「三島由紀夫」とは?

関連ニュース

「美しさ、艶めかしさ、凛とした強さ」。THE YELLOW MONKEYが令和に届ける「アナログ感」とは。 - 04月17日(水)10:13 

THE YELLOW MONKEY。言わずとしれた人気ロックバンドは、平成元年(1989年)の12月28日、現在のメンバーで誕生した。人気絶頂期の2001年に活動休止し、2004年に解散。2016年の再集結を経て、19年ぶり、平成の最後に送り出すのが、9枚目のオリジナルアルバムの『9999』(2019年4月17日発売、ATLANTIC/Warner Music Japan)だ。キーワードの一つは「アナログ感」。平成を駆け抜け、令和に向かって再び生まれ変わるバンドが大切にしたものは、音楽が心を動かす「手触り」だという。それは一体何なのか?時代の移り変わりに今、届けたかった音楽とは。4人がインタビューで語った。   「『令和』は、新しいTHE YELLOW MONKEYに似てる」「新しい元号の『令和』、僕は大好きですよ。昭和の美しさ、艶めかしさもあるし、凛とした強さもあるし、新しさもある。すごくイエローモンキーの新しいあり方に似てる。平成よりも合うと思いますね」(吉井)グラムロック、ヘヴィメタルなど、メンバーが傾倒してきた洋楽ロック。それに絡みつくように響く日本の昭和の歌謡曲のエッセンスが、THE YELLOW MONKEYの音楽性を唯一無二のものにしてきた。一方で、解散直前の2000年頃はそれが逆に洋楽コンプレックスにも結びつき、苦しんだ時代もあったとい...more
カテゴリー:

燃えるノートルダム大聖堂を見た日本人の反応「『金閣寺』思い出す」 - 04月16日(火)10:42 

16日未明(現地時間15日夕)、フランス・パリにあるユネスコ世界遺産のノートルダム大聖堂で大規模火災が発生。この火災を受けてマクロン大統領は「明日より世界中から寄付を募る」と発言した件は先ほどお伝えした通り。しかし、日本のTwitter上には、トレンドワードとして「ノートルダム寺院」「ノートルダム大聖堂「ノートルダム火災」に混じって、「金閣寺」というワードが上位にランクインし、話題となっています。 関連記事 ● 仏ノートルダム寺院で大規模火災。マクロン氏「寄付募る」に賛否 昭和25(1950)年7月2日未明に起きた鹿苑寺(金閣寺)の「金閣寺放火事件」をモチーフにした、三島由紀夫の代表作『金閣寺』。作品中の火をつけた僧侶による「いつかきっとお前を支配してやる」というセリフは有名ですが、今回の仏ノートルダム大聖堂の火災をテレビやネットなどで見た日本人が、この『金閣寺」が燃えるシーンを思い出した人が多かったようで、Twitterのトレンドワードには、「金閣寺」というワードが上位にランクインしました。 金閣寺放火事件で焼失した1950年の金閣寺。image by: 不明 [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で 「世界遺産が燃えたというのに不謹慎だ」という声もある一方で、日本人の中には「伝統を象徴する建造物が燃える姿=金閣寺」という連想が結びつき、多くのツイート投...more
カテゴリー:

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第2回「日常を少しだけ贅沢にしてくれる街・神保町」 - 04月09日(火)10:00 

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第2回は、世界最大級の古書店街であり、カレーの激戦区でもあるレトロな街、神保町を紹介する。続きを読む
カテゴリー:

トンネルを抜けると一人酒であった - 04月16日(火)20:15  news4vip

乾杯 ※4/16 康成忌 小説家・川端康成の1972年の忌日。 門下の三島由紀夫の割腹自殺等による強度の精神的動揺から、ガス自殺した。 代表作「雪国」「伊豆の踊子」など。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

生誕90年・没22年! 作曲家 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開。 - 04月10日(水)09:00 

スリーシェルズは、作曲家の黛敏郎の没22年を記念して、オーケストラ・トリプティークによる演奏動画を4月10日に公開しました。5月には記念コンサートも開催されます。生誕90年・没22年! 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開。黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)は2019年で、生誕90年、没22年を迎えます。本日、4月10日が没22年の命日となります(1997年4月10日命日)。スリーシェルズは、黛敏郎の生誕90年、没22年を記念して、オーケストラ・トリプティークの演奏動画より、 黛敏郎のバレエ音楽「ザ・カブキ」より「討ち入りの場」を公開しました。黛敏郎(まゆずみ・としろう/1929-1997)はTV番組「題名のない音楽会」の司会者、映画「東京オリンピック」や「天地創造」の音楽作曲者、音響の探求者としてのオーケストラ作品の数々が知られています。斬新な発想とダイナミックなサウンドは、世界で評価され、数々の芸術家に影響を与えました。三島由紀夫とはオペラや電子音楽を作り、安部公房とはミュージカルを、モーリス・ベジャールとはバレエを作りました。岡本太郎とは、大阪万博の太陽の塔、谷川俊太郎とは、ミュージカル映画を作っています。黛とのコラボレーションから生まれた傑作は少なくありません。数多くの映画音楽だけでなく野球やプロレスのテーマ音楽として使われた「スポーツ行...more
カテゴリー:

「三島由紀夫」の画像

もっと見る

「三島由紀夫」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる