「万キロ」とは?

関連ニュース

ダイムラーAG/バッテリー式電動トラック等の走行距離700万㎞超 - 09月15日(火)10:59 

ふそう、メルセデスベンツ、フレイトライナーを含むダイムラー商用車ブランドを抱えるダイムラーAGは9月14日、バッテリー式電気自動車(BEV)が累計700万キロの走行距離を達成したと発表した。 これは、2022年までに全世 […]
カテゴリー:

車のタイヤ交換を2年半ですることになったんだがこれって早すぎない? - 09月14日(月)14:17  news4vip

もうスリップサイン出そうだから交換しろって言われたわ ムーヴで年間1万キロ走行な 走りまくってるわけでもないしなんでなんだろ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ゲンダイ、菅の父が組合長やってただけで142名で1200万(一人当たり8万円)の売上を豪農に仕立てあげる - 09月11日(金)16:07  news

あきた(通巻115号) 1971年(昭和46年) 12月1日発行  「秋の宮いちご生産出荷組合」は菅和三郎さん(五四)を組合長とし、会員百四十二名、栽培面績二十ヘクタール。 生産量も順調に伸びており中央市場でも"秋の宮いちご"としてその名を知られるようになった。  秋の宮地区は山間部のため水田面積が少ないが高地を開墾して、リンゴなどの果樹栽培は昔から盛んな所。 会員たちの平均水田面積も約○・六ヘクタールほど。このため副収入の道として戦後、いちごの栽培を行なってきた。 (中略) 今年の出荷量は生食用が五万四...
»続きを読む
カテゴリー:

電通ってなにやってる会社なの???????????????????????????????????????????????? - 09月11日(金)09:58  poverty

https://digital.asahi.com/sp/articles/ASN965WMMN94IIPE016.html 北海道の町が独自の電線 大停電2年、電力は自ら守る 2018年9月の北海道胆振(いぶり)東部地震で国内初のブラックアウト(全域停電)が発生し、北海道では最長2日間にわたり電気のない生活を強いられた。大規模な停電の再発に備えて、北海道の各地では電力会社の送電網から「独立」し、再生可能エネルギーで電気の供給を続ける取り組みを自治体や企業が始めている。 非常時は「独立」 太陽光の電気を供給  北海道十勝地方の鹿追(しかおい)町。人口5千人余...
»続きを読む
カテゴリー:

シエンタほしいんだけど来年のフルモデルチェンジまで待てないけど買っていいかな - 09月07日(月)23:23  news4vip

いま21年式のカローラフィールダー16万キロ あちこちボロボロで修理も必要だしタイヤも今年で終わりだし来年6月に車検 モデル末期のシエンタならかなり安くしてくれるかな フルモデルチェンジ来年の予測だけど多分車検が先にくる ...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】10万キロ逝った~!! - 09月15日(火)08:21  news4vip

新車から10年 長かったわ ...
»続きを読む
カテゴリー:

今回もGMのアンカラ君を空港で借りました。15万キ.. - 09月14日(月)13:31 

今回もGMのアンカラ君を空港で借りました。15万キロでちょっとくたびれていますが、自転車はトランクにぴったりサイズ。#甘粛青海
カテゴリー:

七戸十和田風力に出資 東北電、青森県内参画4例目 - 09月11日(金)12:53 

東北電力は10日、ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、本社東京)が建設を進めている「七戸十和田風力発電事業」(七戸町、十和田市、青森市)に出資参画することを発表した。東北電が青森県内の風力発電事業に出資参画するのは4例目。七戸十和田風力発電は、3市町にまたがる八幡岳に出力約3.1万キロワットの陸上風力発電設備を設置する計画。2019年7月から建設工事が始まり、21年12月の運転開始を目指す。東北電によると、発電した電気は送配電会社の「東北電力ネットワーク」に売電するという。JREは今回…
カテゴリー:

鹿児島県焼酎出荷量、17年ぶり10万キロリットル切る 19酒造年度 - 09月08日(火)23:00 

 鹿児島県酒造組合は8日、2019酒造年度(19年7月~20年6月)の県産本格焼酎の需給状況について会見した。出荷量は7年連続で前年を下回り、02年度以来17年ぶりに10万キロリットルを割り込んだ。若者のアルコール離れや缶酎ハイ人気などで減少傾向が続く中、新型コロナウイルスで首都圏の業務用が落ち込んだと分析。「量を求めると価格競争になる。質を重視し、113蔵の多様性をアピールしていく」としている。
カテゴリー:

ロシアYandexがUberとのJVから自動運転事業をスピンアウト、159億円を新会社に投資 - 09月06日(日)11:45 

自動運転車が実際に普遍的な存在になるまでにはまだ何年もかかる。だが実現したときに最前線に立っているための戦略の一環として、自動運転車の開発や普及に向けた大きな取り組みの1つが今日、重要な一歩を踏み出した。ロシアで検索エンジンとしてスタートした上場ハイテク大手で、米国のGoogle(グーグル)と同じように多くの関連分野に手を拡げたYandex(ヤンデックス)が9月4日、Uber(ウーバー)との合弁事業(JV)で配車サービスと料理宅配を行うMLU BVから自動運転事業をスピンアウトすると発表(Yandexリリース)した。 YandexとUberが昨年MLUのIPOを目論んでいたという報道も(Bloomberg記事)ある中での動きとなった。当時、合弁会社のバリュエーションはおよそ77億ドル(約8160億円)と見られていた。新型コロナウイルスが世界中の配車サービスと料理宅配ビジネスに大きな圧力となり、全般的にIPOが1年前と比べて減少している状況で、MLUのIPO計画がこの数カ月でどう影響を受けたのかは定かではない。 その意味で、同ユニットのスピンアウトはMLUの経済性とコストベースを改善する可能性があるが、Yandexは自動運転への集中投資のためだと述べている。 「Yandexのスピンオフの動機は2つある」と広報担当者は述べた。「ビジネスの観点からは、成長性が高く戦略的に重要なビジネスへ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「万キロ」の画像

もっと見る

「万キロ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる