「リウマチ」とは?

関連ニュース

米国の在宅輸液療法:点滴カニューレによる静脈内投与が市場を牽引 - 12月02日(金)11:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「在宅輸液療法の米国市場の規模:製品別、用途別、業界分析、地域別の見通し、成長可能性、価格動向、競合の市場シェア、予測(2023年~2032年)」(Global Market Insights Inc.)の販売を12月1日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/gmi1149676-us-home-infusion-therapy-market-size-by-product-by.html米国の在宅輸液療法市場は、消費者の在宅医療システムに対する嗜好の高まりにより、2032年まで大きく成長すると予想されています。技術の進歩や世界的な老年人口の増加が、市場の成長をさらに後押ししています。業界の有名企業数社は、海外展開や米国内の発展途上地域での事業拡大の機会を求めて競い合っています。同地域では、慢性疾患や医療費の増加により、在宅ケアへの嗜好が変化しています。在宅医療の現場で頻繁に確認される炎症性疾患や自己免疫疾患のひとつに、関節リウマチがあります。また、在宅輸液療法や点滴療法は、病人の増加により需要が高まっており、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、業界をリードする企業...more
カテゴリー:

大麻由来成分、CBDの用途はリラクゼーション・睡眠改善・不安軽減・健康増進・抑うつ軽減であることが明らかに。専門学会による調査結果。 - 11月30日(水)12:00 

日本臨床カンナビノイド学会とGreen Zone Japanが国内初のユーザー調査結果を学術誌にて報告概要:日本臨床カンナビノイド学会副理事長の正高佑志医師(一般社団法人Green Zone Japan)と同学会前理事長の新垣実医師(医療法人新美会)らの研究チームは、日本国内のカンナビジオール(CBD)製品ユーザーを対象とした匿名のオンライン調査を実施し、日本におけるCBD製品の用途や有効性について初めて明らかにしました。本研究成果は国内の査読学術誌である『日本統合医療学会誌 Vol.15 No.2(2022年11月)』に掲載されました。本研究成果を一般の方に知ってもらうため、11月30日付けで本学会WEBサイトにて概要を公表しました。研究背景:大麻草に含有される成分の一種であるカンナビジオール(CBD)は難治てんかんの特効薬として治験実施が予定されていますが、同時にサプリメント・化粧品・嗜好品として幅広く流通し、2021年の国内市場規模は180億円と試算されています。これらの用途や有効性についての調査はこれまでに行われたことがありませんでした。方法:CBD使用経験者(過去1年以内にTHCを含む大麻使用者を除く)を対象としFacebook、Twitter、YoutubeなどのSNSを用いて回答を依頼したところ、799件の有効回答が得られました。CBD製品の用途として多かったのはリラ...more
カテゴリー:

外反母趾矯正システムの市場規模、2030年に12億米ドル到達予測 - 11月29日(火)09:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「外反母趾矯正システムの市場規模、シェア&動向分析レポート:製品別(インプラント&アクセサリー、ウェアラブル)、エンドユーザー別(病院、外来センター、専門センター)、地域別、セグメント別予測、2023年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を11月28日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/grvi1147573-bunion-correction-systems-market-size-share-trends.html外反母趾矯正システムの市場規模は、2023年からCAGR6.9%で成長し、2030年には12億米ドルに達すると予測されています。外反母趾の有病率の上昇と、治療のための処置数が世界的に増加していることが、市場成長の推進要因になると予想されます。外反母趾矯正システムは、中足趾節関節に生じる足の変形である外反母趾を治療するために使用されます。成人の間でこの症状が増加していることは、市場の成長にプラスの影響を与えると予測されます。例えば、2021年12月付けのNCBIの記事によると、全人口における外反母趾の有病率は24.9%でした。...more
カテゴリー:

通風やがんの痛み原因たんぱく質特定 モルヒネ代替薬開発に期待 - 11月15日(火)21:47 

 痛風やリウマチ、がんや外傷で起きる「持続する強い痛み」の原因となるたんぱく質を特定したと、和歌山県立医大と北海道大、兵庫医大のチームが、発表した。モルヒネなど医療用麻薬に代わる新たな薬の開発につながる可能性がある。論文が米科学アカデミー紀要に掲載された。
カテゴリー:

痛風やがんの痛み原因を特定 モルヒネに代わる新薬に期待 - 11月15日(火)19:41  newsplus

11/15(火) 19:34配信 共同通信  痛風やリウマチ、がんや外傷で起きる「持続する強い痛み」の原因となるタンパク質を特定したと、和歌山県立医大と北海道大、兵庫医大のチームが15日、発表した。モルヒネなど医療用麻薬に代わる新たな薬の開発につながる可能性がある。論文が米科学アカデミー紀要に掲載された。  医療用麻薬は脳の痛み伝達と関係のない部位にも作用し、呼吸の抑制や嘔吐などの副作用のほか、依存症リスクが問題となっている。チームの川股知之和歌山県立医大教授は記者会見で「将来、革新的な痛み治療につながる...
»続きを読む
カテゴリー:

世界の血漿分画市場―製品別(免疫グロブリン (静脈内および皮下)、凝固因子、およびアルブミン)、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2023―2033年 - 12月01日(木)18:00 

Research Nester Private Limitedは、世界の血漿分画市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年12月 01日 に発刊しました。これは、世界の血漿分画市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。世界の血漿分画市場は、2022年に約260億米ドルの市場価値から2033年までに約370億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2023-2033年の予測期間中に7%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は主に、体の血液凝固手順に反対する問題が発生したときに発生する出血性疾患の有病率の上昇に起因しています。米国疾病管理センターの推定によると、全国で約 3百万人が出血性疾患に苦しんでいます。血漿分画は、医学の多くの分野で免疫グロブリンとα-1-アンチトリプシンの利用が世界的に増加した結果、急上昇しています。さらに、市場の成長に貢献すると予想されており、もう1つの主要な要因は、世界中の血漿収集センターの急増です。たとえば、血漿由来医薬品の開発におけるパイオニアである Grifols は、米国で 300 番目、ニューイングランドで 2 番目、マサチューセッツ州で最初の血漿寄付サイトを開設しました。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-req...more
カテゴリー:

PEG化タンパク質の市場規模、2030年に30億6000万米ドル到達予測 - 11月29日(火)11:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「PEG化タンパク質の市場規模、シェア、動向分析レポートタンパク質タイプ別(CSF、インターフェロン)、用途別(がん、肝炎)、製品・サービス別(消耗品、サービス)、エンドユーザー別、およびセグメント別予測、2022年~2030年」(Grand View Research, Inc.)の販売を11月28日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/grvi1147620-pegylated-proteins-market-size-share-trends.htmlPEG化タンパク質の市場規模は、2022年からCAGR11.71%で成長し、2030年には30億6000万米ドルに達すると予測されています。PEG化は、治療薬、薬剤、ベシクルなどの分子にポリエチレングリコールポリマー鎖を共有および非共有で結合させるプロセスです。また、PEG化化合物には、タンパク質分解防止効果、半減期の延長、低毒性、低免疫原性など、業界拡大に寄与する特定の付加的な利点もあります。一方、PEG化プロセスのコスト上昇と一部の医薬品の特許切れにより、業界の拡大がある程度抑制されると予想されます。しかし、非タンパク質...more
カテゴリー:

アッヴィ、国内においてリンヴォック(R)の新規剤形となる45mg錠剤を発売 - 11月17日(木)10:00 

2022年11月17日 アッヴィ合同会社 アッヴィ、国内においてリンヴォック(R)の新規剤形となる45mg錠剤を発売 ●「リンヴォック(R)錠45mg」は、2022年9月に製造販売承認を取得、同年11月に薬価収載 ●2022年9月、リンヴォックは、既存治療で効果不十分な中等症から重症の潰瘍性大腸炎に対する治療薬として、日本における5番目の適応追加承認を取得 ●リンヴォック全剤形において、患者さんおよび医療関係者のニーズに沿った7錠1シートのウィークリーシートに包装規格を切り替え   アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ)は、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤「リンヴォック(R)」(以下、「リンヴォック」)の新規剤形「リンヴォック錠45mg」を本日、11月17日から発売します。本剤形は、2022年9月26日に製造販売承認され、11月16日に薬価収載されました。   2022年9月に、リンヴォックは既存治療で効果不十分な中等症から重症の潰瘍性大腸炎を効能・効果として製造販売承認を取得しました。本承認により、リンヴォックは日本において、関節リウマチ、関節症性乾癬、アトピー性皮膚炎、強直性脊椎炎に続く5番目の適応症を得ました。   リンヴォックは低分子の JAK 阻害剤で、1 日 1 回投与の経口剤です。...more
カテゴリー:

痛風やがんの痛み 原因を特定か - 11月15日(火)20:38 

痛風やリウマチ、がんや外傷で起きる「持続する強い痛み」の原因となるタンパク質を特定したと、和歌山県立医大と北海道大、兵庫医大のチームが15日、発表した。モルヒネな...
カテゴリー:

ガラパゴス、CHMPが全JAK阻害剤に対する 広範な安全性評価を行ったPRACの勧告をジセレカ(R)に採択と発表 - 11月14日(月)14:00 

2022年11月14日 ギリアド・サイエンシズ株式会社 ガラパゴス、CHMPが全JAK阻害剤に対する 広範な安全性評価を行ったPRACの勧告をジセレカ(R)に採択と発表 ―欧州で炎症性疾患治療薬として承認済の 全JAK阻害剤の安全性評価の結果、ジセレカは治療選択肢として 良好なベネフィット/リスクプロファイルを有するとの裏付け― ―ファーマコビジランスリスク評価委員会(PRAC)によるEUにおける全JAK阻害剤の添付文書に関するハーモナイゼーション勧告を受けて― ―65歳以上の患者さん、喫煙者または長期の喫煙歴を有する患者さん、アテローム硬化性心血管疾患(CV)あるいはその他のCV既往歴を有する患者さん、および悪性腫瘍リスク因子を有する患者さんについては、リスク最小化措置を適用― ギリアド・サイエンシズ株式会社(本社:東京都千代田区、以下「ギリアド」)は、ガラパゴスNV(本社:ベルギー メヘレン、ユーロネクストおよびナスダック:GLPG、以下「ガラパゴス」)が11月11日(現地時間)、欧州医薬品庁(EMA)の科学委員会である欧州医薬品委員会(CHMP)が、慢性炎症性疾患に対するJAK阻害剤による重篤な副作用のリスク最小化措置追加に関するPRACの勧告を採択したことを発表しました。   ガラパゴスのチーフ・メディカル・オフィサーのワリド・アビサーブ博士(Dr...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる