「リポート」とは?

関連ニュース

有吉&マツコも絶賛!沖縄のキャバ嬢が“美しすぎ&スタイル良すぎ”で話題「ヒールで眉間を踏んづけて」の声 - 10月15日(火)22:23 

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週金曜20:00~)のゴールデン進出スペシャルが、10月11日に放送。スタイル抜群の美人モデル兼キャバクラ嬢が登場してインターネット上をざわつかせた。ずん・飯尾和樹が各地に飛び、その地域のキャバ嬢No.1を決める企画がスタート。今回の舞台は沖縄・松山で、7月から9月の3か月間は、リゾートキャバクラ目当ての女子が集結しており、レベルも高いという。「ブスが好き」というキャバ嬢や、通称“沖縄の千堂あきほ”、離島の北大東島に住む女子など、インパクトの強い面々が登場する中、「魔女」と呼ばれるりなさん(27)が出演した。過去に営業の仕事をしていた経験があるそうで「(電話営業する際に)留守電にエッチな声を吹きこんだりしていました」と回顧。会社の名前を言う前に、咳払いのように「うんっ」「あんっ」と声を出してコールバックしてもらうテクニックを披露した。有吉とマツコが「これはキレイ!」と驚き、即座にNo.1に選んだのはソニアさん(22)。彼女は、沖縄県出身、身長174cmでアメリカ人の父を持つスレンダー美女だった。2人の子供を養うため、沖縄の芸能事務所に所属して、昼はモデル、夜はキャバクラで働いているとのこと。子供が2人いるシングルマ...more
カテゴリー:

新たに4自治会が参加。地域ぐるみであいさつ運動を推進中。とにかく子どもがあいさつを大切にするまち。 - 10月15日(火)20:00 

2019年10月15日 大分県豊後高田市 大分県豊後高田市(市長:佐々木 敏夫)は、あいさつ運動を推進しています。今年は新たに4自治会が参加しました。これからも地域をあげてあいさつ運動を推進します。 「たかがあいさつ、されどあいさつ」あいさつが飛び交う町の子どもは元気です。大人も元気です。そこには人と人の心のつながりが生まれ、町を豊かにします。今、豊後高田の子どもたちは、あいさつをしてあいさつを返される、その中で自己存在感を感じ、成長しています。    子どもたちの登下校時の安全確保が社会問題となっている昨今、豊後高田市では、この「あいさつ運動」を継続して展開し、市全体で子どもを守っていく運動の輪を広げていきます。 これまでの経緯 大分県豊後高田市のあいさつ運動がはじまって20年になります。これは、「昭和の町は教育のまち」をめざして、取り組んできたことの一つです。豊後高田市では、「夢を描き実現できる子どもの育成」を教育指針に掲げ学力、体力、豊かな心を育み、21世紀を生き抜く力を身につけさせる教育活動を推進しています。                中でも、豊かな心は人との関わりの中で育まれるものと考え、まずは「あいさつをする子ども」を育てようと、約20年前、各学校で児童会を中心にあいさつ運動を始めました。  すると、地元の大人たちから、「子どもがあいさつをようする...more
カテゴリー:

増税影響、見方分かれる 日銀10月地域経済報告 東海など景気「拡大」 - 10月15日(火)19:27 

 日銀は15日、全国9地域の景気情勢をまとめた10月の「地域経済報告」(さくらリポート)を公表した。北海道を除く8地域で景気の総括判断を前回7月調査から据え置いた。米中貿易戦争など海外経済の下振れリスクを警戒する声が根強い一方、消費税増税の影響については企業の見方が分かれた。
カテゴリー:

新木優子、高良健吾とのキスシーンに安心感「濡れ場が多いから、慣れてるのかな」 - 10月15日(火)17:55 

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、10月17日スタート、毎週木曜22:00~)の制作発表記者会見が15日、都内で行われ、新木、高良のほか、浜野謙太、田中みな実、よしこ、関口メンディー、山口紗弥加が出席した。本ドラマは、「Kiss」(講談社)で連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。「今月1日に結婚を発表されました。多部未華子さんです」と紹介されたよしこは、おなじみの顔マネで指輪を披露するも「違うわ!」と勢いよく吠え、「多部さん、おめでとうございます。私は多部さんに食わせてもらっています」と祝福。続けて「新木優子です」と頭を下げると、「顔の大きさが違う」とツッコみを入れる田中に「クソが!」と声を上げるなど、会見冒頭からボケを連発。続く関口も「恋に足止メンディーをくらっている方にも、新しい恋を始メンディーしてもらえるように精一杯演じていきたい」と絶口調だった。プライムタイム連ドラ初主演となる新木は、オファーを受けた際「嬉しさと緊張感と不安といろんな気持ちが入り交じっていました。でも、キャストのみなさんの力で素敵なドラマになるだろうなと勇気を持って、撮影に入ることができました」とにっこ...more
カテゴリー:

日銀、北海道の景気判断引き上げ 「穏やかに拡大」 消費増税の影響は見方分かれる - 10月15日(火)17:26 

 日銀が15日公表した10月の地域経済報告(さくらリポート)は、全国9地域のうち北海道の景気判断を引き上げた。これまでの「緩やかに回復している」から「緩やかに拡大している」とした。ほかの8地域は据え置いた。消費税増税の影響について、調査先の企業では懸念の声がある一方で先行きに楽観的な声もあり、見方が
カテゴリー:

【コレクション・リポート】「ギャルソン」のショ.. - 10月15日(火)20:09 

【コレクション・リポート】「ギャルソン」のショーも手掛けるジュリアン・ディスが参加 「マルニ」2020年春夏は花とクレイで作るアートなヘア
カテゴリー:

竜星涼演じる菊夫がピンチ!?高圧上司のもとで明るく振る舞うが…『同期のサクラ』第2話 - 10月15日(火)19:50 

高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が、10月16日に放送される。『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。第1話の舞台は2009年、サクラと同期4人との出会いが描かれた。建築物の写真を撮っていて入社式に遅れたり、社長のスピーチに意見したりするなど、マイペースなサクラに戸惑う4人。また、出された課題に一切妥協しないサクラに合わせていた百合(橋本)は、とうとう不満が爆発し彼女に「迷惑」と言ってしまう……。そして、第2話は社会人2年目の2010年が舞台。公式HPで公開されてい予告映像では、高圧的な上司に悩む菊夫(竜星)の姿が……。どうやらその上司のせいで、辞める人も多いという。そんな中、サクラが菊夫のお尻を思いっきり叩くシーンも!? 果たして、菊夫は高圧上司との関係にどんな答えを見出すのか?<第2話あらすじ>眠り続けるサクラ(高畑)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2...more
カテゴリー:

須賀健太、25歳の誕生日でアラサー自覚?「もっと渋くやっていけたら」 - 10月15日(火)19:15 

真夜中ドラマ『江戸前の旬 season2』(BSテレ東、10月19日スタート、毎週土曜24:00~)の記者会見が15日、都内で行われ、主演の須賀健太ほか、共演者の渡辺裕之、佐藤玲、田中幸太朗、渡部豪太が出席した。本作は、1500万部を誇る「江戸前の旬」(原作:九十九森、劇画:さとう輝)を原作とし、銀座に店を構える「柳寿司」の家に生まれた柳葉旬(須賀)が、父・柳葉鱒之介(渡辺)の厳しくも愛情ある指導と常連たちの応援で、寿司職人としての腕を上げていくさまを描いた奮闘記。『season2』で、旬は父・鱒之介の病をきっかけに、本格的に店を継ぐことを決意。更なる高みを求めて父の師匠の元に修行を請い、その後柳寿司に戻って奮闘する様を人情味溢れるタッチで描いていく。須賀は続編の実現について感想を問われると、「やらせてもらえて素直に嬉しかったです」と感慨深げな表情。しかも放送初日の19日が須賀の25歳の誕生日でもあるといい、この日は須賀のためにケーキも用意され、共演者たちが祝福した。須賀は「去年season1の時も同じ時期で、それが芸能生活20周年の節目のタイミングでした。その節目の作品がシリーズ化して同じ時期にseason2というのは本当に嬉しい」とコメント。「願わくば年を取るのとあわせてこのシリーズが続いていったら」とさらなるシリーズ化にも期待を寄せる。また、25歳の抱負を問われると、「一応ア...more
カテゴリー:

非製造業で依然下支えも、消費税増税後の鈍化懸念相次ぐ - 10月15日(火)17:50 

 日本銀行が15日公表した10月の地域経済報告(さくらリポート)で、ほとんどの地域が景気の総括判断を据え置いたのは、海外経済の落ち込みによる製造業の減速を堅調な非製造業が補ったためだ。ただ、消費税増税後の個人消費の鈍化を懸念する声も相次ぎ、経済環境には変調の兆しがみえる。日銀は景気の先行きを見極め、今月末の金融政策決定会合で追加の緩和策が必要かを慎重に判断する。
カテゴリー:

中山優馬、アーティストの恋愛事情に興味津々?「ラファエル前派の軌跡展」をリポート - 10月15日(火)17:00 

情報番組『ピーコ&兵動のピーチケパーチケ』(カンテレ、毎週水曜25:25~※関西ローカル)にレギュラー出演中の中山優馬が、10月5日(土)に大阪・あべのハルカス美術館で開幕した「ラファエル前派の軌跡…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リポート」の画像

もっと見る

「リポート」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる