「ワールド・ベースボール・クラシック」とは?

関連ニュース

巨人・阿部、3の0も…お宝にニンマリ - 11月09日(金)10:15 

 日米野球エキシビジョンゲーム(8日、巨人6-9MLB選抜、東京D)来季から捕手に復帰する阿部は「4番・DH」で先発し、3打数無安打だった。試合前には三塁側ベンチを訪れ、2013年の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で対戦し、親交のある米球界屈指の捕手・モリーナ(カージナルス)と談笑。試合後はモリーナからもらったサイン入りスパイクを「格好いいだろ」と、うれしそうに持ち帰った。
カテゴリー:

日米野球・稲葉監督インタビュー「全部勝ちにいく」 - 11月04日(日)21:01 

 --メンバーには若手も多い 「代表経験者と若手の融合チーム。若い選手には日の丸を背負って戦う経験をしてもらい、東京五輪に向けてステップアップしてほしい」 --大リーグ投手の動く球への攻略は 「動く球を打つのは基本的にすごく難しいが、経験してもらいたい」 --MLBは、フライを打ち上げてヒットの確率を上げる「フライボール革命」が主流だが、投手陣の対抗策は 「基本的には自分の球をしっかりと投げてもらう。スイング軌道を見て配球を考えてほしい」 --対して日本は小技や足を絡めた「スモールベースボール」ではなく「スピード&パワー」を掲げている 「『スモールベースボール』は、どうしてもバントをする野球になってしまう。前回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本は、本塁打の得点で勝利した。ある程度、長打は必要でプラススピード。盗塁や足を絡めた野球は日本の大事な部分なのでしっかりと継続したい」 --打順の決め方は 「まず、4番を決める。そして3、5番。主軸につなげる1番を決め、次に2番。その後に9番。上位打線につながる9番は大事。今回は、色んな打順を試したい」 --4番候補は 「正直、すごく悩んでいる」 --岡本も候補の1人か 「巨人の4番として成績をしっかり残した。今季は三塁も守ったが、三塁は代表で探していたところ。彼を三塁にと思っている」 --投手陣の構想は 「先発6人は何となく...more
カテゴリー:

ロッテ、メジャー35発のバルガス獲得 - 11月06日(火)18:11 

 昨年のワールド・ベースボール・クラシックにプエルトリコ代表として出場。メジャー通算35本塁打のスラッガーは、今季も3Aで130試合に出場し21本塁打を記録している。身長1メートル96、133キロ、右投げ両内。背番号は未定。バルガスは球団を通じ「ロッテと契約できて、とても興奮しているしハッピーだ。日本の野球はレベルが高いと聞いているから楽しみ。待ちきれなくてウズウズしている。ロッテのリーグ優勝、日本一に貢献したいと思っている。勝利だけを目指して頑張るよ」とコメントした。
カテゴリー:

「ワールド・ベースボール・クラシック」の画像

もっと見る

「ワールド・ベースボール・クラシック」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる