「三原舞依」とは?

関連ニュース

坂本花織がSP首位 フィギュア西日本選手権 - 10月31日(土)13:05 

 フィギュアスケートの西日本選手権は30日、京都アクアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2018年全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が70・40点で首位に立った。17年四大陸選手権優勝の三原舞依(シスメックス)が64・50点で2位、白岩優奈(関大)は64・06点で3位につけた。
カテゴリー:

三原舞依2位発進「驚きが一番」1年7カ月ぶり復帰 - 10月30日(金)22:00 

今月の近畿選手権で体調不良から約1年7カ月ぶりの競技会復帰を果たした三原舞依(21)が、64・50点を記録して2位発進した。首位の坂本花織(ともにシスメックス)とは5・90点差。演技を終えるとガッツポーズで喜びを表現し「順位も点数も自分…
カテゴリー:

宇野昌磨はどの大会に? 今季のフィギュアスケート、見どころは | ananweb - マガジンハウス - 10月26日(月)19:00 

いよいよフィギュアスケートのグランプリシリーズ(GPS)が始まる。新型コロナウイルスの影響により、今シーズンは例年と異なり、変則的な開催となる。通常なら選手は1人2大会に出ることが可能だったが1大会のみに。出場する大会は自国ないしはその近隣国、あるいはトレーニングの拠点となる国に制限される。羽生結弦はGPSの欠場を表明しているが、それでも、フィギュアスケートファンにとっては待ちに待った、選手の演技が観られる舞台だ。選手はなおさら、演技を披露できる場があることを楽しみにしている。今シーズンの出場条件のもと、海外を練習拠点とするシングルの4名は、それぞれの地でエントリー。スイスで過ごす宇野昌磨と島田高志郎、紀平梨花はフランス大会、そして宮原知子はカナダ大会を選択した。それ以外の日本勢はNHK杯に出場する。トリプルアクセル習得に力を注いできた樋口新葉、病気の影響で昨シーズンを休養にあてた三原舞依、さらには進境著しい鍵山優真、佐藤駿らの演技を、一大会で観ることができる貴重な機会となる。また、今シーズンからアイスダンスに挑んでいる髙橋大輔と村元哉中がエントリーしていることも、NHK杯で注目すべきところだ。選手は新型コロナウイルス禍でさまざまな制限を受ける中、試合の場に立つ日を思い描き懸命に取り組んできた。自粛要請期間はリンクに立つことができず、自宅などでトレーニングするなど制限を強いられた。...more
カテゴリー:

三原舞依、復帰2戦目で2位 連続3回転組み込む - 10月19日(月)00:22 

ショートプログラム(SP)2位の三原舞依(21=シスメックス)が、前戦の近畿選手権からジャンプの構成を上げて2位に入った。フリー2位の127・40点を記録し、合計191・00点となった。 三原が宣言通り、自分との戦いに挑んだ。昨季は体調…
カテゴリー:

三原舞依「1つ1つ大切に滑りたい」連続3回転着氷 - 10月17日(土)20:05 

前戦の近畿選手権で体調不良から約1年7カ月ぶりに競技会へ復帰した三原舞依(21)が、復活へ1歩前進した。SP63・60点で2位となり、首位には76・10点で坂本花織(20=ともにシスメックス)が立った。 三原が自らへ出した課題に向き合っ…
カテゴリー:

女子の坂本がSP首位 フィギュア西日本選手権 - 10月30日(金)23:26 

 フィギュアスケートの西日本選手権は30日、京都アクアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2018年全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が70・40点で首位に立った。17年四大陸選手権優勝の三原舞依(シスメックス)が64・50点で2位、白岩優奈(関大)は64・06点で3位につけた。
カテゴリー:

「ただいま」復帰の三原舞依、笑顔に込めたスケート愛 - 10月28日(水)08:00 

 帰ってきた喜びを銀盤でいっぱいに表現した。三原舞依(21=シスメックス)にとって、10月上旬にあったフィギュアスケートの近畿選手権は1年半ぶりの実戦。報道陣の取材で「うれしい」という言葉を何度も口に…
カテゴリー:

「はーラジオもねえ」←ド田舎でもAM放送くらい届くだろ - 10月19日(月)01:18  poverty

三原舞依3位発進「ただいま」「よし、行くぞー」喜びかみしめ566日ぶり実戦(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/6714479df890498a7bf4bf0b9b870898a45275ca ...
»続きを読む
カテゴリー:

坂本花織V!合計214・39点、2位は三原舞依 - 10月18日(日)21:53 

フィギュアスケートの全兵庫選手権は18日に兵庫・尼崎スポーツの森で行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織(20)が優勝した。フリーもトップの138・29点を記録し、合計214・39点とした。 10月の近畿選手権で体調不良…
カテゴリー:

1つ1つ、着実に…三原舞依が1年半ぶりに実戦リンク復帰「すごく、ただいまという感じです」 - 10月12日(月)17:00 

「滑り切れて、よかったなという思いが頭の中にいっぱいありました」ショート同様、笑顔の三原の言葉は、時間の重みが込められていた。2019年3月、ユニバーシアード冬季競技大会から帰国した直後に出場した「PIフリースケーティング大会」以来の試合のリンクだ。試合だけではなく、滑ることができなかった期間も長い。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「三原舞依」の画像

もっと見る

「三原舞依」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる