「リトアニア」とは?

関連ニュース

【復讐】ドイツ人毒殺を計画したユダヤ人たち──第二次世界大戦直後の知られざる歴史 - 01月23日(木)15:39  newsplus

第二次世界大戦後にドイツ人への復讐を企てた50人ほどのユダヤ人の若者がいる。ヘブライ語で「ナカム」(復讐者たち)と呼ばれるこのグループは、ドイツ人捕虜を殺害するために、配給のパンや水道用水に毒を入れる計画を立てた。知られざる復讐計画について、イスラエル紙「ハアレツ」が伝える。 後悔はしていない ディナ・ポラットは、テルアビブ大学に勤務する歴史学者であり、ヤド・ヴァシェムホロコースト記念館の歴史主任だ。彼女がこの復讐計画について調査を始めたとき、11人のメンバーがまだ存命中だった。彼らは心を開い...
»続きを読む
カテゴリー:

可愛いだけじゃない!…「話題のファッションモデル」オススメ7選 | ananweb - マガジンハウス - 01月18日(土)18:30 

世界が注目している、2020年も話題のファッションモデル達をピックアップ! 彼女達のインスタグラムを見たら、私生活からファッションまで、まねしたくなるほどかわいくて楽しめます。天使のような雰囲気にメロメロ! サラ・グレース・ウォーラーシュテット / Sara Grace Wallerstedtサラ・グレース・ウォーラーシュテットはアメリカのファッションモデル。モデルという厳しい世界で活躍する人とは思えないほど、ピュアで透き通った彼女の美しさ。また、彼女のチャームポイントであるグリーンカラーの瞳、オレンジのヘアーカラー、そしてそばかす。どれをとっても、決して真似できない、彼女だけの魅力。そんな彼女は、とってもサービス精神が旺盛。忙しいショーとショーの間でも、決して嫌な顔せず撮影に対応してくれます。そんな人当たりの良さが、さらに多くのメディアの心を奪うのかもしれません。彼女はトップモデル50リストにランクされているほど世界で活躍、注目されています。Instagram@walldamortかわいいだけじゃない、実力派。フランチェスカ・サマーズ / Francesca Fran Summersフランチェスカはイギリスのファッションモデルで、弱冠20歳でありながら、既にイギリスのヴォーグやヴォーグ・イタリアの表紙を飾ってきた実力派。プライベートでは個性的なメガネで印象がだいぶ異なりますが、彼...more
カテゴリー:

ライター用オイル缶の新幹線持込発覚で約6万円の増運賃が請求される事件 - 01月15日(水)16:23 

Anonymous Coward曰く、 西日本新聞が、新幹線の車両内へのライターオイル持ち込みについて取り上げている。これによると、東海道新幹線に市販の缶入りオイルライター用オイル133mlを持ち込んだところ車掌に注意され、増運賃など含め、約6万円を請求されたとのことで、まことにご愁傷さまとしか言いようがない。 過去にスラドでも「JR、可燃性液体の持ち込みを全面禁止へ」という話題があったが、まさにそのときの懸念通りになった格好だ。 この規則改正は、東海道新幹線火災事件を契機としている。JR各社の他、私鉄やバスでも危険品の手回り品を制限する規則は基本的に同じ。 たとえば、JRの告知による持ち込めない荷物と具体的なJR東日本の旅客営業規則では、別表第4号 危険品がこれに相当し、パンフレットも用意されている。 一時的に判断が揺れたようだが、今回の件で判断は確定したものと思われる。市販の缶のままのであっても「可燃性液体を含む製品」とはみなさず、可燃性液体そのものの携行と判断されるようだ。 記事の主張にもあるように確かに国交省や事業者も周知不足な面があり、マスコミも事件に比べて規則改正に対しては著しく反応が薄い。ガスコンロ用のカートリッジは一定制限内でOKなのに、可燃性液体は単独で存在する場合は一律禁止になっているので、一律禁止と条件付き許容が混在していてわかりにくいこともあると感じるが、...more
カテゴリー:

外交部、蔡英文総統再選に対する各国の祝意に感謝 - 01月13日(月)00:00 

中華民国(台湾)第15代総統・副総統選挙および第10期立法委員(国会議員)選挙の投開票が11日に行われた。中央選挙委員会の発表によると、蔡英文総統と副総統候補の頼清徳氏のペアは817万票を獲得、得票率57.13%で当選した。投票率は74.9%に達した。これは、蔡英文総統の再選というだけでなく、台湾の総統選挙における過去最多の得票数となった。投開票の結果を受けて11日夜、米国のマイク・ポンペオ国務長官や日本の茂木敏充外相らが相次いで祝意を表し、「台湾の人々が強固な民主主義制度の力強さを示した」と称えた。   12日午後までの時点で、中華民国(台湾)の国交樹立国のうちエスワティニ王国のムスワティ3世、アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ首相、パラオ共和国のレメンゲサウ大統領、ナウル共和国のライノル・ローウェン・エニミア大統領、ツバルのカウセア・ナタノ首相、マーシャル諸島共和国のCasten Nemra外相、パラグアイ共和国のマリオ・アブド・ベニテス大統領、グアテマラ共和国のジミー・モラレス大統領、アレハンドロ・ジャマティ次期大統領、ホンジュラス共和国のフアン・オルランド・エルナンデス大統領、ベリーズのディーン・バーロウ首相、パトリック・ファーバー副首相、ハイチのジョブネル・モイーズ大統領、ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領、ロサリオ・ムリジョ副大統領、セントクリストファー・ネイ...more
カテゴリー:

『筋肉体操』谷本道哉も絶賛!大人気のカニカマ、世界最大級の工場に日本のテレビ局が初潜入 - 01月08日(水)10:29 

所ジョージと木村佳乃がMCを務め、社会の片隅で起きている、小さいけれど見過ごせない“事件”の意外な真相を徹底調査する教養番組『所さん!大変ですよ』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。1月9日は、「売り上げ急増!? カニカマ大人気の謎」と題して、放送される。いまシニアの間で大人気となっている「カニカマ」。『みんなで筋肉体操』(NHK総合)「筋肉は裏切らない!」のせりふで話題の近畿大学准教授・谷本道哉氏によれば、カニカマは高タンパクで消化もいいため、シニアでも筋肉がつきやすいのだという。実際、都内のスーパーではシニアを中心にカニカマを手に取る人が後を絶たない。日本生まれのカニカマは、50年ほど前に石川県のカマボコメーカーが開発。実は、その誕生の裏には奇跡の物語があった。カニカマを作ろうとしたのではなく、人工クラゲを開発しようとしていたとき、偶然うまれた産物なのだという。そんなカニカマだが、いまや日本を飛び出しヨーロッパでも大人気。食の都・パリでは、ワインに合うと絶賛されるほどに。そして、取材班はリトアニアで世界最大級のカニカマ工場を発見、日本のテレビ局として初めて潜入する。カニカマをめぐる不思議な物語を深堀りする。 関連リンク 家具や家電がタダでもらえる!?もらいもので快適な部屋が完成するか検証『それって!?実際どうなの課』 ...more
カテゴリー:

リトアニア銀行、NEM採用する独立記念銀貨のサンプルを公開 〜トークン6種と交換の記念貨幣はカード型 - 01月23日(木)12:13 

リトアニア中央銀行の理事会は1月16日、この春に発売を予定している独立記念貨幣として発行するデジタルコレクターコインの現物版銀貨のサンプルを公開した。クレジットカード型の貨幣として発行され、表面には国旗の中に国歌の歌詞をバイナリコード化して印字するなど、独特のデザインを採用する。
カテゴリー:

2020年「世界最強のパスポート」は日本。英コンサル会社が発表 - 01月16日(木)13:27 

2020年、査証(ビザ)なしで入国可能な国や地域が一番多いのは、日本の旅券(パスポート)だと、イギリスのコンサルティング会社「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が1月7日発表した。ランキングは同社が航空運輸業界団体である国際航空運送協会(IATA)のデータをもとにまとめたという。日本に続くのは、シンガポール。3位は韓国、ドイツだ。アメリカ、イギリスは8位。中国は72位だった。 1位 日本 191カ国・地域2位 シンガポール 1903位 韓国・ドイツ 1894位 イタリア・フィンランド 1885位 スペイン・ルクセンブルク・デンマーク 1876位 スウェーデン・フランス 1867位 スイス・ポルトガル・オランダ・アイルランド・オーストリア 1858位 米国・英国・ノルウェー・ギリシャ・ベルギー 1849位 ニュージーランド・マルタ・チェコ・カナダ・オーストラリア  18310位 スロバキア・リトアニア・ハンガリー  181…72位 中国・インドネシア・ケニア 71【ワースト順位】ワースト1  アフガニスタン 26ワースト2 イラク 28ワースト3 シリア 29ワースト4 ソマリア・パキスタン 32ワースト5 イエメン 33
カテゴリー:

クリスマス禁止に抗議した男性、当局に起訴される - 01月15日(水)07:00 

Anonymous Coward曰く、 インドネシアで、Facebookにクリスマスミサ禁止に対する抗議を投稿したことがヘイトスピーチに当たるとして男性が起訴されたという(AFP)。 インドネシアの西スマトラ州ナガリシカバウ県ではイスラム教が多数派を占めていることから、「イスラム教とは関係のない宗教儀式を行なってはならない」という取り決めがあり、教会以外でのクリスマスミサが禁止されたという。男性はFacebookでこれに抗議する投稿を行ったところ、投稿が広く拡散されて政府が地元当局にクリスマスミサを許可するよう命じたとのことだが、男性は地元住民から通報されてヘイトスピーチ流布で起訴されたという、笑えない話である。 すべて読む | ITセクション | 検閲 | ニュース | Facebook | SNS | 関連ストーリー: 中国、小学生向けの国語教科書から神の存在を示す表現などを削除 2019年07月08日 リトアニアの空港、乗客から没収した機内持ち込み禁止物品でクリスマスツリーを作る 2019年12月15日 英スーパーマーケットチェーンのクリスマス向けテレビCM、政治的だとして放送禁止に 2018年11月15日 Visual Stud...more
カテゴリー:

【食】カニカマ消費量世界一は日本じゃなかった 生産量の1位は意外すぎるあの国 - 01月09日(木)14:27  newsplus

カニカマの消費量世界一はどの国だと思いますか?  日本と思うところですが、実はフランスなんです。そして2位がスペインです。  ヨーロッパでは近年、健康ブームから魚食人気が高まっていて、 その中でカニカマが本物のカニよりおいしくてヘルシーということで人気になり、非常に需要が高まっているんです。 では、そのカニカマの世界一の生産国はどこでしょうか?  もちろん発祥地の日本では?と思うかもしれませんが、実は違うんです。バルト3国の一つのリトアニアなんです。 リトアニアが世界一の生産国となって...
»続きを読む
カテゴリー:

「リトアニア」の画像

もっと見る

「リトアニア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる