一流ホテルが立ち並ぶ街、赤坂を紹介する。続きを読む
カテゴリー:

原爆、天皇制、憲法9条も…新“芥川賞作家”の新作はSF? | ananweb - マガジンハウス - 05月31日(金)19:00 

「デビューする前から、このタイトルと、9章からなる長編という構想はありました」今年、芥川賞を受賞した上田岳弘さんの注目の最新作、『キュー』。ニムロッド、塔、飛行機、“私の恋人”など過去作にも出てきたモチーフが盛り込まれた集大成的な長編だが、逆に言えば、本作に向かって過去の作品を執筆してきたともいえそうだ。遠い未来でCold Sleepから目覚めた人間。突然拉致された、現代の心療内科医の青年。軍人だった祖父、前世では広島の原爆で死んだという女性、世界で秘密裏に敵対する2つの勢力、謎めいたAll Thingという物体――バラバラなモチーフが少しずつ繋がる展開がなんともスリリング。「今回はこれだけの長さの小説ですから、イメージを膨らますために、詩や戯曲を思いのままに書いてみたんですね。そこから合致するものを小説にはめこんでいきました。今回、前段階として書いてみた戯曲は、All Thingというすべてを叶える板を守る軍勢と攻める軍勢が戦うという、SFでシェイクスピアをやったような内容でした」未来を幻視する本作は、All Thingをめぐる物語ともいえる。「人類の行き着く先を象徴するそれが、タイムスリップして現代にあるという設定です。未来を現代に輸入して今の問題点や将来の危険性を知らしめるという、SF小説によくみられる効能をやってみたかった」世界文学的SFの中に、原爆、天皇制、憲法9条が登場...more
カテゴリー:

「三島由紀夫」の画像

もっと見る

「三島由紀夫」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる