「リップル社」とは?

関連ニュース

リップル集団訴訟「XRP有価証券問題」、原告団がSECの新仮想通貨ガイダンスを引用【フィスコ・アルトコインニュース】 - 最新株式ニュース - 08月14日(水)14:43 

米Rippleに対して集団訴訟を起こしているXRP投資家グループは、新たな修正訴状を裁判所に提出した。今回の訴訟では、SECの新仮想通貨ガイダンスをもとに、XRPが未登録有価証券であると主張している。8月5日に提出された新たな訴訟は、ここ1年ほど継続しているリップル社に対する裁判の新展開である。今回、原告人はSECが4月に発表した新ガイダンス=「デジタル資産分析フレームワーク」を引用し、XRPが未
カテゴリー:

「フェイブスックのリブラより大きなディール」リップルCEO、仮想通貨XRP使うマネーグラムとの提携で発言 - 08月10日(土)10:54 

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、Yahoo Finance UKのインタビューに答えて、米送金大手マネーグラムとの提携はフェイスブックのリブラより仮想通貨市場へのインパクトが大きいと主張した。
カテゴリー:

リップル、第二四半期のXRPマーケットレポートを公開へ - 08月10日(土)01:23 

国際送金ソリューションサービスを提供する米リップル社は7月24日、2019年の第二四半期マーケットレポートを公開した。 XRPマーケットレポートと題される本報告書では、リップルによるXRP売却の概要や戦略、XRPのエコシステムを拡大するインキュベートプログラム「Xpring」や国際送金ネットワーク「RippleNet」の提携状況、前期の市場動向の振り返りが行われている。 レポートによると、デジタルアセットの時価総額はQ2で急激に増加しており、リップルは2億5,151億米ドル相当のXRPを売却したことが報告されている。しかし、リップルは、売却にあたって参照するCoinMarketCapのベンチマークが不正確であったことから、同社が想定する売却量ではなかったとしている。これを受け、リップルは第3四半期において、売却のベンチマークをCoinMarketCapからCCTTへ変更し、より保守的なアプローチを取っていくという。 規制関連トピックとしては、規制の周知を目的としてSEC(米証券取引委員会)がXRPレジャーのようなパーミッションレスの台帳上でノードを設立したことや、英FCAがXRPやETHをセキュリティトークンではないとしたことが挙げられている。 【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法 【参照記事】Q2 2019 XRP Markets Report
カテゴリー:

マネーグラム決算、リップルとの提携と仮想通貨XRPによる利益アップに期待 - 08月03日(土)12:30 

米国の送金大手マネーグラムは1日、第2四半期(4-6月期)の決算を発表し、リップル社の決済システムxRapidを使うことで利益アップに期待していると述べた。
カテゴリー:

リップル 東大、京大と提携 仮想通貨・ブロックチェーンで高い関心 - 07月31日(水)08:13 

リップル社は30日、東京大学と京都大学とブロックチェーン研究で提携したと発表した。
カテゴリー:

仮想通貨XRPの投資家、リップル社への申し立てを修正 SECの新たな枠組みを引用 - 08月14日(水)08:39 

仮想通貨XRPの投資家ブラッドリー・ソスタック氏などがリップル社に対する申し立てを修正した。今回、SEC(米国証券取引委員会)が設けた新たな枠組みの中で、XRPが未登録の証券に該当すると主張した。
カテゴリー:

リップル、第二四半期のXRPマーケットレポートを公開へ - 08月10日(土)01:23 

国際送金ソリューションサービスを提供する米リップル社は7月24日、2019年の第二四半期マーケットレポートを公開した。 XRPマーケットレポートと題される本報告書では、リップルによるXRP売却の概要や戦略、XRPのエコシステムを拡大するインキュベートプログラム「Xpring」や国際送金ネットワーク「RippleNet」の提携状況、前期の市場動向の振り返りが行われている。 レポートによると、デジタルアセットの時価総額はQ2で急激に増加しており、リップルは2億5,151億米ドル相当のXRPを売却したことが報告されている。しかし、リップルは、売却にあたって参照するCoinMarketCapのベンチマークが不正確であったことから、同社が想定する売却量ではなかったとしている。これを受け、リップルは第3四半期において、売却のベンチマークをCoinMarketCapからCCTTへ変更し、より保守的なアプローチを取っていくという。 規制関連トピックとしては、規制の周知を目的としてSEC(米証券取引委員会)がXRPレジャーのようなパーミッションレスの台帳上でノードを設立したことや、英FCAがXRPやETHをセキュリティトークンではないとしたことが挙げられている。 【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法 【参照記事】Q2 2019 XRP Markets Report
カテゴリー:

「”複数”の出資・買収案件あり」リップルCEOが発言、マネーグラムによる仮想通貨XRP使った送金の詳細も明かす - 08月09日(金)18:30 

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、Yahoo Finance UKのインタビューに答えて、米送金大手マネーグラムへの出資以外に複数の出資を検討していることを明かした。また、マネーグラムによる仮想通貨XRPを使った送金の詳細についても述べた。
カテゴリー:

東大・京大、仮想通貨リップルのブロックチェーン研究プログラムに参加【フィスコ・アルトコインニュース】 - 最新株式ニュース - 07月31日(水)17:29 

リップル社による大学向けブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)が30日、日本から東京大学と京都大学を含む新たな大学がパートナーとして同イニシアチブに加わったと発表した。同イニシアチブはブロックチェーンや仮想通貨、デジタル決済に関する学術研究、技術開発の加速化へ向けた支援を目的としており、発表によれば現時点で世界の33の大学が参加。米名門大学であるコーネルやデューク、ジョージタウンなどの他、中
カテゴリー:

SBI子会社マネータップ社に5行参加|リップル社の決済サービスxCurrentの活用広げる - 07月30日(火)14:44 

SBIホールディングスは30日、同社子会社で銀行間送金アプリ「マネータップ」を手がけるマネータップ社に新たに5行が株主として参加すると発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リップル社」の画像

もっと見る

「リップル社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる