「リーディング」とは?

関連ニュース

Reactのコンポーネント周りの用語を整理する - 09月20日(日)11:54 

Reactのコンポーネント周りの用語を整理するReact のコンポーネント周りの用語ってごっちゃごちゃになった経験はありませんか? 友人と話すときなどはなんとなくのニュアンスで伝わるので気にしていなかったのですが、型注釈つけるときやコードリーディングするときに言葉の定義がわからなくなって何回も調べるといったことをよくやるのでこれを機に整理しようと思...
カテゴリー:

Facebook Messenger担当副社長が転送回数制限とファクトチェックによる誤情報との闘いを語る - 09月19日(土)08:45 

米国時間9月3日にFacebook Messengerは誤情報の拡散を防ぐためにメッセージの転送に関する新しいルールを発表した(Engadget US記事)。米国時間9月15日のTechCrunch Disrupt 2020でFacebook(フェイスブック)のMessenger担当副社長であるStan Chudnovsky(スタン・チュドノフスキー)氏は、Messengerプラットフォーム上での誤情報や有害コンテンツの拡散との闘いにおけるフェイスブックの役割、そしてMessengerはプライベートなプラットフォームであるべきで秘密のメッセージは暗号化されるが、このことと誤情報の拡散防止のバランスをどう考えているかを詳しく語った。 チュドノフスキー氏は、フェイスブックは友達や家族とリビングでプライベーな会話をしているかのように感じることを目指していると説明した。しかし同社は、デジタルツールや新しいメディアの台頭に伴いこうしたツールが悪用されるおそれが出てきていることをフェイスブックが認識する必要があるとも認めている。 「Messengerがプライベートなコミュニケーション手段であることは明らかだ。そして確実にプライベートなものにしたいと思っている。これは我々にとってきわめて優先順位が高いことだ」とチュドノフスキー氏は語り始めた。しかしユーザーが大量にメッセージを転送し始めると、Me...more
カテゴリー:

施工図業界のリーディングカンパニー池下設計のシステム戦略 第2回 全国展開する池下設計の情報共有とコミュニケーションの課題を解決した「mitoco」の実力 - 09月18日(金)09:00 

池下設計には、拠点が全国に分散しているため情報共有や社員同士のコミュニケーションが不足しやすいという課題があった。これを解消するために採用したのが「mitoco」だ。ここでは、同社が抱える課題の詳細や、「mitoco」導入の経緯、その効果と展望について、同社のキーマン3人に話を聞いた。
カテゴリー:

国内2校目、神奈川県立橋本高校と国際教育協定を締結 ~持続可能な国際交流・国内留学体験を創出~ - 09月17日(木)13:00 

世界110か国以上で海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開する国際教育のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社〈本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:サンチョリ・リー〉、以下 「EF」)は本日、神奈川県立橋本高等学校(所在地:神奈川県相模原市、校長:内田和幸、以下「橋本高校」)と国内2校目となる国際教育に関する協定を締結したことを発表しました。同協定の締結は、横浜創学館高校(神奈川県横浜市)に次いで2番目。EFと橋本高校はこれまで、海外留学経験者の体験談セミナーのオンライン配信など、国際理解醸成に向けたトライアル企画を実施してきましたが、今後は、海外留学生との国際交流や海外留学特別奨学金拠出、海外語学研修プログラムの提供等において相互に協力を図っていきます。橋本高校では、海外姉妹校との交流や高校生交流団・長短期海外留学生受入れ、国際理解講座の実施など、これまでも多文化理解、国際理解教育に取り組んできました。また神奈川県インクルーシブ教育実践推進校として外国人生徒募集枠の設定や養護学校分校併設など、ダイバーシティ&インクルージョンの実践に向けた積極的な取り組みを行ってきました。新型コロナウィルス感染症拡大による影響が長引くなか、生徒の国際交流への意識低下や国際交流そのものが...more
カテゴリー:

ライムライト・ネットワークスの新しいEdgeFunctionsが オンライン体験の改善、ワークフローおよびカスタマイズされたコンテンツ配信を強化 - 09月17日(木)11:02 

東京、日本--(BUSINESS WIRE)--(美国商业资讯)--コンテンツ配信ネットワーク(CDN)とエッジクラウドサービスのリーディングプロバイダーであるLimelight Networks, Inc.(Nasdaq: LLNW)は、エッジ機能を拡大し、開発者がグローバルネットワークのカバレッジとスケールを活用しつつ独自のコードを柔軟にデプロイして実行することを可能にする、新しいサーバーレスコンピューティングサービス「EdgeFunctions」の提供を開始したと発表しました。 EdgeFunctionsは、コンテンツのワークフローを合理化し、短時間に重要な意思決定を行い、ユーザー体験をカスタマイズするために、ネットワークエッジでカスタマイズ可能な環境を提供します。このような環境をネットワークエッジで提供することで、開発者はライムライトの低遅延性、オンデマンドでのスケーラビリティ、ハイパフォーマンスなネットワークを活用することが可能です。EdgeFunctionsは、パーソナライズされたストリーミング配信、コンテンツ保護、動的な広告挿入、A/Bテスト、画像操作など、ストリーミン
カテゴリー:

フローサーブ・コーポレーション、満期2022年利率1.250%シニア債の公開買い付けを開始 - 09月19日(土)09:42 

ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界のインフラストラクチャー市場に流体制御製品とサービスを提供するリーディングカンパニーのフローサーブ・コーポレーション(NYSE:FLS)(「公開買付者」という)は、満期2022年3月17日利率1.250%の未償還シニア債(「本債券」という)すべてを本債券の保有者(「債券保有者」という)から現金で買い付ける提案(「公開買付」という)を発表しました。付随する保証引渡通知(「保証引渡通知」という)を含み新規発行条件(本リリースに記載された通り)の充足(または放棄)を含む2020年9月14日付けの公開買付要項(随時補足または修正される場合がある)(「公開買付要項」という)に記載された条項および条件に従い、公開買付者は、債券保有者に対して買付価格での買付に向けた本債券提供の募集(公開買付要項の「公開買付および情報伝達の制約」に従う)を開始しました。本発表で用いられているがここでは定義されていない大文字の用語は、公開買付要項に記載された意味を持ちます。 債券保有者は、公開買付要項および保証引渡通知の書面をhttp://ww
カテゴリー:

イタリアのフィンテック企業Finantix、AIによるデータ解析ソリューションで製品ポートフォリオ拡大 - 09月18日(金)09:56 

2020年9月18日 日本フィナンティクス合同会社 イタリアのフィンテック企業Finantix、AIによるデータ解析ソリューションで製品ポートフォリオ拡大 “NEXT BEST ACTION”は、証券会社、銀行など金融機関のファイナンシャル・アドバイザーが利用するDXツールで、データとAIを活用し個別顧客ごとにパーソナライズされた提案により、より顧客エンゲージメントを高めることを可能にします。 シンガポール9月15日:銀行、資産管理、証券会社、保険などの金融機関向けDXソリューションのグローバルプロバイダーであるFinantix(本社イタリア、CEO Christine Ciriani)は、スイスのフィンテック企業でFinantixグループに加わったin-CubeのAIデータ解析ソリューション“Next Best Action“の製品スイートへの統合完了を発表しました。 ”Next Best Action“は、AIを活用し、グローバルECサイトやビデオ配信プラットフォームなどと同様にユーザーが直感的に理解しやすい画面構成を通じて、高度にパーソナライズされたファイナンシャル・アドバイスのためのインサイトをユーザーに提供します。これは、Finantixアドバイザリーコンポーネントと、in-Cube...more
カテゴリー:

【変貌する電機 2020年代の行方】東芝・小林前社外取締役「技術を中心に付加価値を社会に提供するリーダーに」 - 09月18日(金)07:00 

 東芝の社外取締役と取締役会議長を7月末で退任した小林喜光前経済同友会代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)がフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じた。2015年の不正会計問題の発覚を受けて、社外取締役に就任し、経営再建のキーマンとして東芝を支えてきた。小林氏は車谷暢昭社長について「(改革の)スピード感はピカイチ」と評価。今後の東芝について「技術を中心に付加価値を社会に提供するリーディングカンパニーであってほしい」と期待した。
カテゴリー:

【EC社長 人生の曲がり角】大都 山田岳人社長、2代続く「問屋業の撤退」を決断 - 09月17日(木)12:00 

工具やDIY用品のECサイト「DIY FACTORY」を運営する大都は、DIY用品EC業界のリーディングカンパニーだ。トップ企業としての地位を確固たるものとした今も、2019年12月期の売上高が、前期比12.4%増の42億4000万円となる・・・
カテゴリー:

フォナック補聴器がブランド基本方針を一新 良い聞こえから始まる健康でしあわせな毎日を目指す新しい考え方「Phonak Well-Hearing is Well-Being(TM)」を提唱 - 09月17日(木)11:00 

聴覚機器及びワイヤレス通信機器の世界的リーディングカンパニーとして躍進を続けるソノヴァ社(グループ本社・スイス連邦)の日本法人ソノヴァ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:齋藤 広幸)は、2020年9月17日にフォナック補聴器の新しいブランド基本方針「Well-Hearing is Well-Being」(ウェルヒアリングイズウェルビーイング)を発表。良い聞こえと健康状態の強い関連性を科学的な証拠に基づいて発信すると同時に、難聴者のウェルビーイング*に寄り添った、より豊かな人生を実現するために行動します。*「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念。日本では「幸福」と翻訳されることも多い。良い聞こえと良い健康状態の科学的相関関係WHO(世界保健機関)が1948年に制定した規約によると、「健康」とは「完全な 肉体的、精神的及び社会的ウェルビーイングの状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」と定義しています(1)。特に聴覚における健康を考えてみると、難聴および難聴に起因するコミュニケーション問題は、WHOが提唱する3つのウェルビーイング領域すべてに影響を与える可能性があることが研究から判ってきました(1)。一般的に、良い聞こえとは単に音をはっきりと聞き取ることとして捉えられる傾向が強くあ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リーディング」の画像

もっと見る

「リーディング」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる