「リーグトップ」とは?

関連ニュース

DeNA・エスコバーが離日 今季で1年契約が満了で来季の去就注目 - 10月10日(木)16:36 

DeNAのエドウィン・エスコバー投手が10日、羽田空港発のアメリカン航空機で離日した。今季は左腕として国内最速の160キロをマーク。リーグトップの74試合に登板…
カテゴリー:

江本氏、巨人・山口俊は「ピッチングのコツを掴んだと思う」 - 10月01日(火)08:00 

 巨人の山口俊は、リーグトップの15勝、188奪三振、勝率.789、リーグ3位の防御率2.91をマークするなど、巨人の5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。  9月22日に放送された『ニッポン放…
カテゴリー:

巨人・山口、最多奪三振のタイトル決定的に - 09月28日(土)19:47 

 (セ・リーグ、ヤクルト-巨人、25回戦、28日、神宮)巨人・山口俊投手(32)が今季のレギュラーシーズン最終戦となるヤクルト最終戦(神宮)に先発した。五回にこの日5個目となる三振を奪って今季186奪三振。DeNA・今永に並びリーグトップとなり、最多奪三振のタイトルを決定的とした。
カテゴリー:

社長が過保護だと、チームは永続できない──千葉ジェッツ島田社長がチームを“自立”させたいワケ - 09月26日(木)07:47 

プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の2018-19シーズンで、60試合中わずか8敗というリーグ最高勝率をあげた千葉ジェッツ。観客動員数も3シーズン連続でリーグトップ、昨期の売上高は約17億6000万円と、経営面でも快進撃を続けています。そんな千葉ジェッツを強いリーダーシップで率いてきたのが島田慎二社長です。しかし、島田社長が次に目指すのは、自身がいなくてもクラブが回る「脱・島田」体制。強いリーダーシップで率いてきたこれまでとは真逆の体制を目指す理由は、一体何なのでしょうか?千葉ジェッツ島田社長と、サイボウズ代表取締役社長・青野慶久。「自立」についての経営者対談です。※本記事中の役職名は取材当時のものです。自分でチームを率いながら、自分を不要とする組織をつくる青野:千葉ジェッツ、最近も絶好調ですね。戦績も順調ですが、観客動員数もリーグトップですか。島田:ありがとうございます。おかげさまで昨シーズンは多くのお客さまに足を運んでいただきました。青野:バスケの話もお聞きしたいところですが、今日はぜひ経営についてお話を聞かせてください。最近は、1万人規模のアリーナの建設計画も進めていらっしゃいますよね。島田:はい。現在は約5000人が収容できる船橋アリーナを使っているのですが、昨シーズンはチケットが手に入りにくい状況が続きました。「千葉ジェッツふなばしを取り巻くすべての人たちと共にハッピ...more
カテゴリー:

ミラクルCS進出の阪神 “下剋上”のキーマン・岩崎優 - 10月04日(金)17:00 

◆ リーグトップの防御率を誇る投手陣  大激戦となった2019年セ・リーグの3位争い。制したのは阪神だった。  負けたら終わりという状況から、最終盤で怒涛の6連勝。先に全日程を終えていた広…
カテゴリー:

ロッテ・安田、イースタン“3冠”「来年に向けてしっかり頑張りたい」 - 09月29日(日)18:49 

 ロッテの安田尚憲内野手(20)が29日、イースタン・リーグの巨人最終戦(ジャイアンツ球場)に「4番・三塁」で出場し、4打数2安打をマーク。19本塁打、82打点、116安打の3部門でリーグトップに立ち、全日程を終了した。
カテゴリー:

西武・山川、打点王ならずもさっぱり「これが今の実力」 - 09月27日(金)00:23 

 西武・山川穂高内野手(27)が26日、シーズン最終戦となる楽天戦(楽天生命パーク)に出場。リーグトップで123打点の同僚・中村を3打点差で追っていたが、3打数無安打で打点はなかった。
カテゴリー:

「リーグトップ」の画像

もっと見る

「リーグトップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる