「リーマンショック」とは?

関連ニュース

LiveWireで考えるハーレー・ダビッドソンの電動シフト - 07月19日(金)12:30 

ハーレー・ダビッドソンは、9月にその初の量産型電動バイク「LiveWire」を発売する予定だ。そのとおり、内燃機関、クロムと鋼鉄に関わる米国のシンボルが完全電動二輪車に向かうのだ。 1903年にミルウォーキーで創業されたハーレー・ダビッドソンは、2018年になってシリコンバレーオフィスを開設した。これはオートバイから自転車そしてキックボードに至る将来の電動車両のラインアップ追加の計画のもとに行われた。これらの動きによって、HDもまた、グローバルモビリティの変革の中で自らを再定義している既存の移動車両メーカーの仲間に加わった。 TechCrunchは、ニューヨークのフォーミュラEレーストラックで、EVへの転換に関して同社の上級管理職と話し、LiveWireに試乗する機会に恵まれた。
カテゴリー:

焦点:米中摩擦アジア向け輸出に波及、政策対応後手に - 07月18日(木)16:52 

6月貿易統計では、対中だけでなく、中国との結びつきが強まっているアジア向けも含めて輸出の落ち込みが目立ち、米中貿易戦争の長期化が日本経済の重しになっている構図が浮き彫りになった。ただ、リーマン・ショック直後の落ち込みと比べると、減速テンポが緩やかで、政府が直ちに追加経済対策の検討に入る情勢ではなく、一部の政府関係者からは、政策対応が後手に回るリスクを指摘する声も出ている。
カテゴリー:

日銀、リーマン対応めぐり紛糾 09年1~6月議事録公開、社債購入は「異例」 - 07月17日(水)07:04 

 日本銀行は16日、2009年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公開した。前年9月に発生したリーマン・ショックによる金融危機が実体経済に波及する中、日銀内で企業の資金繰り支援策として社債買い取りといった“異例”の金融政策の実施をめぐり紛糾した様子が明らかになった。
カテゴリー:

リーマンショック後 日銀に危機感 議事録公開 #nh.. - 07月16日(火)10:20 

リーマンショック後 日銀に危機感 議事録公開 #nhk_news
カテゴリー:

世界大恐慌再来に身構え 日銀総裁「落とし穴も」 リーマン直後の議事録 - 07月16日(火)09:14 

 日本銀行が平成21年1月22日の金融政策決定会合で、4カ月前のリーマン・ショックを契機とする世界同時不況は昭和4年に起きた世界大恐慌の再来ではないかと身構えていたことが、16日に公表された議事録で分かった。白川方明総裁は「金融市場の混乱を考えると、実は既に相当のことが起きてしまっている」と危機感を表明し、世界の景気は21年後半に底を打つとの見通しに「本当に落とし穴はないのか」と疑問を投げ掛けた。
カテゴリー:

【お金は知っている】自動車とセメントでみると「マイナス成長」の中国 - 07月19日(金)11:30 

中国政府の発表によると、今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)の前年同期比は6・2%増で、2008年のリーマン・ショック後の2009年1~3月期の同6・4%を…
カテゴリー:

日銀、リーマン翌年の議事録を公開 懸念がにじむ会合 - 07月17日(水)14:25 

 日本銀行は16日、リーマン・ショック翌年の2009年上半期(1~6月)の金融政策決定会合の議事録を公開した。景気の大幅悪化のなか社債などリスク資産の購入といった、従来の中央銀行の枠を超える政策を繰り…
カテゴリー:

韓国の言いがかり。EUも隣国をホワイト国に指定せずという事実 - 07月17日(水)05:00 

15日には文在寅大統領が「日本経済に大きな被害が及ぶ」と発言するなど、日本による半導体材料輸出規制に韓国側がますます反発を強めています。出口の見えない日韓関係ですが、この先どのような道を辿ることになるのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、「日本も機会損失を被る可能性がある」とするものの、より大きな被害を受けるのは韓国と断言しています。 ドイツ銀行の混乱警戒 米FRBが7月末利下げはパウエル議長の議会証言で確定した。しかし、NY連銀ウィリアムズ総裁の発言、特に「貿易や世界的な経済成長に関し不確実性がある」が気になる。検討しよう。 日米株価 NYダウは、2018年10月3日26,951ドルで、12月26日21,712ドルと暴落したが、7月末利下げ確定で7月12日27,332ドルと過去最高値を更新した。 日経平均株価も、同様に2018年10月2日24,448円になり、12月26日18,948円と暴落し、米利下げ確定ではあるが107円台と円高、安川電機の決算は60%減益で、7月12日は21,685円になり、米国株に比べて大きく見劣りがするレベルに留まっている。 日本の株価が低いのは、7月末の米国利下げで円高や10月消費税増税や、中国への輸出が陰り機械類、電子部品などの企業業績が減益による。この上に韓国との貿易摩擦が出てくるので、市場は警戒と、出遅れで海外投...more
カテゴリー:

世界大恐慌再来に身構え 日銀総裁「落とし穴も」 リーマン直後の議事録 - 07月16日(火)09:16 

 日本銀行が平成21年1月22日の金融政策決定会合で、4カ月前のリーマン・ショックを契機とする世界同時不況は昭和4年に起きた世界大恐慌の再来ではないかと身構えていたことが、16日に公表された議事録で分かった。白川方明総裁は「金融市場の混乱を考えると、実は既に相当のことが起きてしまっている」と危機感を表明し、世界の景気は21年後半に底を打つとの見通しに「本当に落とし穴はないのか」と疑問を投げ掛けた。
カテゴリー:

「難しい判断」当時の白川総裁が苦悩の様子 09年前半の日銀議事録公開 - 07月16日(火)08:57 

 日銀は16日、2009年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公表した。「100年に1度の危機」と言われた前年9月のリーマン・ショックを乗り切るため、日銀は企業の資金繰り支援策として社債買い取りなど異例の金融政策を連発。従来なら「禁じ手」ともされた措置の採用について、白川方明(まさあき)総裁(当時、
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リーマンショック」の画像

もっと見る

「リーマンショック」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる