「リモートコントロール」とは?

関連ニュース

折りたためる「ウォーキングマシン」 - 07月11日(土)10:00 

7月31日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Walking Pad S1」は、折りたたみ式のウォーキングマシンだ。収納場所に困らないため、どんな部屋でも使えるだろう。 しっかりと衝撃を吸収できるため、騒音レベルが抑えられるのも嬉しいところ。平均は、日常生活に支障をきたさない45db(デシベル)だという。 速度を調節したい場合は「Walking Pad S1」上で前方に足を運べばスピードが上がり、後方に足を運べばスピードを落とすことができる。付属のリモートコントロールからも調節可能だ。 自宅でのワークアウトにはげむ人が急増するなかで、これはかなりの需要がありそう......。詳しくはコチラから。© Xueling Gao / VimeoTop image: © WalkingPad
カテゴリー:

「Apple」が太鼓判!? 方向指示器がついている「自転車用ヘルメット」 - 06月29日(月)06:00 

7月19日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっている「Lumos Ultra」は、方向指示器が搭載されている自転車用ヘルメット。前方にはライトも付いているので、暗い夜道でもサイクリストの視界と安全を確保してくれるスグレモノだ。 方向指示器の操作は、ハンドルなどに取り付けられるリモートコントロールから。「Apple Watch」のモーションセンサーを利用することも可能で、同期すれば手信号にも対応してくれる。 重さはわずか370グラムで、IPX6の防水規格もクリア。 同メーカーが過去に開発したヘルメットは、一部の「Apple Store」でも取り扱われているので、Appleが太鼓判を押したと表現しても言い過ぎではないのかも? 発送は11月から。気になる人はコチラをチェック!Top image: © 2020 Lumos
カテゴリー:

昔のコンピュータ『MSX』、新発売 - 07月03日(金)22:21  poverty

世界の珍品・キワモノばかり取り扱うネット通販のヴェルテ(長崎県長崎市)は、スペインのMSXVR Computer社製MSXパソコン「MSXVR」の予約受付を開始すると発表いたしました。 MSXパソコンとは、パソコン黎明期の1983年にマイクロソフトと日本のアスキーによって提唱された8ビット・16ビットのパソコンの共通規格「MSX」によって設計開発製造されたパソコンであり、MSXとその後継規格であるMSX2(1985年)、MSX2+(1988年)、MSXturboR(1990年)の総称でもあります。 MSXパソコン「MSXVR」は、Raspberry PIをMSX-Engine として採...
»続きを読む
カテゴリー:

「リモートコントロール」の画像

もっと見る

「リモートコントロール」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる