「一国二制度」とは?

関連ニュース

習近平が台湾と世界に叩きつけた挑戦状。「米中新冷戦」の行方 - 07月13日(月)21:27 

世界各国が新型コロナウイルスの感染拡大の対応に追われるなか、内外で不穏な動きを活発化させている中国。習近平国家主席の狙いは「One China」と「太平洋進出」という2つの宿願成就にあると元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんが、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で解説。この動きに対抗するアメリカとの「新冷戦」は、日本列島が最前線になると分析しています。 ついに世界の緊張の中心になったアジア太平洋地域 『新型コロナウイルス感染拡大は、紛争を凍結させるどころか、逆に誘発してしまった』以前、このコーナーでもこう切り出しました。 新型コロナウイルス感染拡大は、日本でされる報道では感染のスピードが弱まったと言われていますが、世界全体に目を移してみると、まだまだ第1波の最中と思われる地域も多くある一方、予想よりもはるかに早い第2波の到達を疑わせる状況が起きています。 コロナを“克服”したはずの中国の首都・北京郊外では、新型コロナウイルス感染拡大の再拡大の様子が見られますし、アメリカでも11州で感染の再拡大が見られます。それが第1波の続きなのか、それとも第2波なのかはまだ分かりませんが、経済活動が再開されいよいよ夏を迎える北半球で、コロナからの復興の出鼻を挫くかのようにウイルスの拡大が襲い掛かっています。アメリカではついに全世界の感染者数の25%に...more
カテゴリー:

香港人女性「香港は生活用水さえ中国大陸に頼ってるくせに、よくもまあ中国の悪口が言えたものだ」 - 07月11日(土)08:59  poverty

 <70代女性・年金生活者 賛成> 「私は、香港国家安全維持法に賛成する。この一年というもの、香港はまるで無法地帯のようになってしまっていた。ウチの近所でも、たびたびデモや店舗への破壊行為などが起き、住民たちは恐くて仕方なかった。これからは香港が安全な町になることを思うと、ホッとする。  デモをする若者たちに言いたいのは、『香港はすでに中国に返還された』ということだ。中国に反対するなら返還前にやるべきで、返還後にデモをしても、独立できるわけでもないし、無意味ではないか。  そもそも、香港は生活...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】 香港の次は自分たち・・・国家安全法施行におびえる台湾 - 07月08日(水)14:59  newsplus

香港で施行された「香港国家安全維持法」が今、台湾の人々を震撼(しんかん)させている。 中国政府の次の狙いは、民主主義体制をとる台湾ではないかとの懸念が広まっているのだ。 1949年、毛沢東率いる中国共産党との内戦で敗れた中国国民党は台湾に逃れた。 以来、中国政府は必要なら武力行使も辞さない構えで、中台の統一を目指している。 台北市にある国立台湾大学の学生、シルビア・チャンさん(18)は「今回の法律で中国がもっと嫌いになった」と言う。 「中国は(返還後)50年間は香港を変えないと約束していたのに、ます...
»続きを読む
カテゴリー:

自民党 ガチギレ二階を無視して習近平来日中止決議を了承 自民党「安倍は池沼だし二階はボケてるから無視してOK🙆」 - 07月07日(火)22:53  poverty

 自民党は7日の政調審議会で、中国の習近平国家主席の国賓来日について、中国による香港統制を強める「香港国家安全維持法」の制定を受けて「中止を要請せざるを得ない」とする決議を了承した。表現を弱めたものの、焦点となった「中止を要請」の文言は、維持を求める党内世論を根拠に残った。仲裁した岸田文雄政調会長には「ポスト安倍」を見据えて指導力を示す機会になったが、対中関係の悪化を危惧する二階俊博幹事長との溝は深まり、来年9月までにある党総裁選へ課題を残した。  決議では同法の施行に合わせて香港で大量の逮捕...
»続きを読む
カテゴリー:

中国“共産主義テロ”に備えよ! 日本にも巧妙な“トロイの木馬”が潜入 世界で「体制転覆作戦」仕掛ける左派過激勢力 - 07月07日(火)20:00 

中国による「国家安全維持法」が施行され、香港の「一国二制度」は崩壊した。米国でも反人種差別デモに便乗した左派過激勢力の影があるなど、反民主主義勢力が世界で蠢(う…
カテゴリー:

70歳香港人女性「香港は生活用水さえ中国大陸に頼ってるくせに、何が独立だ。笑わせるな糞ガキ」 - 07月11日(土)09:51  news

 <70代女性・年金生活者 賛成> 「私は、香港国家安全維持法に賛成する。この一年というもの、香港はまるで無法地帯のようになってしまっていた。ウチの近所でも、たびたびデモや店舗への破壊行為などが起き、住民たちは恐くて仕方なかった。これからは香港が安全な町になることを思うと、ホッとする。  デモをする若者たちに言いたいのは、『香港はすでに中国に返還された』ということだ。中国に反対するなら返還前にやるべきで、返還後にデモをしても、独立できるわけでもないし、無意味ではないか。  そもそも、香港は生活...
»続きを読む
カテゴリー:

香港、国家安全維持公署を正式に開設。犯罪者を中国大陸に連行可能に「治安を守る門番となる」 - 07月08日(水)15:48  news

中国政府、香港に治安維持機関を新設 国安法で 香港への統制を強化する「香港国家安全維持法」の施行を受け、中国政府は8日、香港に治安機関「国家安全維持公署」を開設した。中国大陸から派遣される公安捜査員がここを拠点に、初めて香港域内で活動することになった。 「香港国家安全維持法」(国安法)によって、中国政府への批判は犯罪行為と位置づけられることになった。国家安全維持公署は新法の執行機関。 「一国二制度」が約束されていた香港はこれまで、中国国内で唯一、政府批判が違法ではない地域だった。 新法の成...
»続きを読む
カテゴリー:

【毎日】習主席の来日「中止せざるを得ず」 自民が決議 岸田氏と二階氏に溝 ★2 - 07月08日(水)09:03  newsplus

 自民党は7日の政調審議会で、中国の習近平国家主席の国賓来日について、中国による香港統制を強める「香港国家安全維持法」の制定を受けて「中止を要請せざるを得ない」とする決議を了承した。表現を弱めたものの、焦点となった「中止を要請」の文言は、維持を求める党内世論を根拠に残った。仲裁した岸田文雄政調会長には「ポスト安倍」を見据えて指導力を示す機会になったが、対中関係の悪化を危惧する二階俊博幹事長との溝は深まり、来年9月までにある党総裁選へ課題を残した。  決議では同法の施行に合わせて香港で大量の逮捕...
»続きを読む
カテゴリー:

【毎日】習主席の来日「中止せざるを得ず」 自民が決議 岸田氏と二階氏に溝 - 07月07日(火)20:29  newsplus

 自民党は7日の政調審議会で、中国の習近平国家主席の国賓来日について、中国による香港統制を強める「香港国家安全維持法」の制定を受けて「中止を要請せざるを得ない」とする決議を了承した。表現を弱めたものの、焦点となった「中止を要請」の文言は、維持を求める党内世論を根拠に残った。仲裁した岸田文雄政調会長には「ポスト安倍」を見据えて指導力を示す機会になったが、対中関係の悪化を危惧する二階俊博幹事長との溝は深まり、来年9月までにある党総裁選へ課題を残した。  決議では同法の施行に合わせて香港で大量の逮捕者...
»続きを読む
カテゴリー:

【自民】習主席の国賓訪日 文言修正し「中止要請」決議まとめる 中国との友好関係の構築に向けて働きかけ求める - 07月07日(火)16:19  seijinewsplus

香港国家安全維持法の施行を受けて、自民党は中国の習近平国家主席の国賓としての日本訪問について、当初の文言を修正し「外交部会などとして中止を要請せざるをえない」とする決議を正式にまとめました。 香港で反政府的な動きを取り締まる中国の香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、自民党の外交部会などの役員会は、先週、習近平国家主席の国賓としての日本訪問の中止を、党として政府に要請する決議案をまとめました。 しかし、党内の一部から「長年の努力で築かれた日中関係を壊すようなことばを盛り込むことには慎重...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「一国二制度」の画像

もっと見る

「一国二制度」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる