「リチャード」とは?

関連ニュース

ソフトバンク・小久保ヘッド、ウエスタン2冠のリチャードに興味 - 12月04日(金)09:00 

 ソフトバンクは3日、2021年シーズンの組閣を発表。新たにヘッドコーチに就任した球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)がペイペイドームで会見を開き、選手に「自分たちが球界を引っ張るんだという自覚」を求めた。背番号は「90」。新しい球界の盟主として5年連続日本一を目指す。
カテゴリー:

夢の「宇宙旅行」がいよいよ現実に! - 12月03日(木)12:00 

1969年にアポロ11号が月面着陸に成功してから半世紀。かつて夢のようだった「宇宙旅行」や「宇宙観光」は、今や手の届く“現実”になりつつあります。この記事ではそんな宇宙ビジネスの現状や、宇宙旅行・宇宙観光にはいつ、どうやって、いくらで行けるのかといった疑問にお答えします。次の旅行の候補地に「宇宙」が入るという未来はそう遠くはなさそうです......!宇宙ビジネスの規模は38兆円!Bryce Space and Technologyのレポートによると、2019年度の宇宙ビジネスの市場規模は2019年の3660億ドル(約38兆円)とされ、2030年には70兆円規模になると予測されています。従来、国家主導で行われていた宇宙開発プロジェクトですが、2000年代初頭からは民間主導の宇宙ビジネスが拡大。2000年には、AmazonのCEOであるジェフ・ベゾス氏が「Blue Origin(ブルーオリジン)」を創業。続いて、2002年には、TeslaのCEOであるイーロン・マスク氏が「Space X」を創業。2004年には、ヴァージン・グループの会長であるリチャード・ブランソン氏が「Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)」を創業と、民間型宇宙ビジネスが盛り上がっているのです。Reference: 2019 Global Space Economy ...more
カテゴリー:

GoTo継続は棄民政策。菅政権は旅行や外食どころでない普通の国民を殺す気だ - 12月03日(木)07:00 

菅首相と小池都知事との話し合いの結果、東京発着分については一部自粛要請が出されたものの、取りやめになるどころか来年のゴールデンウィークまでの延長論さえ出ているGoToトラベル。新型コロナの新規感染者数の推移データを見る限り、キャンペーンが感染を拡大させているのは明白のようにも感じられますが、政府はもはや新型コロナ抑制を諦めたのでしょうか。今回のメルマガ『きっこのメルマガ』では人気ブロガーのきっこさんが、GoToトラベルに期待を抱く国内スキー場とヨーロッパ各国のスキーリゾートの対応を比較するとともに、旅行や外食どころではない多くの人々への支援こそ優先されるべきと菅政権を強く批判しています。 【関連】自殺者が急増。新型コロナと菅政権の無策に殺される国民の悲劇 「Go To スキー場」は、もはや「Go To hell」状態 「Go To トラベル」に始まり「Go To イート」「Go To イベント」「Go To 商店街」と次々に打ち出される「Go To キャンペーン」は、安倍前政権による4月7日の「感染症の拡大が収束し国民の不安が払拭された後に実施する」という閣議決定など、まるで「無かったこと」のように強行され続けています。そして、今度は「Go To スキー場」という言葉が新聞の見出しに踊りました。 ちなみに、これは政府による新たなキャンペーンではなく、「Go To トラベル」の一環と...more
カテゴリー:

マイクロソフトが一部のゲームでPS5の性能がXbox Series Xを上回る理由を調査中 - 12月02日(水)01:21  mnewsplus

マイクロソフトが一部のゲームでPS5の性能がXbox Series Xを上回る理由を調査中 - Part 1 マイクロソフトがXbox Series Xを「世界で最もパワフルなコンソール」と宣伝しているが、ローンチ後のゲームテストではPS5のパフォーマンスがXbox Series Xを凌駕するケースが多いため、同社は現在原因を調査している。 ニュースメディアのThe Vergeによると、ゲーム関連の技術分析を専門とするDigital FoundryがPS5とXbox Series Xの両方で動作する新作ゲームのテストを行った結果、当初予想されていた一辺倒の勝負にはならなかったという。な...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】浅丘ルリ子、「タバコを吸う人はコロナにかからない」と聞いて取った行動 - 12月01日(火)18:34  mnewsplus

1日、女優の浅丘ルリ子、俳優の六角精児が、朗読劇『ななしのルーシー』の取材会に登壇した。 ■原作はリチャード・コネルの短編小説 2021年3月5日(金)から7日(日)まで上演予定の朗読劇『ななしのルーシー』は、リチャード・コネルによる短編小説『レピュテーション』が原作。 デマや嘘に惑わされやすい民衆の姿や、世論の驚異と脆さが描かれた同作に、演出家・星田良子氏が、独自のユーモアとサスペンスを加えた喜劇である。 ■弱気な六角に「大丈夫よ」 今回、約60分間の本編上演後には、出演者によるフリートークに加え、...
»続きを読む
カテゴリー:

「太ったヴィーナス像」に込められた真の意味が判明! 寒い地域の像ほど太っていた理由とは? - 12月04日(金)07:00 

Credit: University of Colorado Anschutz Medical Campus 全ての画像を見る世界最古の土偶の一つとして有名なこの像。 ふくよかで肉づきのよい女性をかたどったヴィーナス像で、これまでにヨーロッパやユーラシア各地で200体以上が出土しています。 専門家たちは、ヴィーナス像の体型について、豊穣や美の象徴と解釈してきました。 しかし、アメリカ・コロラド大学の最新研究により、新たな説が浮上しています。 それによると、氷河期の気温低下にかかわる「生存のシンボル」であった可能性が高いとのことです。 研究は、12月1日付けで『Obesity』に掲載されています。 >参照元はこちら(英文) 目次 寒い場所ほど「像の肥満度」が高かった!氷河時代は「太った女性」が理想的だった 寒い場所ほど「像の肥満度」が高かった! ヴィーナス像の制作年代は約3万8000〜1万4000年前で、多くは約2万6000〜2万1000年前の間です。 「不思議なのは、この時代の人々に広く肥満体型が知られていたことだ」と研究主任のリチャード・ジョンソン氏は指摘します。 肥満は21世紀にとくに顕著になったものですが、狩猟・採集、移住生活のため常に動いていた古代人には、ほとんど見られなかったはずです。 それなのにわざわざ肥満体型の像をつくったのはなぜでしょうか。 Credit...more
カテゴリー:

【アメリカ】トランプ氏による恩赦めぐり贈賄疑惑 米司法省が捜査 - 12月03日(木)11:34  newsplus

アメリカのドナルド・トランプ大統領による恩赦をめぐって、贈賄工作があった疑いがあり、米司法省が捜査を行っている。1日に開示された裁判所の文書で明らかになった。 ワシントンの連邦裁判所が開示した文書によると、ホワイトハウス高官との接触を試みるなどの「秘密のロビー活動計画」に関する捜査を、捜査当局が8月に開始。司法省は「犯罪行為」があった可能性を示す内容が含まれているとして、通信記録や電子メールの閲覧を裁判所に求めた。 複数の人物(身元は開示されていない)が「登録要件を順守せずに、ホワイトハウス高...
»続きを読む
カテゴリー:

巨大なクジラはがんにならない!? 未解決問題「ピートのパラドックス」が起こる理由とは - 12月02日(水)17:00 

Credit:Depositphotos 全ての画像を見るヒトであってもクジラであっても生物の細胞サイズには大きな違いがありません。 そのためシロナガスクジラやゾウなどの大型動物は、ネズミなどの小型動物に比べてはるかに多くの細胞を持っています。 がんは細胞のエラーなので、「細胞数の多い大型動物の方が、がんになる確率が高いのでは?」と思われるでしょう。 しかし実のところ、どの動物もサイズに関わらず、がんになる確率はほぼ変わらないのです。 この生物学的な矛盾は「ピートのパラドックス」と呼ばれており、完全な答えは未だに提出されていません。 ただし科学の進歩によって判明してきた部分もあり、今回はそれらに基づいたいくつかの仮説を紹介したいと思います! 目次 がんは細胞の数に比例しない!? 「ピートのパラドックス」とは大型動物は多くの腫瘍抑制遺伝子を持っている細胞分裂スピードの違い「がん」を殺す「がん」!?ハイパー腫瘍とは? がんは細胞の数に比例しない!? 「ピートのパラドックス」とは 最初にがんが生じるメカニズムについて簡単に説明します。 私たちの細胞は、いわばタンパク質のロボットであり、数億の部品(タンパク質)から成り立っています。これらは様々な化学反応を引き起こし、自分と同じコピーを作成することも可能です。 細胞内では化学反応が絶えず起こっており、その反応は何年にも渡り、何十億回、...more
カテゴリー:

お前らもハリウッド映画の白人みたいな口調でレスしていけよ、ほら なにか言いたい事があるんだろ? - 12月01日(火)20:24  poverty

リチャード・ギア(70) 3番目の妻を出産 https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20200424_681875/? ...
»続きを読む
カテゴリー:

米識者「中国に対する抑止力として日本が核武装するべき時が来ている」 - 12月01日(火)09:18  poverty

リチャード・ローレス (元米国防総省副次官〈アジア太平洋安全保障担当〉) 米国による究極の抑止力が日本に及ぶことを敵国に認識させることに加え、日本が米国の通常兵器および核による抑止力の確実性を高める唯一の方法は、日本本土への中距離核戦力(INF)システムの導入である。具体的には、米国が現在開発中の次世代システムのうち、当該地域の標的を射程圏内とする通常弾頭と核弾頭のシステムを日本に配備する必要があるということである。 これらの次世代INFシステムは、何十年にもわたり北大西洋条約機構(NATO)に貢献し...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リチャード」の画像

もっと見る

「リチャード」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる