「ロボットハンド」とは?

関連ニュース

Festoの生体模倣ロボット最新作は人工羽毛で飛ぶ鳥と自律移動アーム - 07月03日(金)13:00 

ドイツのFestoというロボティック会社は、プロトタイプロボットでカンガルーやクラゲなどの生物をつくっているだけだと思っているかもしれない。実は本格的な産業ロボットも作っているのたが、彼らのバイオメトリクス経験には驚嘆せざるをえない。代表例が羽の生えたBionicSwift(バイオニックスウィフト)とおかしな自律ロボットアームのBionicMobileAssistant(バイオニック・モバイル・アシスタント)だ。 Festoはこれまでにも空飛ぶ鳥のロボットを作っていて、10年近く前に私も記事を書いている。そのあとには空飛ぶコウモリも作っている。 しかし、BionicSwiftはもっとすごい。なぜなら、空を飛ぶ感覚を本物に近づけるために、人工羽毛を使って飛ぶからだ。 画像クレジット:Festo 1枚1枚の羽は超軽量で柔軟性がありながら極めて堅牢な発泡体で作られていて、瓦のように隣と重なり合っている。カーボン製の羽柄(はがら)に繋がれた羽は、本物と同じような翼を構成する。 関節構造の羽は鳥の羽と同じように働き、下向きの動きでは一体となって空気を押し下げ、上向きに動く時はバラバラになって空気抵抗を減らす。制御はすべて本体内で行われ、室内位置決めシステムも内蔵している。BionicSwiftsの集団は、狭い場所でも超広帯域通信を使って互いに避けながら飛び回ることができる。 もうひとつのBi...more
カテゴリー:

そのロボットハンドは、指先で「見る」ことで触覚を手に入れた - 06月22日(月)11:30 

これまでロボットが苦手としてきた指先での「触覚」を、感じるのではなく「見る」ことで実現する技術が登場した。鍵を握るのは、フォトダイオードとLEDによる光の量の変化の検知だ。
カテゴリー:

「ロボットハンド」の画像

もっと見る

「ロボットハンド」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる